大人のメニューから取り分けで簡単!離乳食レシピ集をご紹介

大人のメニューから取り分けで簡単!離乳食レシピ集をご紹介

Bu facebook
Bu twitter

赤ちゃんのお世話の中で大切なものの1つは、なんといっても離乳食作り!でも、栄養に気を使ったり食べやすさを考えたりと、赤ちゃんの離乳食を作るのは大変ですよね。

更に大人のご飯も作らなければならないとなると、ママの負担が大きくて、ご飯を作るだけで疲れてしまいます。

そこで、今回は簡単にできる取り分けレシピと離乳食の取り分けレシピ本を紹介します。大人のメニューから取り分けて、簡単においしい離乳食を作っちゃいましょう!

取り分け離乳食レシピってどういうこと?

大人のレシピの途中から、離乳食に変身!

離乳食,取り分け,離乳食,レシピ

取り分け離乳食とは、大人の料理を作る途中で味つけをする前に食材を取り出して、赤ちゃんの月齢に合わせた離乳食に変身させることです。

途中までは大人の料理と一緒に作りますので時間の短縮になりますし、同じ食材を食べることができるので赤ちゃんも喜んで食べてくれますよ。

赤ちゃんは大人と違って体が小さいですから、塩分や油分に注意が必要です。取り分けメニューのポイントは3つあります。

・塩分を控えて薄味にすること
・油分を控えめにすること
・食材をやわらかめにすること

この3つに注意するだけで、大人と同じ食材で、様々な離乳食が簡単にできますよ。

【取り分け離乳食レシピ(1)】離乳食後期取り分けOK★豚肉と野菜の鍋

昆布だしなので安心して取り分けられます

豚肉と野菜の鍋,取り分け,離乳食,レシピ 出典:cookpad.com

まず紹介したいのは、寒い季節におすすめの、あったかいお鍋です。

赤ちゃんに取り分けすることを考えると化学調味料などの使っていないものがいいですよね。今回紹介するこのお鍋は昆布と野菜と豚肉から出る出汁でいただくのでとっても安心です。

このような昆布だしの水炊き風のお鍋はどんな材料を入れてもおいしいので、離乳食に取り分けることが簡単にできますね。

赤ちゃんに取り分ける際には月齢に応じて細かく切ってからあげましょう。薄味なので、後期以降の子どもなら一緒にそのまま食べられますよ。

筆者の家の3歳と1歳の兄弟は先を争うように豆腐と人参、大根を食べつくし、とっても満足していました。赤ちゃんも一緒にお鍋を囲むことができたら楽しく、またとても温まりますね。

この記事に関連するリンクはこちら

【取り分け離乳食レシピ(2)】子供に取り分け★味噌煮込みうどん

子どもが大好きなうどんのレシピです

味噌煮込みうどん,取り分け,離乳食,レシピ 出典:cookpad.com

次に紹介したいのは、子どもに人気のうどんのレシピです。うどんはのどごしがよいので、風邪などの食欲のないときにも食べやすい食材ですよね。お肉が入っていてボリュームもあるので、大人にも嬉しいですね。

このレシピでは鶏肉に火を通す前に片栗粉をまぶすのがポイントです。片栗粉のおかげで鶏肉がとても食べやすくなりますし、うどんのスープもとろみがついていいですね。他の料理にも応用できそうです。

筆者の家のお肉嫌いの長男も、このうどんのお肉は最後まで食べてくれます。そのため最近では、スープなどに入るお肉は必ず片栗粉をまぶすようにしています。お肉がパサつかなくなるので、おすすめです。ぜひ試してみてください。

この記事に関連するリンクはこちら

【取り分け離乳食レシピ(3)】取り分け離乳食☆ひじき豆腐ハンバーグ

ひじきは栄養満点なので離乳食にぴったり

ひじき豆腐ハンバーグ,取り分け,離乳食,レシピ 出典:cookpad.com

つぎに紹介したいのは栄養満点のひじきをつかった豆腐ハンバーグです。ひじきにはカルシウムや鉄分が豊富なので、是非離乳食に取り入れたい食材ですよね。

ひじきは水に戻したりするのが少し面倒だったりしますが、このレシピでは豆腐やひき肉の水分で調理過程で戻るので、乾燥のままひき肉に混ぜてしまいます。時短になりますね。

筆者の家の兄弟はひじきが大好きなので、とても喜んで食べてくれました。自分のハンバーグを完食したあと、ママのお皿の味つきのハンバーグまで狙っていましたよ。

この記事に関連するリンクはこちら

【取り分け離乳食レシピ(4)】たまごde焼きうどん☆ 離乳食に!

フライパンひとつで取り分け離乳食ができちゃいます

たまごde焼きうどん,取り分け,離乳食,レシピ 出典:cookpad.com

フライパンひとつで大人のご飯も子どもの離乳食もできるなんて、とっても楽チンですよね!このレシピのポイントは、うどんを炒める前に溶き卵に混ぜて、更に味付けもしてしまうことです。

月齢が低い場合はたまごに味つけをしないまま作って、取り分けた後、大人用に味を足せばよいと思います。かつおぶしと青のりの風味で、とてもおいしく食べてくれそうですね。

筆者の家の次男はうどんもたまごもかつおぶしも大好きなので、1人で黙々と食べていました。いつもは手助けしなければ完食してくれないのですが、最後まで1人で食べきって、本人もとても満足そうでした。

この記事に関連するリンクはこちら

【取り分け離乳食レシピ本(1)】おとなごはんと一緒に作るあかちゃんごはん

取り分けるタイミングとコツがわかりやすい!

取り分け離乳食レシピ本1,取り分け,離乳食,レシピ 出典:amzn.to

この本は大人のごはんと一緒に作ることをコンセプトとしていますので、大人用のレシピを中心に、どのタイミングで取り分けるのかが赤ちゃんの月齢別にわかりやすく書かれています。ひとつのレシピで離乳食の全ての時期に対応できるのが嬉しいですね。

レシピだけではなく、離乳食に対する読みものも充実しているので、これから離乳食を始めるママや離乳食に行き詰ったと感じているママにおすすめですよ。

また、普段のご飯の他にもプリンや蒸しパンなどのおやつや、おせち料理やクリスマスケーキなどのイベントメニューも載っていますので離乳食を卒業した後も長く使えるレシピ本になりそうです。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

【取り分け離乳食レシピ本(2)】子どもが元気に育つ毎日の簡単ごはん

野菜たっぷりの健康取り分けレシピが満載!

取り分け離乳食レシピ本2,取り分け,離乳食,レシピ 出典:amzn.to

この本のレシピはシンプルな野菜たっぷりの和食がメインの、ヘルシーな家庭ご飯のレシピです。毎日の離乳食にぴったりですね。

巻末に索引があるので食材からレシピを探すことができるので、冷蔵庫の中身と相談しながら離乳食を決めることができますね。

お弁当や子どもと一緒に作るレシピも載っているため、離乳食の卒業後も役に立ちそうです。梅シロップや梅干し、味噌の作り方まで載っていて、子どもの食事にはとことんこだわりたいママにもおすすめです。

また、レシピだけではなくエッセイやQ&Aも載っているので、読みものとしても楽しめそうです。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

まとめ

いかがでしたか。取り分け離乳食はとても簡単にできるので、是非試してみてください。大人と一緒に同じものを食べるのは、子どもにとってはとても嬉しいことです。今まで苦手だったものも、一緒にだったら食べれるようになるかもしれませんよ。

取り分け離乳食で少しでもママの負担が少なくなり、子どもと一緒に楽しい食事タイムを過ごせるといいですね。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP