もうすぐバナナが消える!?困惑するママが急増中!

もうすぐバナナが消える!?困惑するママが急増中!

Bu facebook
Bu twitter

お手頃な値段で栄養価も高く、子どもたちも大好きなバナナが食卓から消えてしまうかもしれません…!

なんでも、バナナを枯れさせてしまう病気が広がっているんだとか! 子どもからの人気が高いバナナだけに、ママたちも困惑しているようです。

バナナを枯れさせる“新パナマ病”が流行中!

現在、バナナの木を枯れさせてしまう“新パナマ病”という病気が世界中で広がっています。フィリピンなどの主要なバナナ生産国では、すでにバナナの生産量が低下するといった影響が出始めている状態です。

実は、バナナを枯れさせる病気の流行は今回が初めてではありません。100年あまり前にも“パナマ病”と呼ばれるバナナの病気が広がったことがあり、そのとき流通していたバナナのほとんどは絶滅してしまいました。現在流通しているバナナは、パナマ病にかかりにくいよう品種改良して新しく生み出されたものなんです。

ところが1990年代、パナマ病より感染力が強い“新パナマ病”が新しく発見され、アジアから中東、アフリカ大陸にまで感染拡大。一度新パナマ病にかかったバナナの木は治ることがないため、“バナナの不治の病”と呼ばれています。

現在日本で流通しているバナナの90%はフィリピン産。しかしフィリピンではここ数年で新パナマ病の被害が大幅に拡大しているため、これまで通りバナナを日本へ輸出するのが難しくなっていく可能性があります。

フィリピンでは今も新パナマ病に強いバナナの開発が進められていますが、実用できる品種はまだ作り出されていないとのこと。このまま行くと、5年か10年後には世界中の食卓からバナナが消えてしまうかもしれません。

「バナナがなくなるかも」のニュースにママたちも困惑!

バナナは子どもからの人気が高く栄養価も優れたフルーツなので、今回のニュースはママたちの関心も高いようです。バナナが食卓から消えてしまうかもしれないというニュースを聞いたママたちからの反響を集めてみました。

やっぱり、バナナがなくなることで子どもの好物がひとつ減ってしまうことを心配している人が多いようです。もしバナナが買えなくなったら、「ママ~、バナナ食べたい!」なんてせがまれたとき困ってしまいますね…。

“バナナが食卓から消えるかも”というニュースにショックを受けたママも多いのでは?
品種改良が進んで、今後も手軽にバナナが手に入るようになることを祈ります。

参照/
NHKニュース「バナナが食卓から消えるおそれ 病気の感染拡大」

関連コラム

妊婦がかかると危険!『りんご病』感染者が増加中!
今でもシラミって流行るんです!
入園後は要注意!子どもがかかりやすい感染症と予防ポイント
2016年の運試しに…☆ 買っておきたい福袋8選
賢いママは持っている⁈100均の使えるおもちゃを厳選してご紹介!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP