3歳までに決まる!?子どもの味覚を育てるために親ができること

3歳までに決まる!?子どもの味覚を育てるために親ができること

Bu facebook
Bu twitter

健康のためにも子どもには「好き嫌いのない子に育ってほしい」と思いますよね。

最近の研究では、小さいころからいろいろな食べ物と出会う経験、つまり“食経験”が豊富な子どもほど、好き嫌いが少なく、新しい味への許容が広いということが分かっています。

大人になって好き嫌いが多く、あれもこれも食べられない人にならないために、今から子どもの味覚を育てていきましょう!

幼少期の食経験で一生が決まる!?

実は、人間の味覚は3歳までにほぼ決まり、8歳頃までに確定するといわれています。

人の舌には味蕾(みらい)という味を感じるセンサーの役割をしているものがあり、この味覚センサーを子どもは大人の3倍も持っているといわれます。そのため、子どものほうが味に敏感で、好き嫌いも多いのです。

小さな子どもは、本能的に甘いものを好み、苦味や酸味を避ける傾向にありますが、幼い頃に、親が繰り返し多くの味を感じさせてあげることで、成長するにつれて本能的に避けていた味が“馴染みのある味”となり“好き”に変化します。

一方で、幼い頃に偏った食事ばかりしていると、成長してもそれ以外の味に馴染めず“嫌い”となり、好き嫌いの多い大人になってしまいます。好き嫌いが多くなってしまうと、栄養も偏り、健康に影響が出る可能性も。そうならないためにも、小さな頃からさまざまな味の体験をさせてあげることがとても重要です。

子どもの味覚を育てるポイント

子どもの味覚を育てるポイント

では、子どもの味覚を育てるために親は今から何をしてあげたら良いのでしょうか?

その1:いろいろな素材の味を体験させる

既にお話したように、幼少期の間にいろいろな“味”を体験させることで、味覚が育ちます。いろいろな味といっても、調味料の味のことではなく、大切なのは“素材の味”を教えること。

そのために基本の食事は薄味の和食にして、さまざまな種類の“食材の味”がわかるように食べさせてあげることが大切です。

また、食べないからといってすぐに諦めてしまうのはNG。最初に受け入れられなかった食材も、何度も食べていくうちに受け入れられるようになります。少し味付けや食感を変えるなどの工夫をしてあげると良いですね。

その2:砂糖、油脂などがたくさん使われた食べ物をできるだけ避ける

砂糖や油脂がたくさん使われた食事は依存性が高く、“病みつき”になりやすいものです。小さな頃から、こういった食べ物ばかり食べていると、ほかの味を受け入れづらくなってしまいます。

その3:だしを使って繊細な味を定着させる

子どもには濃い味の調味料ではなく、だしで味付けをするのがおすすめ。だしを使うときは、市販の顆粒だしではなく、天然の素材からとっただしを使いましょう。顆粒だしは、かつおや昆布のだしに比べて香りが弱く、味覚に定着しづらいんです。忙しいママは、“だしパック”を使ってもOK! 子どもにだしの繊細な味を教えてあげましょう。

その4:本当に“おいしい”野菜を食べる

昔から子どもが嫌いになりやすいといわれているのが“野菜”。でも、これも幼少期から素材の味がしっかりある“本当においしい野菜”を食べることで、味に馴染みやすくなります。

本当においしい野菜とは、野菜の本来の味が濃く感じられる野菜のこと。農薬を使わずに有機肥料で愛情を込めて作られた新鮮な野菜は、野菜本来の甘味やうまみが感じられます。

その5:楽しく食べる

楽しい経験と味覚は繋がっているといわれます。味覚を育てるには食事を“楽しい”と思ってもらうことが実はとっても大事。子どもに食事を与えている間、スマホをいじったり、バタバタと家事をしたりしていませんか? 食べている間は、子どもと楽しく会話することを意識してみましょう。できれば家族そろって食卓を囲んであげると、子どもも安心してごはんを食べることができます。

また、味について興味を持たせるような会話をするのもオススメ。「みかんとリンゴ、どっちが酸っぱい?」「ピーマンは苦かったかな?」「にんじんは甘いね~。」など食材の味について話をすれば、子どもの味への興味も広がりますよ。

宅配サービスを上手に使っておいしい野菜を手に入れよう

味覚を育てるポイント、みなさんはどのくらい実践できていましたか? 忙しいママにとっては、全部をいきなりクリアするのは難しいかもしれません。でも宅配サービスをうまく使えば、“良質な”素材を手軽に手に入れることができます。中でもオススメなのが『大地宅配』の食材です。

味覚を育てる”味体験”をしよう♪

利用者の98%が野菜の味に大満足!『大地宅配』って?

おいしい野菜

『大地宅配』の野菜たちはすべて有機質肥料で育っているので、味が濃くて健康的です。また、契約農家から直接仕入れてそのまま届けてくれるので、新鮮なのも魅力ですね♪

「利用者の98%が野菜の味に大満足!」というデータもあるんだとか。本当の野菜の味に大人も感動間違いなしですよ!

おいしい野菜を食べたい!

子どもに安心して食べさせられる!『大地宅配』の野菜が安全なワケ

『大地宅配』から届けられる野菜が安全なそのわけは、以下の基準をクリアしたものだけを扱っているからです。

  • 農薬除草剤は使わない
  • 食物添加物、化学調味料も使わない
  • 放射能対策も万全

さらに野菜だけでなく、肉や魚や加工品も“安全なもの”を取り扱っているので、買い物がこのサービス1つで済んでしまいます。とってもうれしいサービスですね。

今ならお試しセットで2,000円相当の野菜が、なんと980円で手に入るそう…♪ これは試してみる価値アリです!

大地宅配

大地宅配を980円で体験!

小さいうちから親が子どもにしてあげられることは限られています。その中でも食に関する教育は、子どもの将来の健康にも関わってくるので、しっかりと目を向けてあげたいもの。子どもに本当の素材の味を知ってもらい、楽しく味覚を育ててあげましょう。

公式サイト/大地宅配

参照/
NIKKEI STYLE 「3歳までが勝負 子どもの味覚の育て方」
gooヘルスケア「子供の味覚は、大人の3倍だと知っておこう」
ベネッセ教育情報サイト「子どもの味覚【後編】子どもの嫌いな食べ物を克服させるには」

関連コラム

子どもの野菜嫌いをなくす!楽しく食べられる工夫とは
ぶどうに梨…親子で味覚狩りを楽しむときのポイント★
気長に付き合えばOK!『子どもの野菜嫌い』驚きの理由が判明
ママは何を食べればいいの? 「おいしい母乳」のつくり方
賢いママは持っている⁈100均の使えるおもちゃを厳選してご紹介!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP