無痛分娩を選択したけど、産前の「麻酔が不安…!」その理由とは?

無痛分娩を選択したけど、産前の「麻酔が不安…!」その理由とは?

Bu facebook
Bu twitter

二人目の無痛分娩、麻酔が不安だった…!

さて、いよいよ出産当日の朝です。
まずは陣痛促進剤を入れていくのですが…

Aec24cc4466a42ae3b6bb1c062339e5b89b93280

出典 : Upload By アサナ

二人目の出産の時麻酔はとても緊張しました。

というのも、一人目の時は「麻酔酔い」に悩まされたからです。

一人目は下半身全部麻酔で「麻酔酔い」がひどかった…!

61a04149b48477511130af6af1b3f4f0fe520407

出典 : Upload By アサナ

一人目の病院は麻酔の量が多く、下半身全部麻酔がかかっていました。
(最初は量が多すぎたほどで胸から下感覚がなくなってしまったので、慌てて量を減らしてもらいました。)

麻酔が偏り過ぎないように、一定時間ごとに寝がえりを打つように言われていました。
下半身感覚がないので寝返るのも大変な状態でした。

その後に襲われる、かゆみと吐き気

3ce481e104080337ab649c10cb02e973cc3e2012

出典 : Upload By アサナ

麻酔が効きはじめたと思ったら、かゆみと吐き気が襲いかかりました。
痛みは全く無かったのですが、このいわゆる麻酔酔いに苦しめられました…。

スマホを見たり話したりできるぐらいのかゆみと吐き気だったので良かったのですが、
陣痛中は常にこの状態だったので大変でした。
合間に合間に睡眠をとり、気分を紛らわせていました。

そのため、二人目の時も同じようになるのかと、けっこう不安に…。
実際、二人目の時の麻酔はどうだったかというと、

二人目は麻酔箇所が違かった!「子宮周り」のみの麻酔

5a80588cc9c7b6817554da0a2cd36af58c90d353

出典 : Upload By アサナ

二人目の病院は麻酔の量を最低限に抑え、子宮周りのみ麻酔をかけてくれました。
足の感覚もある!と、とても安心した覚えがあります。

麻酔の量も一人目の時より減ったため、麻酔酔い全くなし

De7afa5104c6aa46f00d5a680d613fb99a747cea

出典 : Upload By アサナ

1人目の時に苦しんだ麻酔酔いですが、なんと今回は全くありませんでした!

麻酔の量を調節してるからとのことで、とてもありがたかったです。
朝から麻酔を入れたのですが、昼ごはんも食べられるほどいつもと変わらずな体調でした。

前回が麻酔酔いに悩まされた分、とても快適な麻酔でした!

同じ麻酔でも病院によってやり方は違いますし、
麻酔酔いは体質によるものかと思いましたが、量次第でこんなに違うのかと驚きました。

次回は、破水についてをご紹介します。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP