離乳食初期のしらす|いつから?量は?レシピと塩抜き・冷凍方法

離乳食初期のしらす|いつから?量は?レシピと塩抜き・冷凍方法

Bu facebook
Bu twitter

離乳食を始めて、赤ちゃんが10倍粥や野菜ペーストに慣れたら、お魚などのタンパク質も取り入れていきましょう。しらすは、カルシウムが豊富で栄養価も高いうえ、さばく手間もなくお手軽に調理できる食材です。

骨を気にせずまるごと食べられ、初めてのお魚におすすめです。でも、いつからどのくらいの量を与えていいのか、またアレルギーの危険性も知っておきたいですよね。

今回はしらすについて、含まれる栄養素や離乳食への取り入れ方、またしらすを使った離乳食初期におすすめのレシピ、下ごしらえである塩抜きの仕方や冷凍保存方法などをまとめてご紹介します。

しらすはいつから食べられる?

離乳食初期、離乳食スタートから1ヶ月ぐらい経ってから食べさせよう!

離乳食しらすペースト粥イメージ画像,離乳食,初期,しらす 出典:Instagram: tomoko.yooさん*写真はイメージです

しらすは、離乳食スタートから3~4週間後、ゴックンが上手になった頃から与えると良いでしょう。初めてのタンパク質摂取には、豆腐がいいとされています。豆腐に慣れたら、次のステップとしてしらすを取り入れてみてくださいね。

最初は、しっかり塩抜きしたしらすをすり潰し、お湯でのばした状態でスプーン1杯から与えてみましょう。飲み込みづらそうな場合は、お粥に混ぜたり、とろみをつけたりしてから、あげてみてください。

しらすに含まれる栄養は?

丈夫な骨や歯を作るカルシウムやビタミンDが豊富!

美味しそうなしらす,離乳食,初期,しらす 出典:Instagram: maimaru8さん*写真はイメージです

しらすは、たんぱく質やカルシウム、鉄分を多く含んでいます。カルシウムは吸収率の低い栄養素とされていますが、しらすには、その吸収を促進するビタミンDも多く含まれています。

カルシウムは骨や歯のもととなり、丈夫な体づくりには欠かせない栄養素です。効率よくカルシウムを摂取するために、積極的にしらすを離乳食に取り入れたいですね。

また、しらすには、記憶力や学習能力の向上が期待できるDHAも多く含まれています。赤ちゃんだけでなく育ち盛りの子どもにも食べさせてあげたい食材です。

野菜や豆腐に合う万能食材!

バランスのよいしらすを使った離乳食メニュー,離乳食,初期,しらす 出典:Instagram: ruuuu_48さん*写真はイメージです

しらすは、色んな食材に合います。少し独特の風味がありますので、まずは食べ慣れた食材に少し混ぜて与えてみるといいでしょう。

例えば、ペーストしたかぼちゃやホウレンソウなどの野菜、またはお粥に混ぜるとおいしく食べやすいですよ。また、豆腐や納豆などの和素材とも相性バッチリ。うどんやそうめんにトッピングするのもおすすめです。

塩抜き、あげる量は?アレルギーに注意!

素材の味を!

しらすの塩抜き,離乳食,初期,しらす 出典:cookpad.com

しらすは塩分の多い加工食品です。そのため、離乳食に使用する際は必ず塩抜きをしてください。塩分の摂り過ぎは健康に良くないだけでなく、赤ちゃんの味覚の発達にも影響を及ぼす可能性があります。

塩抜きを十分にして、赤ちゃんには素材そのものの味を味わせてあげてくださいね。

消化不良に注意

しらすはたんぱく質の多い食材ですが、胃腸がまだ未発達な赤ちゃんがたくさん食べ過ぎると、消化不良を起こしてしまうことがあります。

そのため、離乳食初期には与えすぎに注意しましょう。豆腐やお粥にほんの少しかけてあげましょう。時期が進んだら、野菜のしらす和えなどしにしてすこしづつ増やしてみてくださいね。

まずは少量で様子を見よう

しらすは丸ごと食べることができるお魚ですので、卵巣も一緒に食べることになります。しらすの卵巣自体に魚卵が含まれているというわけではないですが、アレルギーには注意が必要です。

というのも、卵アレルギーの赤ちゃんがしらすでも反応が出たり、しらすにアレルギー反応を起こす例が報告されているからです。卵アレルギーの場合には、しらすを食べさせ始める時期を少し遅らせ、少量から様子を見てみるようにしましょう。

どの食材にも言えますが、初めて食べさせる際は、まずは少量を赤ちゃんの様子を見ながら与えるようにしてくださいね。

しらすの選び方

釜あげしらすやしらす干しからスタート!

ちりめんじゃこイメージ,離乳食,初期,しらす 出典:Instagram: okayamatyuusuiさん*写真はイメージです

スーパーなどで売られているしらすには種類があります。塩茹でして干すところまでは同じですが、水分量が8割程度のしらすは「釜あげしらす」、7割程度が「しらす干し」、5割程度が「ちりめんじゃこ」と分類されています。

「ちりめんじゃこ」は固いので離乳食には不向きです。初期は柔らかい「釜揚げしらす」を選ぶとよいでしょう。

新鮮なものを選びましょう。

しらすは傷みやすい食品です。消化機能が未発達な赤ちゃんには、賞味期限内であってもなるべく新鮮なものを使いましょう。

新鮮なしらすは白くてピンと張りがあります。黄色っぽく変色していたり、煮崩れしているようなしらすは使うのをやめておきましょう。

しらすの塩抜き/下ごしらえ/冷凍の方法

加熱の仕方と下ごしらえ

離乳食用 しらすの塩抜き,離乳食,初期,しらす 出典:cookpad.com

まずは塩抜きをしましょう。塩抜き方法は色々ありますが、一番しっかり塩抜きができるのは、熱湯で茹で上げる方法です。

お鍋で沸かした熱湯にしらすを入れ、1分程度茹でた後、ザルなどにあげて水気を切ってください。その後は、お子さんの成長に合わせた下ごしらえをします。

離乳食初期は、裏ごしするかすり潰します。中期はみじん切り。後期になると塩抜きだけで食べられるようになります。

また簡単に塩抜きする方法としては、茶こしなどにしらすを入れ、熱湯を回しかける方法や、レンジで加熱する方法などもあります。

この記事に関連するリンクはこちら

冷凍できる?

【離乳食】しらす干しの冷凍保存,離乳食,初期,しらす 出典:cookpad.com

しらすは傷みやすい食材ですので、冷凍保存することをおすすめします。塩抜きをしてよく水気をきってから下ごしらえをして、製氷皿や小分けの容器に入れて冷凍しましょう。

この記事に関連するリンクはこちら

冷凍に便利な道具は?

リッチェル わけわけフリージングブロックトレー 1ブロック容量25ml,離乳食,初期,しらす 出典:www.amazon.co.jp

こちらは、離乳食用のフリージングトレーです。100円ショップなどでも製氷トレーは売られていますが、フタ付きのトレーだと衛生的かつ積み重ねられるので便利です。

電子レンジ加熱にも対応していて、繰り返し使用できる優れものです。しらすはもちろん、トロトロのお粥や野菜のペースト、スープなどもの冷凍にも使えます。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 356
*メーカー:リッチェル
*サイズ:容量25ml
*[素材] ポリプロピレン

口コミ

・1つ1つ取り出しやすくストレスのなく使えます。離乳食作りに必須の商品です。
・食洗機でも洗えて使いやすいです。
・蓋もしっかり閉まって清潔で、本当に便利です。

塩抜きに便利な調理道具は?

スリムミニ 茶こし 0080,離乳食,初期,しらす 出典:www.amazon.co.jp

少量のしらすを塩抜きしたいときにおすすめの道具が茶こしです。しらすは細かいので、目の粗いザルだとお湯と一緒に流れ出てしまうことがあります。

そのため、こういった持ち手付きの茶こしが活躍してくれます。茹で上がったしらすの水を切る時に使うほか、しらすにお湯を回しかけて簡単に塩抜きをする時にも使えます。

この商品の基本情報

商品情報
*メーカー:コーベック
*参考価格:¥ 250

商品の特徴
*サイズ:約全長175、網/直径70mm
*重量:約35g
*材質:ステンレス鋼、柄/ポリプロピレン

離乳食初期におすすめのしらすのレシピ

【1】離乳食☆5〜6ヶ月☆しらす粥

まずは基本のお粥と一緒に

離乳食☆5〜6ヶ月☆しらす粥,離乳食,初期,しらす 出典:cookpad.com

まずは、食べ慣れた基本の10倍粥と一緒にしらすを与えてみましょう。しらすは塩抜き後、すり潰してからお粥と混ぜましょう。

硬い部分が残っていると舌触りが悪く、赤ちゃんは食べづらくなるので、十分にすり潰すようにしてくださいね。

この記事に関連するリンクはこちら

【2】離乳食 初期 しらすと小松菜のお粥

野菜も入れて栄養満点

離乳食 初期 しらすと小松菜のお粥,離乳食,初期,しらす 出典:cookpad.com

しらすに慣れてきたら、野菜のすり潰しを加えて、お粥のバリエーションを増やしていきましょう。小松菜などの緑黄色野菜がおすすめです。

作り方は簡単。10倍粥に細かくすりつぶしたしらすと小松菜を入れ、煮込むだけ。どの材料も冷凍ストックを使って、電子レンジで加熱するだけもできますよ。

栄養満点で、忙しい時の時短レシピにも最適です。人参やカボチャ、豆腐などを一緒にお粥に混ぜるのもおすすめ。レパートリーが増えて離乳食作りが楽しくなってきますね。

この記事に関連するリンクはこちら

【3】しらすのクリーム煮 離乳食 初期

残りがちの粉ミルクで

しらすのクリーム煮 離乳食 初期,離乳食,初期,しらす 出典:cookpad.com

離乳食を始めてしばらくすると、ミルクを足す回数が減り、粉ミルクの使い道に困っているママも多いと思います。そんな時は離乳食に使ってしまいましょう。

しらすはミルクと煮込むとほんのり甘く、食べやすくなります。塩抜きしてすりつぶしたしらすにお湯で溶いた粉ミルクを加えます。

水溶き片栗粉を加えて少し煮立てるか、レンジで30秒チンしたら「しらすのクリーム煮」の出来上がりです。そのまま食べても良いですし、お粥にかけてもおいしいですよ。

この記事に関連するリンクはこちら

【4】離乳食*初期~完了期『トマトスープ』

色もきれいな簡単スープ

離乳食*初期~完了期『トマトスープ』,離乳食,初期,しらす 出典:cookpad.com

色んな食感を楽しむ為に、汁物にもにしらすを使ってみてはどうでしょう。とても簡単に作れて栄養たっぷりのしらす入りトマトスープをご紹介します。

作り方は、しらすとトマトピューレ、細かく刻んだキャベツ、野菜スープを耐熱容器に入れてレンジでチン。熱いうちに水溶き片栗粉を混ぜながら加えて、とろみをつければ出来上がりです。

しらすや、野菜は、離乳食初期は、細かくすり潰したものを使いましょう。その後は月齢に合わせて、量・切り方を調整して下さいね。

人参やたまねぎなどを加えるのもおすすめです。しらすや野菜類は冷凍ストックを利用すると時短になりますよ。色もきれいで、見た目にもおいしいスープです。

この記事に関連するリンクはこちら

【5】レンジ離乳食☆しらすミックスベジクリーム

ミックスベジタブルで簡単!時短!

レンジ離乳食☆しらすミックスベジクリーム,離乳食,初期,しらす 出典:cookpad.com

こちらはしらすやお野菜に慣れてきた頃からあげられる、電子レンジと手軽な冷凍ミックスベジタブルを使った、彩り鮮やかで栄養満点の1品です。

作り方は、ミックスベジタブルを耐熱皿にのせ、ラップをしてレンジでチン。ラップをかけたまま蒸らして柔らかくし、粗熱がとれたら野菜と塩抜きしたしらすをつぶしてミルクと混ぜれば出来上がりです。

ミックスベジタブルは、コーンが入ってる場合が多いですが、消化に悪いコーンの薄皮の下処理が大変ですので、グリーンピースと人参だけを使うといいでしょう。

この記事に関連するリンクはこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか。離乳食初期から与えられるお魚、しらすについてご紹介しました。栄養価が高いだけでなく、調理がとても簡単なので、積極的に離乳食に取り入れたい食材です。

色んな食材と相性の良いしらすを主食や野菜類と一緒に与えると、栄養バランスが抜群に良いメニューになりますよ。ぜひ離乳食作りの参考にしてみてください。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP