障害児の父親が抱えているストレス。家族を支えるために利用したい「父親の会」とは?

障害児の父親が抱えているストレス。家族を支えるために利用したい「父親の会」とは?

Bu facebook
Bu twitter

お父さんだって子育てに参加したい!

障害児の父親が抱えているストレス。家族を支えるために利用したい「父親の会」とは?の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10161015133

障害のある子どもの子育てに、父親はどう協力できるのでしょうか。

例えば、子どもの障害やその支援について情報収集をするとき、どのような療育や対処が必要なのか?書籍やインターネットで調べることはできると思います。ただそうした情報だけでは、自分が住んでいる地域の情報などの身近な情報は、私は思うように得られませんでした。

一方で妻には、子どもの療育施設に通うママ友を通じて、地域の情報が少しずつ入ってくるようになりました。でも、父である私は、昼間は仕事をしているため、子どもと関わる時間にも限りがあります。

様々な情報が妻を通じて入ってくるようになった一方で、何もかも妻にまかせっきりの自分に、いつも不甲斐なさを感じていました。

娘の療育先で聞いた「父親の会」の存在

障害児の父親が抱えているストレス。家族を支えるために利用したい「父親の会」とは?の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10161014606

毎朝、子どもがまだ寝ている間に仕事に行き、夜、子どもたちが寝静まった頃に帰宅。そうした日々の中で、家族のためになることを考えようと思うのですが、何からすればいいのか情報が全くありません。

そんなある日、娘が療育施設に通いだして半年ほど経った頃でした。父親だけの集まりがあることを、スタッフから聞きました。

「何か情報が得られるかもしれない!」

そう思った私はさっそく参加してみることにしました。

そこは、「子どもと妻を支えたい」気持ちを持った父親の集まる場所だった

障害児の父親が抱えているストレス。家族を支えるために利用したい「父親の会」とは?の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28208001842

私が入ったのは、その療育施設を利用中している、もしくは利用していた子どもの父親による集まりです。

もともとこの会は、療育施設を利用していた1人のお父さんの、「自分は普段、仕事で家に関われないから、たまには子どもと関わる時間を持ちたい。」「嫁さんの負担を軽くしたい」という思いから、今から10年ほど前に設立しました。

ただし、「父親の会」と言っても組織的なものではなく、メールリストに登録するだけで、入会金などはありません。

主な活動内容は、子どもとのデイキャンプや1泊の野外キャンプなどです。加えて年2回の会合があり、イベントの詳細を決定します。「年2回の会合」って、それ飲み会でしょう?と思われる方もいるかもしれませんね(笑)

確かに飲み会です。
でもこの飲み会には、意外と重要な意味があるのだと、後から気付きました。

わかりあえる人同士だからこそ、言える本音

障害児の父親が抱えているストレス。家族を支えるために利用したい「父親の会」とは?の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10367007638

私たち父親が職場の上司や同僚に、子どもの障害について話すことは、とても勇気がいると思います。
少なくとも、私は大変勇気が要りました。

障害児の父親というのは(母親もそうかもしれませんが)、「仕事」と「子どもの障害」という2つのストレスを抱えています。

仕事については、同僚と話す機会もあるかもしれません。しかし、子どもの障害のことは、誰かに話したくても話す機会が無いのが現実です。

こんな時、父親の会では、普段からなかなか言えない本音も、わかる人同士だからこそ、話しやすいのです。また、全てを話さなくても、周りはみんな察しがつくので、言葉にしにくい気持ちもわかってもらえ、心がラクになります。

このことは父親の会に参加している全員が、実感していることです。

貴重な情報が得られることも

障害児の父親が抱えているストレス。家族を支えるために利用したい「父親の会」とは?の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10736004576

私たちの会ではその他に、地域情報や障害の知識などについて、メールリストで意見交換することがあります。これは、地域情報をずっと探していた私にとっては、大変ありがたく有益な情報交換の場でした。

もしかしたら、他の地域ではもっと活動的な父親の会も、あるかもしれません。私たちの会でも、「勉強会を企画したらどうか?」という意見が出たこともありました。

しかし、企画から準備まで自分たちでやるため、仕事との掛け持ちが大変なので「できる範囲でやっていこう」ということに留まっています。

活動範囲については、会によってそれぞれ特色があると思うので、事前にいろいろ調べてみることをお勧めします。

何でも話せる場が必要なのは、母親だけじゃない

障害児の父親が抱えているストレス。家族を支えるために利用したい「父親の会」とは?の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10272005268

父親の会というのは、情報交換以外にも、お父さんたちの普段言えない本音をさらけだす場としては、最適です。

そして、心をリフレッシュすることで、仕事も頑張れるのではないかと思います。

子どものために、何かしたいと思っているお父さん、父親の会、おススメです。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP