元保育士ママが教える!涼しくて楽しい「室内遊び」

元保育士ママが教える!涼しくて楽しい「室内遊び」

Bu facebook
Bu twitter


暑い夏ももうすぐ終わり。水遊びや虫取り、花火など夏の遊びは満喫できましたか?
保育園でも、外遊びをたくさん取り入れながら、天気が悪い日や外に出れない子のために、室内でも子どもが発散できる遊びを組み合わせているんですよ。
今回は元保育士である筆者がおススメする、涼しくて楽しい「室内遊び」をご紹介します!
布団圧縮袋でウォーターベット
こちらの遊びは、歩行ができない赤ちゃんでも楽しめます。
材料も、布団圧縮袋と水だけ。絵具で水に色をつけたり、スーパーボールやスポンジちぎっていれてもいいですし、家にあるものや100円ショップで揃えられるアイテムでOK。ビニールプールに水の代わりに入れて、なんちゃってプールにしちゃうのもいいでしょう。
不安定なウォーターベットの上で必死にバランスを取ろうとしてる姿が、なんとも言えず可愛いんです♪
「新聞紙びりびりクシャクシャ」
言葉が分からないお子さんだと、「見立て遊び」がいいでしょう。ビリビリにやぶいた新聞を、段ボールの中に入れて「お風呂」と呼ぶと子どもは喜んで遊んでくれます。このお風呂の水は、もちろん新聞紙のことですよ。『流すね~』なんて言いながら、頭から新聞紙をかけてあげたりしても楽しいですよね。
2歳くらいになると、「ごっこ遊び」がおススメです。ビリビリにやぶいたものを丸めたり、クレヨンで色を塗ったりしてお店屋さんごっこやおままごとをしましょう。男の子も女の子もおままごとは、好きな遊びの1つです。
もう少し大きくなったら、丸めた新聞をボールにみたてて玉入れをします。兄弟がいるお家は競い合うのもいいですね。カゴに袋をかけて、そのままゴミの回収をするとママはお掃除も楽チンですよ!
「ひんやり寒天遊び」
これは保育の施設で大人気!ひんやりした寒天を肌で味わいます。見た目も、とてもカラフルで素敵です☆
材料は、
・粉末寒天
・食紅(口にいれない大きいお子さんは絵具でも可)
・寒天を固める容器(タッパー・ボール・ゼリーなどの空き容器・牛乳パックなど)
・お鍋
・水

※本来は食品にもなる素材ですので、理解できるお子さんには本当は海藻であることを教えてあげましょう

作り方は、沸騰したお湯に粉末寒天を混ぜるだけ。あとは、好きな型に流し込んで冷蔵庫で冷やすだけでいいんです。
この冷蔵庫で冷やしたつめたい寒天に、子どもたちはテンションが上がり喜ぶんですよ。ただ触るだけでもいいですが、型抜きでくり抜いたり、絞り出し袋を使ってパフェを作ったりと遊び方は無限にあります。
また、この寒天の感触にはなんとも言えない心地良さがあり癒される効果があるので、「うちの子最近グズグズしてて…」なんてお子さんも、イライラしてる気持ちがスーっと晴れていくのでぜひお試しを。


夏も残りわずか、外遊びと室内遊びをバランスよく取り入れながら、お子さんと最後の夏の思い出を作りませんか?
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP