離乳食中期のほうれん草!おすすめレシピと下ごしらえ、冷凍保存方法

離乳食中期のほうれん草!おすすめレシピと下ごしらえ、冷凍保存方法

Bu facebook
Bu twitter

生後5~6ヶ月頃から離乳食をスタートさせるパパ・ママも多いと思います。初めは10倍粥だけですが、慣れてくると野菜もあげられるようになりますよね。

おすすめしたいのが緑黄色野菜の中でも栄養素の高いほうれん草です。けれども、食べた時の独特の苦みから子どもの苦手な野菜の上位によくランクインしているほうれん草。

離乳食で取り入れたいけどなかなか難しいな…と思っている方も多いのではないでしょうか。しかし、ほうれん草は赤ちゃんにとって欠かせない栄養素が豊富に含まれているのも事実。

ぜひとも、できるだけ離乳食に取り入れて欲しい一品です。赤ちゃんにはやはり、栄養バランスを整えた離乳食を食べさせてあげたいものですよね。

今回は、そんなほうれん草の調理方法やポイント、おすすめレシピなどについてご紹介します。

ほうれん草はいつから食べる?

離乳食初期から食べさせよう

ほうれん草畑,離乳食,中期,ほうれん草

ほうれん草は離乳食初期から食べさせることができる野菜です。1年を通してスーパーなどで比較的安価で手に入りますね。

鉄分、βカロテン、ビタミンCなど栄養も豊富なのでぜひ離乳食の定番にしてほしい野菜です。しかし苦みや、あくが強いので赤ちゃんに好きになってもらうのは大変そう…なんて考えていませんか?

実は、少しの手間を加えるだけで簡単にあくが抜けるんですよ。あく抜きが成功すれば、赤ちゃんも食べやすくなりますね。

また、ほうれん草は、鮮やかな緑色なので赤ちゃんの離乳食メニューに彩りを添えてくれます。上手に調理して、赤ちゃんにほうれん草を好きになってもらえたらいいですね。

ほうれん草に含まれる栄養は?

赤ちゃん体の発達に必要な鉄分が豊富!

ほうれん草のジュース,離乳食,中期,ほうれん草

ほうれん草は緑黄色野菜の中でも特に赤ちゃんに必要な栄養素が豊富に含まれています。その中でも含有量が多く、赤ちゃんの成長に欠かせないものを以下、ご紹介します。

《鉄分》

鉄分が多く含まれている緑黄色野菜の代表として一般的に知られているほうれん草。特に母乳育児の場合に鉄分は不足しがちと言われています。

貧血になると酸素が体中にうまくいきわたらず、脳などの体全体や精神面の発達への影響があるそうです。

ほうれん草には、鉄分が豊富に含まれているので離乳食におすすめです。一度に多めにゆでて、余ったほうれん草をママも一緒に食べれば、母子ともに健康効果抜群ですね。

《β-カロテン》

緑黄色野菜に多く含まれるβ-カロテンは、もちろんほうれん草にもたくさん含まれています。β-カロテンは肺などの呼吸器系の機能を整えたり、免疫力を向上させる効果があると言われています。

また、摂取したβ-カロテンの一部はビタミンAに変換され美肌効果や目や皮膚の健康維持効果なども期待できるそうです。

《ビタミンC》

ビタミンCには美肌効果や風邪予防、生活習慣病の予防の効果があると言われています。鉄分と一緒に食べることでビタミンCの吸収率が上がります。

また、ビタミンAやビタミンEの含まれている食材と一緒に食べると抗酸化作用が高くなると言われています。

ほうれん草は、鉄分やビタミンEも含んでいるので、お互いの栄養素の相乗効果が得られる健康にぴったりの野菜と言えるでしょう。

《食物繊維》

便秘に効果があると有名な食物繊維ですが、ヨーロッパでは「胃腸のほうき」と呼ばれるほど老廃物を排出する働きがあるようです。

ほうれん草には、消化吸収のよい食物繊維が含まれています。胃腸を整え便秘がちな離乳食初めの赤ちゃんには、うれしい栄養素の一つですね。

食べあわせの良い食材はにんじん・トマトなどの緑黄色野菜!

緑黄色野菜,離乳食,中期,ほうれん草

栄養の豊富なほうれん草ですが、緑黄色野菜の仲間であるにんじんやトマト、ピーマン・パプリカなどと相性が良いです。

特ににんじんやトマトは、見た目にも彩り鮮やかになって赤ちゃんへの視覚効果も期待できるかもしれませんよ。いろんな味とともに、いろんな色の食材も味わってほしいですよね。

やはり、彩りがきれいな食事の方がおいしそうに見えるのは、大人も赤ちゃんも同じですね。かわいらしく盛りつけて赤ちゃんにもパクパク食べてもらいましょう。

ほうれん草を食べさせる際の注意点

はじめは葉の部分だけを与えましょう

ほうれん草を水洗い,離乳食,中期,ほうれん草

離乳食初期の段階では、ほうれん草の葉の部分だけを調理して赤ちゃんに与えましょう。茎の部分は固く赤ちゃんには不向きのため、離乳食が進んだ後期ごろから使うのが望ましいです。

葉の部分をくたくたになるほどよく煮て細かく刻み、裏ごしをしてペースト状したものを少量ずつ赤ちゃんに食べさせます。

離乳食中期(生後7~8ヶ月)になれば裏ごしをしなくても、煮てからきざんだけのほうれん草を食べさせても大丈夫です。

あくぬきをしっかりしましょう

茹でたほうれん草,離乳食,中期,ほうれん草

ほうれん草は、あくによる苦みが強い食材です。せっかく栄養の高い食材なので、赤ちゃんに嫌がられずに食べやすく調理してあげたいですね。

1.ほうれん草を丁寧に洗い、大人が食べる時より倍以上の時間をかけてゆでて柔らかくします。

2.柔らかくなったら冷水にさらし、あくを抜きましょう。

少しの手間をかけるだけで、ほうれん草が格段に食べやすくなと思いますよ。

ほうれん草の選び方

葉がシャキッとしたものを選ぼう!

ザルにあげられたほうれん草,離乳食,中期,ほうれん草

新鮮なほうれん草は、葉の部分がシャキッとしていて緑色が濃いのが特徴です。根元部分が太く赤みを帯びている方が元気に育ち、甘みも含まれている証拠です。

根元部分が赤い方がミネラル分を多く含んでいるので、スーパーなどで購入する際はぜひ、チェックしてみてください。

根元に近い部分から葉が密集していて、全体的にボリュームがあるほうれん草はなお品質が良いほうれん草と言えます。

ほうれん草の旬は、11月~2月の冬の季節。この時期のほうれん草は、夏場のものと比べ、栄養価が高いです。

夏場は、旬の時期のものを冷凍保存している冷凍食品のほうれん草をうまく活用するのもひとつの手です。

ほうれん草の調理法/下ごしらえ方法

ほうれん草は冷凍できる?

冷凍したほうれん草,離乳食,中期,ほうれん草

ほうれん草は冷凍することができます。束のまま冷凍しても良いですし、ゆでて細かく切り刻んでからでも構いません。

それぞれのやり方を以下、ご紹介します。やり方はどちらでもかまいません。ご自身のやりやすい方を試してみてくださいね。

《束のまま冷凍する場合》

1.ほうれん草をよく洗い、少し水に浸しておき、あくを抜く
2.よくしぼって水気を切ったらラップに包み冷凍します
3.使う時は凍ったまま葉の部分だけをすりおろせばOK

束のまま冷凍してすりおろす場合、離乳食初期でも大丈夫な程細かくなります。赤ちゃんがほうれん草を食べるのに慣れてきたら、ある程度の形が残るように処理してから冷凍する方法をおすすめします。

《ゆでて刻んでから冷凍する場合》

1.ほうれん草をよく洗う
2.鍋にお湯を沸かし、葉の部分だけを大人が食べる時よりも時間をかけてゆでて柔らかくする
3.ゆでたものをざるにあけ、水に浸しあくを抜く
4.水気をしぼり包丁で細かく刻む
5.製氷皿などで小分けにし冷凍する

ほうれん草の加熱方法は?

ほうれん草を鍋で茹でる,離乳食,中期,ほうれん草

ほうれん草は苦みの強い食材なので食べやすくするために、ゆでてあく抜きをする必要があると、前段でお伝えしてきました。

しかし、ほうれん草の栄養はゆでることによって栄養分が水に溶けだしてしまう性質を持っています。なので、できるだけゆで時間を短くしたいところですが、離乳食に使うとなるとそうもいきません。

そんな時は、ほうれん草をゆでたゆで汁も一緒に冷凍してしまいましょう。そうすることによって流れ出してしまった栄養素も、一緒に取ることができますよ。

保存に必要な調理器具

製氷皿,離乳食,中期,ほうれん草

ほうれん草は中期以降の場合、ゆでた後包丁で刻むだけでOKなので特別な調理器具も必要ないのでお手軽に離乳食の準備ができるようになります。

ほうれん草を離乳食にするために、必要な調理器具をご紹介します。

・深めの鍋

1袋のほうれん草の葉を一度にゆでることができる程度の大きさのお鍋があるとストックをたくさん作る時にも便利です。深めのフライパンも代用できますよ。

鍋でお湯を沸かすのに時間がかかる場合は、やかんを使用したり、電気ケトルなどの電子湯沸かし器を使うと調理時間の時短にもなり、エコですよ。

・ふたつきの製氷皿

冷凍庫に必ずある製氷皿は離乳食作りの強い味方です。衛生的に蓋つきをおすすめしますが、ないという方も上からラップをかけましょう。

簡単に小分けされた状態で保存できるので、少量だけ使いたい時などは非常に便利です。

・ジップロックなどのフリーザーパック

食材を分けて保存する際に便利なフリーザーパックは離乳食作りでも大活躍です。製氷皿で小分けに冷凍したものを食材ごとでわけても良し、日付を記入して日別に分けても良しとかなり使えます。

ほうれん草を使ったおすすめ離乳食レシピ

【1】★離乳食中期★ほうれん草の冷凍保存

ほうれん草での離乳食作りの基本

★離乳食中期★ほうれん草の冷凍保存,離乳食,中期,ほうれん草 出典:cookpad.com

ほうれん草を離乳食に使う場合におさえておきたい下準備と冷凍保存方法です。同じような葉物野菜の小松菜やサラダ菜にも応用できる基本レシピです。

ほうれん草をよく洗い、沸騰したお湯でゆで、包丁で細かく切り刻み、製氷皿に取り分けて完成になります。手順をしっかり覚えて、必要な時にすぐに用意できるようにしておきましょう。

この記事に関連するリンクはこちら

【2】離乳食中期~ 栄養たっぷり野菜スープ

おかゆやうどんを入れても!使える万能野菜スープ

離乳食中期~ 栄養たっぷり野菜スープ,離乳食,中期,ほうれん草 出典:cookpad.com

家にある食材で簡単にできる万能スープレシピです。ほうれん草はもちろん、にんじんや玉ねぎ、かぼちゃなどを加えてもGOOD!! 彩り豊かな野菜スープにお子さんも喜んでくれるはず。

使いたい野菜をすべて細かくみじんぎりにし、野菜がすべてかぶるぐらいのお湯と離乳食用のだし、またはかなり薄めの味の顆粒だしを鍋に入れ、野菜が柔らかくなるまで煮込めば完成となります。

このまま栄養たっぷりの野菜スープとして食べさせてもいいですが、お粥やうどんなどに入れておじや風にしてもおいしいです。お粥に飽きてきたお子さんにもぴったりのレシピです。

この記事に関連するリンクはこちら

【3】卵・牛乳なし!簡単蒸しパン♪離乳食中期〜

手づかみ食べを始めたらこれ!

卵・牛乳なし!簡単蒸しパン♪離乳食中期〜,離乳食,中期,ほうれん草 出典:cookpad.com

離乳食を進めていくとお子さんが手づかみで自分で食べようとするようになりますよね。床やテーブルに散らばるのが大変で、ママ・パパは大変です…。

が、自分の手で口に運んで食べるというのは食育の上で大事なことですよね。お子さんがつかみやすく、食べ散らかすことも少ない簡単蒸しパンはいかがですか。

しっかり栄養も取れて、後片付けも楽ちんなお助けレシピですよ。軽食やおやつに活用もできそうですね。

ホットケーキミックスに豆乳(なければ粉ミルク、お水でも)を入れてよく混ぜた後、使いたい野菜を下ごしらえして混ぜます。

蒸しパンにおすすめの野菜は、にんじん、ほうれん草・かぼちゃ・さつまいもなど。それらをゆでて柔らかくして刻みます。

シリコンカップに、8分目ほどまで注いで表面を平らにして10分程蒸したら完成となります。

おやつ感覚で食べられるのでお子さんも喜んで食べてくれることでしょう。使う食材を変えるだけで色んな栄養を取れて、様々な味を楽しめますね。

手間もそんなにかからない蒸しパンなので、いろんな味にチャレンジしてみましょう。作り置きも可能なので便利ですよ。

この記事に関連するリンクはこちら

【4】離乳食❤初期・中期*ほうれん草の白和え*

材料2つあればできる簡単レシピです

離乳食❤初期・中期*ほうれん草の白和え*,離乳食,中期,ほうれん草 出典:cookpad.com

このほうれん草の白和えは、ほうれん草と豆腐のみで作るレシピになっています。作り方も簡単で、それぞれよくゆでて裏ごし・すり潰し、和えるだけです。

ほうれん草はゆでた後冷凍保存ができますが、豆腐は冷凍できないのでご注意ください。豆腐はなめらかな絹ごし豆腐から始めることをおすすめします。

たんぱく質にチャレンジするにもピッタリのレシピですよ。このメニューだと葉物野菜も豆腐と一緒にするんと食べられるので、赤ちゃんにも喜ばれます。

離乳食の進み具合によって、だしや野菜スープなどで味付けしたり、お湯でゆるく伸ばしても美味しく食べられます。

この記事に関連するリンクはこちら

【5】離乳食中期〜後期★マカロニのミルク煮

粉ミルクの消費にもおすすめです

離乳食中期〜後期★マカロニのミルク煮,離乳食,中期,ほうれん草 出典:cookpad.com

このマカロニのミルク煮は粉ミルクで作るので、初めてでも赤ちゃんの食べやすい味になっていますよ。離乳食をスタートして余りがちになってきた粉ミルクを上手に活用できるレシピです。

アレルギーの心配なお子さんでも、牛乳やバターを使わないので安心ですね。このレシピでは、マカロニを長めにゆでて小さく切るのがポイントとなっています。

野菜はほうれん草やにんじん・玉ねぎなどの他にも、かぼちゃやトマトのペーストなど、色々とチャレンジできますね。

緑黄色野菜やコーンなどを入れると、見た目もきれいで赤ちゃんも興味を持ちやすいでしょう。離乳食後期に入っても、塩・胡椒やコンソメなどで味付けしてばそのままで充分おいしく食べられるメニューですよ。

この記事に関連するリンクはこちら

【6】離乳食中期♡鮭じゃがスティック

モグモグ期におすすめです

離乳食中期♡鮭じゃがスティック,離乳食,中期,ほうれん草 出典:cookpad.com

鮭じゃがスティックは、じゃがいもを片栗粉でまとめてあるので、手づかみで食べやすいメニューです。

ほうれん草や鮭を入れることでカラフルになり、栄養面もよくなり一石二鳥ですね。ほうれん草は葉の部分をゆでて、すりおろしたり小さく刻んだりしてください。

鮭は新鮮なものをゆでて細かくほぐします。全部まとめて形を整えた後は、焼きすぎにご注意ください。周りがパリパリになると、まだ噛む力の弱い赤ちゃんには食べづらくなってしまいます。

野菜はにんじんやさつまいもなどを使ってもおいしく作れます。お子さんの好きな食材から、アレンジを始めてみましょう。

この記事に関連するリンクはこちら

まとめ

ほうれん草は苦手なお子さんも多いですが、調理を工夫すれば食べやすくすることができます。下準備をしっかり行い、甘い食材と組み合わせるなどお子さんにもすきになってもらっちゃいましょう。

ほうれん草はお子さんの成長に必要な栄養が豊富に含まれているのでぜひとも離乳食に活用してみましょう。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP