子供の感性を育てる!おすすめの絵本・児童書ランキング

子供の感性を育てる!おすすめの絵本・児童書ランキング

Bu facebook
Bu twitter
絵本

子供たちは絵本が大好きですよね。幼い頃から絵本とたくさんふれあうことで、言語や感性の育成、情緒の安定など子供にとって絵本はメリットがいっぱいです。ページをめくるたびに広がる物語の世界を満喫できる絵本は、子供の心の成長にとって欠かすことのできないものといってもいいでしょう。

そんな魅力いっぱいの絵本ですが、書店や図書館に行くと、数えきれないほどの本が並んでいますよね。「どの絵本がいいのか分からない…」なんて思うこともあるのではないでしょうか。そこで今日は子供の感性を育てるために、ぜひ読ませたいおすすめの絵本をランキング形式で紹介します。

1位 どうぞのいす 香山美子著(ひさかた絵本傑作集)

51n5lV9py8L

うさぎさんが椅子を作って「どうぞのいす」という看板を立てかけたところから物語が始まります。そこへやってきたのはろばさん。ろばさんは「どうぞのいす」にどんぐりを置いてひと眠りしてしまいます。するとそこにやってきたのは…。

椅子にやってくる動物たちから「どうぞ」と相手にゆずる思いやりの気持ちを学べる一冊。子供への読み聞かせだけでなく、保育園や幼稚園などの劇でも採用される大人気の絵本です。

  • 「みんなに親切にしましょう」っていう気持ちが育ってくれそうな一冊です。(こうたママ/Amazon)
  • ある方の紹介で購入。久々に心が洗われました。(シニカル/Amazon)
  • 柿本さんの絵がやさしくすばらしいです。(kerokerobook/Amazon)

2位 おおきなかぶ A. トルストイ著(こどものとも絵本)

51FHB67P9QL

おじいさんが畑を耕してかぶの種をまいたところ、あまりにも大きく育ってしまい一人では抜けなくなってしまいました。おばあさんを呼んできて「せーの。うんとこしょ、どっこいしょ。」と二人で掛け声をかけますが、抜けません。困ったおじいさんとおばあさんは…。

みんなで力を合わせることの大切さを教えてくれる絵本です。「うんとこしょ、どっこいしょ。」とふだん子供たちが使わない言葉の繰り返しで、読み聞かせのさいに、声を出しながら一緒に楽しめる絵本です。

  • とてもリズミカルで楽しく読める1冊だと思います。(にょにょ/Amazon)
  • 昔から良いものとされてきた本は、本当に質が良いのですね。子どもを惹きつけるようです。(rerun/Amazon)
  • 絵に迫力があります。(たま/Amazon)

3位 はらぺこあおむし エリック・カール著

51GG0651VQL

日曜日の朝に生まれたあおむしは、おなかがぺこぺこだったので食べ物を探しはじめます。月曜日にはりんごを一つ、火曜日にはなしを二つ…。食べ続けたあおむしは…。

あおむしの成長をカラフルな絵や数字から学んでいける絵本で、0歳から楽しめます。「はらぺこあおむし」は33カ国語に翻訳されている世界的ベストセラーです。

  • あおむしの成長をカラフルや色彩や数などから学んでいける絵本で、0歳から楽しめます。「はらぺこあおむし」はアメリカの絵本作家エリック・カールが1969年に出版した絵本です。世界的ベストセラーであり現在は33カ国語に翻訳されています。
  • 色づかいの見事さに自分自身が惚れ込み、即購入を決めました。(toto1973/Amazon)
  • 息子が相当気にいっている様子。この絵本を選んでよかったです。(あどママ/Amazon)
  • 1から2歳児に与えるなら、ボードの方を大推薦。持ち運びも楽です。(けろろん/Amazon)

4位 しろくまちゃんのほっとけーき わかやまけん著(こぐまちゃんえほん)

51Vn2i+J7oL

しろくまちゃんとおかあさんが一緒にホットケーキを作ります。道具と材料をそろえてスタート。卵を落としてしまったり、混ぜながらこぼしてしまったりしながらおいしそうなホットケーキができあがります。

この絵本では、「ぽたあん、どろどろ、ぴちぴち、ぷつぷつ」などホットケーキが焼きあがっていく様子を、独特の擬音で楽しめる絵本です。カラフルで可愛らしいイラストも魅力の一冊。

  • フライパンの上での過程では焼きあがるまでの音がいいですね。(カスタマー/Amazon)
  • この本を通じて、現代の食生活において失われがちな「だんどり」の大切さを学びました。(la pom 2002/Amazon)
  • 1歳半の息子が、毎日のように「読んで~」と持ってくるほどのお気に入りです。(きんきん/Amazon)

5位 きんぎょがにげた 五味太郎著(福音館の幼児絵本)

51Bwkd802KL

きんぎょが一匹、金魚鉢から逃げ出しました。どこに逃げたのでしょう。カーテンの赤い水玉模様の中にかくれています。おや、また逃げました。こんどはどこへ…!?

ページをめくるたびに、逃げたきんぎょを探す楽しさいっぱいの絵本です。小さなお子さんでも指を指しながらきんぎょを探せ、興味を引くこと間違いなしの一冊。

いかがでしたか。絵本は赤ちゃんから楽しめます。小さい頃から絵本に親しむことで、子供の感性もすくすく育つでしょう。子供の心がワクワクドキドキする一冊を選んで、一緒に読んであげてくださいね。

  • 色づかいもとてもきれいで分かりやすい。(とも子/Amazon)
  • 親子で一緒に楽しめる一冊となっており、とてもオススメです!!(カスタマー/Amazon)
  • 赤ちゃんにもいい本だと思います。(やんま/Amazon)

参考/ Amazon 「絵本・児童書の売れ筋ランキング」

関連コラム

子供に薦めたい私大ランキング
絶対に読んで欲しい!今人気の絵本・児童書 厳選3作品!
子供に薦めたい国公立大学ランキング
コミュニケーションの基本!挨拶は習慣化が大切

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP