1本ずつ抜く時間などない! 忙しいママにおすすめのムダ毛処理法

1本ずつ抜く時間などない! 忙しいママにおすすめのムダ毛処理法

Bu facebook
Bu twitter
腕や脚を出すことの多い夏と比べると、ムダ毛の処理をおろそかにしてしまいがちなこの季節。

ハグする母子

© georgerudy - Fotolia.com



若いころは1本ずつ抜いていたり、エステで脱毛していたりという人もいると思いますが、子どもがいるとムダ毛の処理に長い時間をかけにくいですよね。

そこで、なるべく手間のかからない処理方法を提案します。

■どこでも使える電気シェーバー
もっとも手軽なのは、カミソリでそる方法です。最近の女性用カミソリには、ヘッドが動いて肌にフィットするものや、保湿剤入りの石けんと一体化したものなど、低価格でも使いやすい製品が多数あります。

カミソリ負けなどのトラブルがなく、お風呂で2、3日に1度処理できるなら、この方法で十分かもしれません。もちろん処理後は、ダメージを受けた肌を乳液や保湿クリームなどでしっかりケアする必要があります。

ただ、小さな子どもがいる場合、いっしょにお風呂に入ることも多く、カミソリを使っての処理は現実的ではありません。「では一体、いつそればいいの?」と悩んでいるママも多いことでしょう。

そこでおすすめなのが、女性向けのボディ用電気シェーバーです。細かい性能は製品によって異なりますが、通常は、カミソリより安全性が高く、肌への刺激も少ないものが多いです。石けんやボディソープをつけてそる必要がなく、いつでもどこでも使えるのが大きな魅力です。

高価なものもありますが、主流は2000円前後と、価格もお手ごろ。カミソリ派の女性は、出産を機に電気シェーバーの購入を検討してもいいでしょう。



■脱色なら使用頻度が少なくて済む
処理の回数をできるだけ減らしたいという人は、腕や足のムダ毛処理に脱色クリームを使ってみてはいかがでしょうか。カミソリやシェーバーでそるのとはちがって毛がなくなるわけではありませんが、産毛のような金色になるので、目立ちにくくなります。

色のもち具合には個人差があり、1ヶ月ほどもつ人もいれば、1週間で黒い毛が目立ってきてしまうという人も。それでも、2、3日に1度の処理が必要なカミソリやシェーバーよりは、使用頻度が少なくてすみます。

■あえて処理しない
「脱色した後の自然な仕上がりは好きだけど、脱色クリームで肌が荒れる」という人もいることでしょう。カミソリや電気シェーバーを使うにしても、肌への刺激は避けられません。

そもそも、体に毛が生えているのは自然なこと。ワキの毛は処理するとしても、腕や脚に関しては、あえて除毛、脱色などの肌に負担のかかる処理はせず、堂々と毛を生やしたままにするのもひとつの方法です。

その場合は、市販の抑毛ローションを日常のケアに取りいれてみるのもいいでしょう。

抑毛ローションは長く使いつづけることで、ムダ毛が少しずつ薄くなることが期待できるそう。また、一般的に、保湿成分や肌にいい美容成分が含まれているため、ボディローション代わりにも使えます。

カミソリやシェーバーでの処理後に、抑毛ローションでケアをするのもおすすめ。こうして少しでもムダ毛の濃さや伸びる速度がおさえられれば、処理の回数や手間を減らせるかもしれません。
 
 
 
(二条しおり)
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP