熊本でいちご狩りができるおすすめ農園6選

熊本でいちご狩りができるおすすめ農園6選

Bu facebook
Bu twitter

いちご狩りの季節到来~♡いちごで有名な熊本は、いちご狩りができる農園もたくさん。

食べ放題コースと持ち帰りコースを選べるところが多いので、どれぐらい食べられるかで選んでみてはいかが?写真を見るだけでよだれが出そうなほど美味しそうです…。

1.七樂の郷

道の駅「七城メロンドーム」の裏手にあり、紅ほっぺ・さがほのか・ひのしずくの3種類を収穫することができます。高設栽培なのでしゃがまずに収穫でき、子どもにも取りやすいと評判です。「七城メロンドーム」ではパンや雑貨、魚、野菜、特産物などの買い物もできるので、ぜひ立ち寄りたいですね。

【営業期間】2月1日~5月下旬
【営業時間】10:00~17:00 ※予約優先、水曜定休
【住所】熊本県菊池市七城町岡田306
【アクセス】植木ICより 約20分/菊水ICより 約30分
【問い合わせ】080-3968-1210

2.観光農園きちじえん

一年を通じて6種類の果物狩り(いちご、ぶどう、りんご、なし、みかん、かき)が楽しめる農園。休憩所ではお弁当を持ち込んでのんびりする事もできます。昔ながらの「土耕栽培」にこだわった濃厚ないちご。品種は貴重な「紅あやね」です。熊本県内のソフトクリームが集合し、美味しいものを決めるS1グランプリで金賞を受賞したソフトクリームも、要チェックですよ!

【営業期間】12月~5月
【営業時間】9:00~17:00
【住所】熊本県熊本市北区植木町木留1033-1
【アクセス】熊本市中心街(水道町交差点)を北上、植木・山鹿方面へ。植木町植木バイパスの交差点を左折、次の交差点を左折後看板に沿い、5分程度で直売所へ到着
【問い合わせ】096-273-2544

3.優峰園フルーツランド

寒暖差のある土地で育った甘みのある「紅ほっぺ」の収穫ができます。平日に来園すると入園料が200円引き、持ち帰り料金も10%OFFに!併設する旬カフェ「かわゆか」には、いちごを使ったスイーツも!いちご狩りをした人は特製スイーツが10%OFFになる特典もあります。
食堂で食事ができたり、マス釣りができたりと、いちご狩り以外も楽しそう!

【営業期間】1月上旬~未定
【営業時間】8:00~18:00(「かわゆか」は水曜定休)
【住所】熊本市西区河内町岳1144
【アクセス】JR熊本駅より車で約30分
【問い合わせ】096-277-2518

4.果実の国カップルズ

雄大な阿蘇の自然を眺めながらいちご狩りを楽しめます。できるだけ農薬を使わず、阿蘇のミネラルたっぷりの天然水を使って育てられたいちご。自家製のいちごジャム(砂糖不使用!)をお土産にしたり、カフェでいちごの果肉入りソフトクリームを食べたり…。季節は異なりますが、りんご狩りやぶどう狩りも楽しめます。

【営業期間】12月初旬~5月初旬
【営業時間】9:00~17:00(果物狩りシーズン以外は不定休)
【住所】熊本県阿蘇市西町1003-3
【アクセス】JR豊肥線 いこいの村駅より徒歩20分/阿蘇駅~果実の国カップルズまで車で5分
【問い合わせ】0967-34-0100

5.南阿蘇ふれあい農園

阿蘇の中心部に位置する南阿蘇村の自然たっぷりの環境の中で、完熟した果物の美味しさを味わえる農園。甘~いいちごを楽しめます。時期は異なりますが、ぶどう、トマトの収穫もできます。ヤギのいるふれあい広場や、直販所もありますよ。

【営業期間】12月~5月
【営業時間】8:30~17:00(イチゴの期間は不定休)
【住所】熊本県阿蘇郡南阿蘇村一関1273-1
【アクセス】九州自動車道熊本ICから国道57・325号線を約60分
【問い合わせ】090‐2717‐4478

6.岩村苺農園

減農薬で土にこだわって作られたいちごを収穫できます。農園から徒歩2分の場所に道の駅があり、観光案内や食事、買い物、トイレの利用ができるのも便利。九州各地から日帰りできるアクセスの良さです。

【営業期間】1月上旬~5月中旬
【営業時間】10:00~17:00※シーズン中(4~5月GW明けまで)は休みなし
【住所】熊本県八代群氷川町網道315-3
【アクセス】松橋IC~八代ICの中間地点、どちらで降りても15分程で到着
【問い合わせ】090‐9654‐9213

雄大な自然のもとでいちご狩り

熊本はいちごの一大生産地。自然豊かな場所でのいちご狩りは、いい思い出になりそうです。
いちご狩り料金は時期によって異なります。

また、成り具合を確認していった方が無難かも!ベビーカーが入れるかどうかなど、詳細も含めて問い合わせてから行きましょう♪

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP