街で妊婦さんを見かけたときに、女性たちが心がけている「気遣い」10

街で妊婦さんを見かけたときに、女性たちが心がけている「気遣い」10

Bu facebook
Bu twitter
妊娠した女性の体はデリケート。無理をすると、おなかの赤ちゃんや母体に危険があるといいますよね。街でマタニティマークをつけた人やおなかの大きな女性を見ると「やさしくしなきゃ!」と思うもの。では実際、妊婦さんに対してみんなはどんなサポートをしているのでしょう? 働く女性に「街で妊婦さんを見かけたときに心がけている気遣い」について聞いてみました!

■街で妊婦さんを見かけたときに心がけている「気遣い」

●第1位/「電車やバスで席を譲る」……49.2%
○第2位/「ぶつからないように注意する」……23.1%
●第3位/「困ってそうなら声をかける」……20.2%
○第4位/「ドアをあけてあげる」……19.4%
●第5位/「歩きやすいように道をあける」……15.7%
○第6位/「近くで見守る」……12.4%
●第7位/「エレベーターのボタン操作をしてあげる」……12.0%
○第8位/「何もしない」……9.1%
●第8位/「荷物運びを手伝う」……9.1%
○第10位/「近くでの喫煙は控える」……7.0%
※複数回答式・第11位以下は略。

■第1位/「電車やバスで席を譲る」

第1位は49.2%で「電車やバスで席を譲る」でした! 身重の体で立っているのはつらいもの。揺れて転んだりしては危険なので、座らせてあげたいですよね。優先席でなくとも、席を譲る心配りをする女性が多いよう。

■第2位/「ぶつからないように注意する」

第2位は23.1%で「ぶつからないように注意する」。妊婦さんの体に配慮して、自分がぶつからないように行動する女性も。おなかが大きい場合、機敏に動くことができません。まわりの人が、こんな風に行動してくれれば安心して妊婦さんもお出かけできそう。

■第3位/「困ってそうなら声をかける」

第3位は20.2%で「困ってそうなら声をかける」がランクイン。相手の状況を察知して、自分から声をかけるという女性も。見知らぬ人に話しかけるのは、意外と勇気がいること。これができる女性がこんなにいるなんて、素敵なことですね。

■まとめ

最近、妊婦や子連れの女性への暴言や暴力がニュースになっています。同じ女性として、こんな悲しいことが減るように配慮していきたいですよね。あなたは、街で妊婦さんを見かけたとき、どんな気遣いをしていますか?

(渡辺理絵)

※画像はイメージです。

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数242件(マイナビウーマン会員:22歳~34歳の働く女性)。

関連リンク
7000人の妊婦を運んだ!? 今、妊婦に人気の「陣痛タクシー」とは?
嫌がらせの対象に? 「マタニティマーク」は付けないほうがいい?
未来の私はどんな母親? 「ママタイプ」診断
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP