もうこわくない!あせも・おむつかぶれ

もうこわくない!あせも・おむつかぶれ

Bu facebook
Bu twitter

夏の暑い時期。ふと気づくと、子どもの首や、肘や膝の内側に「あせも」ができていたり、「おむつかぶれ」ができていたりすることがありますよね。
今回は「あせも」や「おむつかぶれ」の、「どうすれば、予防できるの?早く治せるの?」といった疑問にお答えします。

「すくすく子育て もうこわくない!あせも・おむつかぶれ」

専門家:
馬場 直子(神奈川県立こども医療センター 皮膚科部長)
菊地 知子(お茶の水女子大学 いずみナーサリー 主任保育士)
馬場 直子さんお子さんによって、「汗のかきやすさ」や「肌のかぶれやすさ」は、かなり個人差があります。
今回の話を参考に、お子さんにあった対策方法を探ってください。
(馬場 直子さん)
菊地 知子さん排せつや汗をかくことは、基本的には気持ちのいいことです。
「あせも」や「おむつかぶれ」にならないようにと、注意深く生活するより、「そういったことを繰り返しながら大きくなっていく」と見通しを持って、明るく生活していってください。
「あせも」や「おむつかぶれ」は、必ず治ります。また、子どもは大人と違い、回復後は回復前よりも元気で丈夫になりますよ。
(菊地 知子さん)

 
 

どうすれば「あせも」を繰り返さずに早く治せるの?

「あせも」を防ぐにはどのような服装がいいの?

「おむつかぶれ」はどうすれば防げるの?

睡眠と「おむつかぶれ」のケア、どちらを優先したらいい?


すくすくポイント

見てビックリ!紙おむつの進化

10年前のおむつと比べて実験! 紙おむつの進化を紹介


これも知りたい!

あせものときに、ベビーパウダーを使ってもいいですか?

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP