私の期待が娘を苦しめていた…不登校を選んだ娘が、あの時感じていたこと

私の期待が娘を苦しめていた…不登校を選んだ娘が、あの時感じていたこと

Bu facebook
Bu twitter

小3の2学期で「学校をやめる」と宣言した娘の、その後

私の期待が娘を苦しめていた…不登校を選んだ娘が、あの時感じていたことの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10146003432

私には、現在小学3年生で不登校の娘がいます。今年の2学期、始業式から帰宅した後に「私、学校をやめるね」と宣言してからのことです。

それからは1度も学校へ行っていません。
迷い苦しみながらも自分で「学校をやめる」という決断を下した娘に、学校への未練はないようです。

その後は、自分でスケジュールを決めて勉強してみたり、やりたいことが見つかると夢中になって何時間も没頭したり、時々お散歩してみたり。

毎日、のびのびと楽しく過ごす娘を見ていると、私も穏やかな気持ちになります。

一方、それでも娘にとってのストレスになっていることは残りました。それは

●学校がある時間に出歩いていて他人に変に思われないか
●学校に来ない理由を聞かれると困るので、お友だちに会いたいけれど会えない

ということです。

「別にサボっている訳ではないのだから、堂々としていればいいのよ」と声をかけてみるのですが、「ママはそう言ってくれるけど、世間の目はそんなに甘くないよ」と諭されます。

お友達に会いたいのに会えない。子どもが抱える葛藤に親ができること

私の期待が娘を苦しめていた…不登校を選んだ娘が、あの時感じていたことの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10568000945

とても現実的な娘は、世間を厳しく見ているようです。
そもそも、娘が学校をやめると決めた1番の要因は「すでに知っていることを授業で何時間も聞かなければならないのが苦痛」というもの。

このことについて「一生懸命授業を受けているお友だちに失礼だ」と思っている娘は、きちんと説明もできず、病気だと偽ればお見舞いのお手紙がポストに届くので、心苦しくなります。

こうした理由で、お友だちには会いたいけれど会えないという葛藤があるのです。

ただこれも、学校をやめる前にメリット・デメリットを話し合った際に挙げていた項目だったので、これと引き換えに家で毎日自由に学べる環境を手に入れた、ということで納得はしているようです。

これから少しずつ、自分の中で折り合いをつけていくことでしょう。
私にできることは、その時々で娘が感じた不安に共感し、結論を急がせないことだと思っています。

これまで「学校をやめる」ことを知らなかった娘。選択肢をもっと早く伝えていたら…

私の期待が娘を苦しめていた…不登校を選んだ娘が、あの時感じていたことの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10568003555

娘が、自宅で家族と過ごす様子があまりにも楽しそうなので、「なぜ、3年生になるまで我慢して学校に通っていたのだろう?」とふと疑問に思い、尋ねてみました。

「1~2年生の間は、1度も学校をやめたいって言わなかったよね?ずっと苦しんできたはずなのに、どうしてあの頃は『学校やめたい』って言わなかったの?」

娘の回答はいたってシンプルなものでした。
「だって、あの頃は『学校をやめる』っていう選択肢があることを知らなかったから。そういう選択肢があるって知っていたら、もっと早くに楽になっていたと思う。

なるほど…。
振り返ってみると実際、「学校に行かなくてもいい」という選択肢が私の中に芽生えたのも、娘が3年生になってからでした。

そういう道もある、ということは頭ではもちろんわかっていましたが、母である私は学校生活を楽しんで大人になったため、「学校でしか学べないこともある」「普通の学校生活を送って欲しい」という気持ちの方が大きかったのです。

苦しんでいる娘にきちんと「学校に行かない」という選択肢を提示しなかったことで、彼女を長い間苦しめてしまい、申し訳なく思いました。

私の期待が娘を苦しめていた…不登校を選んだ娘が、あの時感じていたことの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28174007523

重い足どりで学校へ向かう娘をなんとか送り出せた日には、「今日は行ってくれて良かった」と思っていた私。

でもそれはあくまでも、母である私の理想通りに娘を動かせたことへの達成感であり、本当に娘のためになっていたかどうかは別の問題だったのだと気付きました。

そんな試行錯誤の時間があったからこそ、家族みんなが納得のいく「学校をやめる」という選択ができたのだと思います。

これからは、私の希望に沿わない選択肢もきちんと提示し娘自身が納得して選んだ道を応援していきたいと思います。

理想を抱くことは誰しもある。しかし、子どもの選んだ道を信頼できる親でありたい

私の期待が娘を苦しめていた…不登校を選んだ娘が、あの時感じていたことの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11032003800

運動会シーズン真っ只中、娘の小学校でも運動会が開催されました。もちろん、学校へ行っていない娘は運動会に参加していません。
昨年の運動会の写真を眺めていると、

「やっぱり運動会で頑張っている娘の姿を見たかったな」
「去年が見納めになると思わなかったな」
「もう2度と運動会を観に行くことはないのかな」…

そんな思いがこみ上げてきます。正直、寂しい。

でもそれは、全て私の希望であって、娘が運動会に出たいわけではないのです。親の期待に応えるために、心を壊してまで子どもが頑張る必要はないのです。

きっとこれは、私自身が親として成長するチャンス。

子どもは親の所有物ではなく、親の希望を叶えるために生きているのではない。そう自分に言い聞かせ、気を引き締めながら娘の成長を見守っていきたいと思います。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP