親子でがんばる運動会~運動会直前にできること~

親子でがんばる運動会~運動会直前にできること~

Bu facebook
Bu twitter

運動会直前にできること

運動会の直前でも、ちょっとしたひと工夫で子どもの能力を引き出すことができます。今日は、運動会の直前にできる「靴の選び方・はき方」と、少し気をつけるだけでタイムが上がる走リ方を紹介します。


4935

講師:柳谷登志雄さん(順天堂大学スポーツ健康科学部准教授)
スポーツが得意になってほしい! 運動会でがんばってほしい! そのために、小さいうちからできることを、専門家に教えていただきます。今回のテーマは、「運動会直前にできること」です。

靴の選び方、はき方

【サイズ選び】

運動会の前に新しい靴を買う人も多いと思います。「長くはけるように」と、大きめのサイズを選びがちですが、サイズが大きいと蹴った力が地面に伝わらず、走りにくくなります。逆にきつすぎると足が痛くなるので、「きつすぎず・大きすぎず」が大切です。

【はき方】

つま先をトントンと地面につけて合わせてしまうと、かかとが浮いて靴が脱げやすくなってしまいます。脱げそうなのが気になってしまい、これが早く走れない原因になることもあります。

tvimg09092014_01

靴をはくときは、かかとのほうをしっかり合わせる習慣をつけましょう。ふだんから靴のかかとを踏みつぶさないようにすることも大切です。

tvimg09092014_02

コーナーを走る練習

ほとんどの子どもは、コーナーを走ったことがありません。運動会の前にコーナーを走る練習をしておきましょう。

【回転しっぽ取りゲーム】

1.地面に半径2mくらいの円をかく。

tvimg09092014_03

2.子どもの腰にひもをつけ、しっぽのように垂らす。

tvimg09092014_04

3.ひもが地面につかないように走り、大人が歩いておいかける

tvimg09092014_05

4.慣れてきたら徐々にスピードをあげる

tvimg09092014_06

体をカーブの内側に傾けるように走ることがポイント。ひもをつかまれないように逃げ切ることで、ゴールを最後まで駆け抜ける力が身につきます。
子どもがギリギリ逃げ切れるくらいのスピードで、疲れすぎないように楽しく追いかけっこしましょう!

運動会が終わったあとの大事なこと

1等になったらほめるのはもちろんですが、ダメだったとしても、がんばったことをほめてあげましょう。負けて悔しくても、「次はがんばろう」という気持ちにさせてあげること、そして運動が楽しいと思えるような言葉をかけてあげることが大切です。


元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP