ベビースイミングの効果5つ。いつから始められるの?

ベビースイミングの効果5つ。いつから始められるの?

Bu facebook
Bu twitter

子供の習い事として人気の高いスイミングですが、赤ちゃんも習えるって知っていましたか?

0歳で習い事を始めるなんて早い?いえいえ、ベビースイミングは早期教育というよりは、親子で楽しむコミュニ―ケーションのひとつといった感覚で大丈夫なんですよ。

今回は、ベビースイミングの効果や始めるタイミングなどを紹介します。

知ってる?ベビースイミング

pool-917604_640

赤ちゃんがプールで水に触って慣れたり親子で一緒に楽しむことでスキンシップをはかるためのスクールやプログラムが、ベビースイミングです。

幼児のスイミングスクールは、体力向上や泳げるようになるため通わせることが多いですが、ベビースイミングは目的がちょっと違うことをまず理解しましょう。

スポーツクラブやスイミングスクールで、赤ちゃん向けの講座やスクールを組んでいる場合がほとんどで、夏だけの短期教室などもあります。

ベビースイミングは赤ちゃんにどんな効果があるの?

summer-830330_640

1.ママも赤ちゃんもリラックス

赤ちゃんはもともとママのお腹の中で羊水に浮かんでいました。本来、水に浮かぶのは赤ちゃんにとって自然なことなのです。ベビースイミングで、その感覚を思い出しているかもしれません。

また、ママにもリラックス効果が!水中では重力から解放されるので、こわばった筋肉を緩めることができます。

2.生活リズムが整う

ベビースイミングは全身を使います。激しい運動ではないものの、疲労感によって眠くなるもの。決まった時間にベビースイミングを行えば、生活リズム作りにも役立ちます。

水に触れて脳を刺激することで、昼夜の区別がつきやすくなるとも言われています。

3.ママと赤ちゃんのコミュニケーションがより豊かに

ベビースイミングは、ママも水着になって赤ちゃんを抱っこして水に入ります。肌と肌が密接に触れ合うことで、より一層強い信頼関係を築くことができます。

また、「一緒にやる」という一体感を感じたり、ママと同じ環境に身を置くという体験は、赤ちゃんの情緒を安定させます。

4.ママの美容と赤ちゃんの健康作りに効果的

泳がなくてもプールの水圧によって、相当な運動量になります。知らず知らずのうちにママにダイエット効果が。

赤ちゃんにとっても、息を止めたり吸ったりによって心肺機能が強化されるといった健康効果が期待できます。

5.かわいい姿を堪能できちゃう

ムチムチ体型の赤ちゃんが水着を着た姿の可愛さったら!ほんとたまりませんっ!

ベビースイミングをやっていないと、赤ちゃんが水着を着る機会はあまりないもの。かわいい姿を堪能できちゃうのは、ベビースイミングの知られざる魅力のひとつかもしれません。

いつから始められるんだろう?いつまでできるの?

kid-1142785_640

生後4カ月頃から始められるスクールもあるようですが、おおむね生後6カ月からが目安のようです。

首が座っていないと、水に顔をつけた時自力で顔を上げられず溺れる可能性もあるから。生後6カ月なら、ほとんどの赤ちゃんの首がしっかりすわっていますよね。

そして、ベビースイミングとしては3歳頃までというスクールがほとんど。3歳からはキッズ(幼児)コースに移行するパターンが多いようです。幼児向けのコースでは、もぐることやバタ足、けのびなど、水泳の基本を学んでいく内容に変わっていきます。

ベビースイミングで赤ちゃんともっと仲良しに

ベビースイミングについて、だいぶわかってきましたよね。様々な効果がありますが、赤ちゃんと密着してママも楽しく水遊びできるのが良いですね。楽しい時間を一緒に過ごすことで、育児ストレスも解消赤ちゃんも嬉しい!お互いにとってメリットがあるのも魅力です。

赤ちゃんのうちからできる習い事は、そう多くありません。これから夏に向けてベビースイミングを習い事の候補に入れてみるのはいかがですか?

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP