あとで後悔しないように!妊娠中に気を付けたいことと対策方法3選*

あとで後悔しないように!妊娠中に気を付けたいことと対策方法3選*

Bu facebook
Bu twitter
66a2bbb1b4d00c69b58dd2ad169b3a76

1、食べ過ぎない

昔は、2人分食べなさいとよく言われたものですが、最近では食べ過ぎない、太りすぎないように、助産師さんによく言われる内容です。

太りすぎるとどうなるのでしょうか。

  • 産道にお肉がつき、難産になる可能性が上がる
  • むくみが出る妊娠中毒症になるなる可能性が出る
  • 妊娠線ができ、後に残ってしまう

胎児の成長とともに体重の増加はある程度必要です。
だいたい、妊娠時の体系によって多少異なりますが、BMI普通体型の方で7-12キロ程度です。

つわり等の症状が治まる、妊娠中期になったら、
ウォーキングやマタニティヨガ等体を動かすようにしましょう。

2、ストレスを溜めない

妊娠初期は体の変化とともに、精神的にも神経質になってしまいがちです。
妊娠中に慢性的で強いストレスを感じ続けると、早産や低出生体重児、流産の確率が上がることは様々なデータによって明らかにされています。

お母さんの気持ちや考えはすべて赤ちゃんに伝わります。
お腹の張りや、動悸がするときは、赤ちゃんからのSOSだと思い、横になったり、休息しましょう。
症状が治まらないときは、安静にしましょう。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP