離乳食期におすすめの赤ちゃんの食器5選

離乳食期におすすめの赤ちゃんの食器5選

Bu facebook
Bu twitter

出産後、初めての育児にてんやわんやというママも多いことでしょう。授乳にもようやく慣れ、少し落ち着いて過ごせるようになったかな、と思ったらあっという間にお食い初め。そして、いよいよ離乳食デビューが近づいてきます。赤ちゃんの食事にも食器が必要。もちろん、大人用のものでも清潔ならば問題はないのですが・・・。

せっかくだから、赤ちゃん用素敵な食器を用意してあげたいものですよね。そんなママにおすすめの離乳食期の食器をご紹介!お友達やご家族に赤ちゃんが生まれたという方は、ギフトの参考にしてくださいネ。

離乳食のい・ろ・は

baby-372798_640

支えてあげると座ることができるようになり、食べ物に興味を示し始めたら離乳食開始のサイン。生後5、6ヵ月頃が目安でしょうか。

最初は、お子さんの様子を見ながら1日1回、1さじからスタート。すりつぶしたおかゆから食べさせ始める人が多いようです。慣れてきたら、野菜、豆腐、白身魚とじょじょにレパートリーを広げていきます。

1日1回から2回へ。すりつぶした食材から舌でつぶせる固さ、歯ぐきでつぶせる固さ、ほんのり味をつけるなど、離乳食は長い人で1年近く段階を踏んで続いていきます。

食事の仕方も、最初はお母さんがスプーンで赤ちゃんの口へ運んであげることでしょうが、後期になると自分でスプーンを握りたがるお子さんもいるでしょう。

このように、離乳食の段階によって適した食器も変化していくことになります。だから、食器の素材選びは重要な要素。どの素材が良い・悪いということではないので、ご両親の考え方使う目的によって適した食器を選んでくださいね。

1. ぺレンツてのひら皿・食べさせスプーン

ころんとした手のひらサイズがかわいらしい木製のお皿とスプーンのセットです。丈夫さに定評があるイタヤカエデという木材を使っています。ミニサイズなので、おかゆやすりおろした野菜などを1口づつ食べさせるような離乳食開始時期にぴったりでしょう。使う時期が過ぎたら、薬味入れやバター入れとして、食卓で活躍させてはいかが?ピアスを入れたり、オシャレなインテリア雑貨としても使えそう。

【商品情報】

ぺレンツてのひら皿・食べさせスプーン(薗部産業株式会社)/4,968円(税込み)

2. ベビー・テーブルウェア・セット

 

ママ達の間でも人気が高い キッチンウェアメーカー、ル・クルーゼ。赤ちゃん用の食器セットもあるんです。ル・クルーゼならではの優しい色合いと温かみのある質感は、飾りたくなるようなかわいらしさ。お食い初めの儀式にはもちろん、普段使いにも活躍。赤ちゃんが目の前のものを投げたり落としたりする時期さえ注意すれば、長く使うことができるでしょう。

【商品情報】

ベビー・テーブルウェア・セット(ル・クルーゼ)/16,000円(税抜き)

3. プティルパ 子供食器セット

半磁器のプレートと小さなサイズのマグ、オーバルボール、スプーン&フォークがセットになった子ども食器です。マグのくびれたデザインは、小さな手でもしっかり持てるようにという配慮から。同じシリーズの大きめサイズも用意されているので、親子お揃いで食卓を囲むというのも素敵ですよね。

【商品情報】

プティルパ 子供食器セット(スタジオ エム)/5,130円(税込)

4. ジャッキーランチプレートセット

竹でできているランチプレートとスプーン&フォークセット。大人気絵本シリーズ「くまのがっこう」に登場するキャラクタージャッキーが可愛らしい!竹食器は、優しい手触りと温もりが特徴。こんな食器だったら、嫌いな野菜もパクパク食べられるかも?食べムラが気になりだす離乳食後期以降におすすめです。

【商品情報】

ジャッキーランチプレートセット(FUNFAM)/5,400円(税込み)

5. ミキハウス ファースト 食器セット

電子レンジ、食器洗い乾燥機OKのプラスチック素材。食器ばかりでなく、こし網やおろし器、すり鉢、果汁しぼり器など、離乳食作りに必要な道具類がすべてセットになった実用性抜群のセットです。これひとつで、離乳食は初期から後期まで乗り切れるでしょう。くぼみが浅くにぎりやすいスプーンとフォークは、自分で食べる練習の時に便利。

【商品情報】

ミキハウス ファースト 食器セット(三起商行株式会社)/5,400円(税込み)

離乳食を楽しみましょう

なかなか食べてくれない、作るのが面倒、メニューに迷う、アレルギーが心配などなど、新米ママの離乳食にまつわる悩みは尽きないもの。わかります。大変です。でも、離乳食期間は、振り返ってみると本当にあっという間。あんなにも子どもに真正面から向き合って、濃密な時間を過ごすことは、この先ないかもしれないと思えるほど。

そして、食事を通して伝えていく味やマナー、日本の伝統や文化といった食育とても大切なこと。その第一歩が赤ちゃんの離乳食です。気に入った食器を見つけて、少しでも離乳食の時間が楽しいものとなりますように!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP