超!偏食な娘と私の奮闘記―実は娘の好き嫌いにはある法則が…?

超!偏食な娘と私の奮闘記―実は娘の好き嫌いにはある法則が…?

Bu facebook
Bu twitter

離乳食時代、とにかく小食だった娘

超!偏食な娘と私の奮闘記―実は娘の好き嫌いにはある法則が…?の画像

Upload By SAKURA

超!偏食な娘と私の奮闘記―実は娘の好き嫌いにはある法則が…?の画像

Upload By SAKURA

まだ離乳食を食べていたころの娘は、とっても小食でした。

とにかく全然食べてくれなくて、せっかく作ったものを
そのまま捨てることも多々ありました。

そんなことを繰り返すうち、
最初は凝っていた離乳食も「どうせ食べてくれないし…」とあきらめながら作るようになり…
レトルトに頼ったり、シンプルなものが多くなっていきました。

3歳になると、激しい偏食がはじまった!!

超!偏食な娘と私の奮闘記―実は娘の好き嫌いにはある法則が…?の画像

Upload By SAKURA

3歳になり、幼稚園に入園した娘。
以前に比べてたくさん食べるようにはなったのですが、とにかく偏食が激しくなりました。

ご飯は、炊き込みご飯やチャーハン、ケチャップライスなどを嫌がり、
白いご飯にふりかけをかけたものや、のりを巻いたおにぎりしか受け付けません。

そして、おかずも…
複数の食材が混ざった炒め物や、煮物を嫌がっていました。

娘の様子を見て、盛り付けを工夫してみると…作戦成功!

娘の食事をよーく観察してみると、

いろいろな食材が混ざったおかずは食べませんでしたが、野菜や肉、果物…単体では嫌がらず食べているようです。

それならば!と、
いつも通り、炒めたり、煮たり…と調理した後、それぞれの具材を別々に盛ってみました。

超!偏食な娘と私の奮闘記―実は娘の好き嫌いにはある法則が…?の画像

Upload By SAKURA

すると、娘は…食べてくれたのです!

超!偏食な娘と私の奮闘記―実は娘の好き嫌いにはある法則が…?の画像

Upload By SAKURA

どうやら、味が混ざったり、見た目がごちゃごちゃしているものが嫌だったようです。

生野菜も嫌がらず食べてくれるのですが、いろんなものが混ざったサラダのような状態になると、突然嫌がって食べなくなります。

しかし、トマト、レタス、ブロッコリーなどを別々に盛りつけると、ペロリと完食。

娘は料理の好き嫌いを、味よりも見た目で判断していることがわかりました。

超!偏食な娘と私の奮闘記―実は娘の好き嫌いにはある法則が…?の画像

Upload By SAKURA

家では良いけど…給食は大丈夫??

これが娘のこだわりだと分かり、家での食事は何とかなるようになりました。

しかし幼稚園の給食などは、そこまでしてあげることが出来ません。

「給食は大丈夫だろうか…」と心配していた私ですが、先生に聞いてみると…

超!偏食な娘と私の奮闘記―実は娘の好き嫌いにはある法則が…?の画像

Upload By SAKURA

最初はやはり苦戦して給食を嫌がっていたようですが、年中さんになるころには、ある食材だけを選んで先に食べるという技を身につけていたようです。

年長さんになり、状況次第でガマンができるようになった!

年長さんになった娘は、幼稚園ではいろんなものが混ざったおかずや、炊き込みご飯なども普通に食べられるようになりました!

ここではわがままは言えないということがわかったようです。

超!偏食な娘と私の奮闘記―実は娘の好き嫌いにはある法則が…?の画像

Upload By SAKURA

しかし、幼稚園で頑張っている反動か…
家でのご飯は、やっぱり「食材別盛り」が続いています。そして、ご飯は白ご飯オンリー。

まぁ、胃に入ると一緒だし…これは私が手間なだけ…

娘がストレスなく食べられればいいし、家以外で頑張ってくれればいいか!
と、楽観的に見守っています。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP