海外絵本に巡り合える図書館!いたばしボローニャ子ども絵本館

海外絵本に巡り合える図書館!いたばしボローニャ子ども絵本館

Bu facebook
Bu twitter

絵本は子育てに取り入れることで、情操教育上のメリットがたくさんあると言われていますね。就寝前に読み聞かせをしているというママも多いと思います。

そんな子育てのマストアイテム絵本専門の図書館があるのをご存知ですか?東京都板橋区にある「いたばしボローニャ子ども絵本館」は、世界約85カ国、約2万5千冊の絵本を所蔵している全国でも珍しい絵本専門の図書館です。

今回はそんないたばしボローニャ子ども絵本館についてご紹介します。

いたばしボローニャ子ども絵本館とは

廃校を地域のコミュニティとして有効活用した図書館

図書館,絵画,絵本,図書館 出典:www.city.itabashi.tokyo.jp

「いたばしボローニャ子ども絵本館」は、東京都板橋区にある板橋区立の絵本専門の図書館です。2004年に旧板橋第三小学校の建物の一部を利用して開館しています。館内はどこか懐かしい木の温もりあふれる空間になっていて、とても落ち着く雰囲気です。

こちらの図書館では、イタリアのボローニャで開催されるボローニャ国際児童図書展事務局から寄贈された約85か国、25,000冊の絵本を所蔵しているそうです。絵本の閲覧は館内のみとなっていて、個人への貸し出しは行っていません。

いたばしボローニャ子ども絵本館のおすすめポイント

【1】ママと子どもに優しく過ごしやすい図書館

いたばしボローニャ子ども絵本館,絵画,絵本,図書館 出典:www.facebook.com

いたばしボローニャ子ども絵本館の館内は、学校の図書館といった雰囲気で、カーペット敷の小部屋があります。ここでは親子で絵本の読み聞かせなどが行われています。

靴を脱いでくつろげるスペースなので、小さな子どもがみんなで一緒になって、楽しく過ごせそうですね。まだ歩けないような小さな子ども連れのママでも、ここなら安心して過ごせます。

【2】シーズンに合わせた絵本や展示物が多数

いたばしボローニャ子ども絵本館のクリスマス本,絵画,絵本,図書館 出典:www.facebook.com

たとえば、クリスマスが近づいてくると、クリスマス関連の世界の絵本をたくさん展示するなど、シーズンに合わせて展示する絵本が変わるのも魅力的です。

外国の絵本も多いので、国によって、絵本の大きさや作り方、デザインの違いを感じることができます。なかでもしかけ絵本は素晴らしく、絵本というより芸術の域を感じるその完成度に子どもだけでなく大人も夢中になってしまいますよ。

いたばしボローニャ子ども絵本館のおすすめイベント

【1】世界の絵本おはなし会

世界の絵本おはなし会,絵画,絵本,図書館 出典:www.city.itabashi.tokyo.jp

いたばしボローニャ子ども絵本館では、毎週土曜日にボランティアの方による幼児から小学生向けの「世界の絵本おはなし会」を開催しています。

イベントでは、絵本や紙芝居の読み聞かせのほか、海外絵本の紹介なども行っています。入場は無料で、大人も参加できるのでぜひ親子で参加してみてくださいね。

【2】いたばし国際絵本翻訳大賞

板橋区では、「いたばし国際絵本翻訳大賞」というコンテストを行っています。これは、外国文化に触れ国際理解を育むために1994年から外国語絵本の翻訳を募集しているものです。

毎年、数百点の応募があり、一部の本は実際に翻訳本として発売されています。毎年募集しているので、興味のある方はぜひ参加してみて下さいね。

いたばしボローニャ子ども絵本館の住所、TEL等の基本情報

【住所】
東京都板橋区本町24番1号

【アクセス】
都営三田線 板橋本町駅から290m
都営三田線 板橋区役所前駅から930m
都営三田線 本蓮沼駅から1190m

【営業時間】
午前10時から午後5時

【定休日】
毎週月曜日(祝休日と重なるときは、直後の祝休日以外の日) 月末日

【お問い合わせ】
03-3579-2665

【赤ちゃんデータ】
駅近い ◯
授乳用スペース ◯
雨の日 ◯
ベビーカー ◯
飲食物持ち込み ◯
おむつ交換台 ◯

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

まとめ

いかがだったでしょうか。絵本は子どもに向けての本だと思われがちですが、大人も一緒に読み聞かせをしながら、コミュニケーションをしながらも楽しめるものです。また、日本語になっている絵本の原書もたくさんありますので、読んでみると意外な発見があるかもしれません。

世界中のめずらしい絵本を手に取って読むことができる、いたばしボローニャ子ども絵本館にぜひ親子そろって出かけてみてくださいね!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP