現代人は生理の回数が激増してる! 子宮環境がアブナイって本当?

現代人は生理の回数が激増してる! 子宮環境がアブナイって本当?

Bu facebook
Bu twitter
妊娠には、健康な卵巣と子宮が欠かせません。でも、20代前半の若いうちから多くの子どもを産むのが当たり前だった時代と比べて、初産の平均年齢が30代を越えた今、いざ妊娠したいときに卵巣と子宮に問題が見つかるというケースが増えています。それが不妊につながる場合もあるのですから、ちょっと怖い。

そこでこれから数回にわたって、現代女性の子宮環境が悪化している理由とケアを考えます。まず今回は、私たちの子宮環境が悪化している原因を、こころとからだの元氣プラザの婦人科医・永田順子先生に聞きました。

現代人が経験する生理の回数が、激増中!

私たち女性のカラダは、妊娠から出産を経て授乳期までの大体1~2年程度は生理が止まります。昔の女性はたくさん子どもを産みましたから、たとえば5~6人産めば7~8年は生理がない期間があったものでした。しかし現代では初潮の時期は早まり、産む人数もグッと減りました。その結果、生理の回数は一生のうち100回以上は増えているのだとか。

「1カ月に1回子宮や卵巣は妊娠の準備をして、妊娠しなければ生理を起こさせ、すぐにまた次の妊娠の準備をはじめるということを繰り返しています。しかし生理の回数がこれほどまでに多いと、子宮内膜症や子宮筋腫などホルモン依存性の婦人科系疾患を起こすリスクも高まります」(永田先生)とのこと。

>2.【生理の血が逆流するリスクとは?】

関連リンク
【産むためのカラダづくり】2.生理の血が逆流するって!?
【産むためのカラダづくり】人は何歳まで妊娠できる? ズバリ妊娠の限界年齢は
【美レシピ】薬膳的に肌をぷるぷるにする食材は?
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP