子育てに活かせるマナー「プロトコールマナー」でエレガントに子育て

子育てに活かせるマナー「プロトコールマナー」でエレガントに子育て

Bu facebook
Bu twitter

東京の西の方で『紅茶』と『子供の為のマナー』の教室を主宰しております佐藤夕です。

昨年末から今まで【キッズマナーレッスン】【お箸の持ち方レッスン】私自身の勉強・試験、そして息子の入園準備に明け暮れており、久しぶりの更新となってしまいましたが、皆さまお元気にお過ごしでしょうか?

今日は私の専門分野でもある【プロトコールマナー】のお話をしていきたいと思います。

プロトコールマナーは日本語では【国際儀礼】と訳されます。かなり堅苦しく、窮屈そうなイメージで近寄りがたい感じがしますね。

日本では主に、皇室で国賓を招く際に使用されたり、ビジネスの場において外国人と一緒に仕事をする際に使用されることが多いのですが、実は【プロトコールマナー】は、決して堅苦しいものではありません。

文化の違う人同士が気持ち良くスムーズに一緒に過ごしていく為の最大公約数で、皇室やビジネスの場だけではなく、家族間・ママ友との間・子育てにも活かすことができる素敵なルールなのです。

プロトコールマナーの世界へようこそ

プロトコール五原則って?

笑顔の親子,子育て,マナー,プロトコールマナー

まずは、プロトコールマナーの基本である【プロトコール五原則】についてです。

1.異文化の尊重
2.序列の重要性
3.右上位
4.返礼
5.レディーファースト

この五原則がどうして子育てにも役立つのでしょうか?

一つずつ解説していきます。

【1】異文化の尊重

「自分はこう思う!」と思っても、相手は必ずしもそのように思っているとは限りません。育ってきた環境が違えば、違う意見や考え方がでてくるのもあたりまえのこと。

相手が自分とは違うからといって腹をたてず、相手の人格やバックグラウンドを尊重することが大切です。

自分が尊重され大切に扱われていると感じると、気持ち良く心を開いてお話しできますよね。そこで素晴らしいアイディアが生まれたり、自分の知らなかった世界が広がるかもしれません。

それと同時に、自分自身もしっかりしたブレない意思を持つことが大切です。自分の意思のない人を尊重するのはとても難しいのです。

ご自分のお子さんを相手にした時も同じように考えてみてください。お子さんはお子さん自身の世界があるのです。

【2】序列の重要性

ビジネスの場では特に重要視される【序列】です。

ママ友同士ではそこまで神経質にならなくてもいいのですが、頭の片隅にいれておくといいかと思います。

ビジネスでは【役職】で会食などの席が決まりますが、それ以外の場では【年齢】が重要視され、年長者から上座に座ります。

ママ友同士でのランチの時に、上座下座にうるさく言う人はあまりお見かけしませんが、なんとなく配慮できるとエレガントに感じます。

ママ友のお誕生日ランチの場合に主役の方を一番良い席に座っていただく。ご自分が幹事でしたら、お店の方にコンタクトがとりやすい入口付近の下座に座る・・・などです。

ママ友同士のランチで、私は最近、お誕生日でもなんでもないのに上座を譲られています。「ん?」と、周りを見て納得、私が一番の年長者でした。笑

せっかく譲っていただいたので、快くお受けして、居心地の良いソファ席でゆったりとランチを楽しませてもらっています。

自分の立ち位置を認識することも大切ですね。

まとめ

プロトコール五原則は次回の記事に続きます。

知らなくても滞りなく生活はできますが、知っているとさりげなく配慮ができます。

そのさりげない配慮がとてつもなくエレガントだと私は思っています。

そして、相手を尊重することができればイライラすることもなくなり、毎日を気持ち良く過ごすことができるようになります。

ご主人に対しても、ご友人に対しても・・・お子さんに対しても。

プロトコールマナーをつかって、ご自分にとって幸せな毎日を過ごし、楽しい育児期間を過ごしていただきたいと思い、この記事を書きました。

それではまた次回の記事で。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP