アスペルガーでも夫婦円満?その秘訣を聞いてみた

アスペルガーでも夫婦円満?その秘訣を聞いてみた

Bu facebook
Bu twitter

アスペルガーの私。知らないうちに周囲の人を追い詰めていた?

アスペルガーでも夫婦円満?その秘訣を聞いてみたの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10367007254

39歳でアスペルガー症候群の診断を受けた私は、自分の障害がどういったものなのかを調べる過程で、「カサンドラ症候群」という言葉にたどり着きました。

カサンドラ症候群とは、アスペルガー症候群当事者との意思疎通が適わない配偶者や家族、友人が陥る二次障害のことです。

体験談をつづったブログ等をいくつか読み、私は背中に冷たいものが伝うような気持ちに襲われました。

「マイペース過ぎで思いやりがない」
「こちらを糾弾するような物言いをする」
「自分のことにしか興味がない。一緒にいても寂しい」

カサンドラ症候群の方々が吐露するアスペルガー症候群当事者への思いは、かつて私がお付き合いした男性に言われてきた言葉だらけだったからです。

私は知らず知らずのうちに相手を追い詰め、カサンドラ症候群にしてしまっていたのだと、今さらながらに気付いたのでした。

では、アスペルガー症候群の人は、誰しもパートナーを追い詰めてしまうのでしょうか?

また、わかり合う方法はないのでしょうか?

私よりもアスペルガーっぽい父。では、母もカサンドラ症候群だったのだろうか?

アスペルガーでも夫婦円満?その秘訣を聞いてみたの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=30701000529

「カサンドラ症候群」を考えたときに思い出したのが、私の父のことです。父は70代、未だに健在です。

この父というのが私とそっくり。頑固でこだわりが強く曖昧が苦手、発する言葉は理屈っぽく、意図せず論破モードになることも多々あります。このように、診断は受けていませんが、アスペルガー症候群の特性にぴったり当てはまってしまうのです。

父の偏屈ぶりは、今に始まったことではありません。母は父との結婚を決めたとき、「本当にこの変人と結婚しても大丈夫なのか」と、父の家族から随分と心配されたのだとか。

「はい、もちろん大丈夫です」

と笑顔で答えた定型発達の母。彼女は70代になった今、カサンドラ症候群のカの字も感じられないほど朗らかに、父と2人で暮らしています。

なぜ、カサンドラ症候群にならなかったのか?母に聞いてみた

アスペルガーでも夫婦円満?その秘訣を聞いてみたの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10367007202

両親はとても仲が良く、大きな喧嘩をしている光景を私は見たことがありません。

でも実は、カサンドラ様の苦しみがあっても、それを見せないようにしていた時期もあったのかもしれない―そう考え、私は母に聞いてみました。

すると、彼女はそんな私の疑いを

母「あー、ないない。話があまりにも通じないから、イラッとすることは今でもあるけどね」

と、すぐさま笑って否定したのです。

私「へー。ほら、女の人ってさ、『察してよ!』みたいに思う人が多いって聞いたことがあるんだけど、お母さんはそういうのなかったの?」

母「そんなあ、お互い超能力者じゃないんだから!相手の言いたいこととか、察して完全に理解するなんて私だって無理だもん。お父さんや、のん(私の呼び名)はその度合いが違うだけ。

伝わらないなら伝わるように、通じてないなって感じたら、通じるようにすればいいでしょ?

私「ほう…素晴らしいお心がけでございますなあ…」

母「だってしょうがないよ、あの人はああいう人なんだし」

時折うっかり曖昧さを出してしまい、「それじゃあわからん」と父に苛立たれることもある母。そんなときは「あー、めんどくさいなあこの男」とぼやくなど、感情を出すことも忘れません(笑)

それでも、会話の中では曖昧な表現を避ける、頼みごとをする際には方法や目的などもわかりやすく伝える等の工夫をし、母は自ら父に歩み寄っています。

それもこれも「相手にどうにかしてもらおう」という期待をせず、「自分がどうしたいか」を主軸にしているからできることなのでしょう。

父から聞いた母への感謝の言葉に、夫婦の支え合いを知った

アスペルガーでも夫婦円満?その秘訣を聞いてみたの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10367007728

こういう母の言動を父はどう思っているのでしょうか?

20年以上前の話ですが、「ノゾミ、お前の母親はとても素晴らしい女性だぞ」と、父が唐突に言い出したことがあります。

父「俺にとっては、人の気持ちを察することはとても難しいし、曖昧なことを理解できないことがある。そういう俺がわかるようにして、伝えてくれるんだぞ。曖昧なことがわかる人にしたら面倒だろうし、もしかしたら、思いつかないことかもしれないよなあ」

この言葉から察するに、アスペルガーの診断こそないものの、父は自分の特性について何となく理解をしていたようです。

父「それを数10年も続けてるんだぞ?相当なことだよな。俺も(母に)歩み寄りたいんだけど、やっぱり曖昧なことはわからないから、せめて頼まれたことはこなしたいし、困っているときは支えたいんだよ

この会話で、父が母に対して日々感謝をしており、「できる限りで自分の妻を支えたい」という気持ちを強く抱いていることは、まだ10代だった私にもよく伝わってきました。

違いを認め合うことで深まる、コミュニケーション

アスペルガーでも夫婦円満?その秘訣を聞いてみたの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10367006608

アスペルガーとカサンドラの関係は、特性の出方や人間的な相性もあるので、私の両親の例だけで全てを語ることはできません。

ただ、母の場合は父に対して過度な期待を持たなかったことが吉と出たように思えました。

そして、「自分とは違う種類の人間なんだ」と感じて、コミュニケーションを投げださず、「どうしたら円滑なコミュニケーションができるか」と模索したからこそ、父の特性を受容できたのでしょう。

父も父で、「自分にはどうしてもできないことがある」と諦め、自分なりの歩み寄りをしてきたからこそ、母と仲良く暮らすことができているように感じられます。

「諦める」という字面は、なんだかネガティブに見えるかもしれませんが、言い方を変えれば「違いを認めること」と同義だと思います。

これはアスペルガーとカサンドラの関係に限らず、円滑な人間関係を築く秘訣の1つかもしれません。

「だってしょうがないよ、あの人はああいう人なんだし」

母から話を聞き父のつぶやきを思い出すにつけ、この言葉が愛情に満ちた、とても温かいものに感じられるのでした。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP