ぐりとぐらシリーズの絵本&グッズ10選!口コミで人気のおすすめは?

ぐりとぐらシリーズの絵本&グッズ10選!口コミで人気のおすすめは?

Bu facebook
Bu twitter

パパママの赤ちゃんだった頃から発売されている「ぐりとぐら」シリーズは、時代を経ても愛される魅力がたくさん!定番の『ぐりとぐら』の絵本だけではなく、色んなシリーズやグッズが発売されています。

今回は、『ぐりとぐら』の絵本やグッズで口コミで人気のおすすめをご紹介します。今まで『ぐりとぐら』1冊しか読んでいなかった人は、これをきっかけに、シリーズ全てを制覇してみませんか?

ぐりとぐらシリーズの絵本の特徴

ぐりとぐらってこんなキャラクター

「ぐりとぐら」の絵本,ぐりとぐら,絵本,グッズ 出典:オリジナル

ぐりとぐらは、のねずみの兄弟。それぞれ、ぐりは青い服、ぐらは赤い服を着ています。『ぐりとぐら』のタイトルも、ぐりは青、ぐらは赤で書かれているんですよ。

ぐりとぐらの2人はいつも一緒。お散歩したり、おでかけしたりして過ごします。生みの親でもある「なかがわ りえこ」さんは、保育園の先生だったそう。

子どもたちが喜ぶ話を考えた結果、ぐりとぐらがうまれたようです。挿し絵をてがける「やまわき ゆりこ」さんは、実は「なかがわ りえこ」さんの妹。

ぐりとぐらのモチーフは、なんと大学4年生の夏休みにあったとか!「やまわき ゆりこ」さんは、大学ではフランス語専攻だったため、翻訳の作品もあります。

ほのぼのした暮らしぶりを描く

「ぐりとぐら」の絵本の1ページ,ぐりとぐら,絵本,グッズ 出典:オリジナル

『ぐりとぐら』の絵本を読んで、「ためになった!」「子どもが自発的にこう動くようになった!」といったような教訓はあまりありません。

「絵本を読んで寝てくれるようになった」なんて効果を期待していると、裏切られてしまいます。

ですが、ぐりとぐらが住んでいるところには、自由で気ままな時間が流れていて、おいしそうな料理もいっぱい。

身体よりも大きくできたカステラ、シートにめいっぱい広げたピクニックのお弁当など、読むと「おでかけしたいね!」といった気分になれます。

ぐりとぐらのおすすめ絵本&グッズを紹介します!

【1】ぐりとぐら|なかがわりえこ やまわきゆりこ

何回も読みたい!ベストセラー本

ぐりとぐら (こどものとも傑作集),ぐりとぐら,絵本,グッズ 出典:www.amazon.co.jp

ぐりとぐらシリーズの最初の本といえばこれ。のねずみのぐりとぐらがでかけると、大きなたまごが……。

それで作ったカステラは何て大きいんでしょう!森のなかまたちと一緒に食べる様子もほのぼのします。

この絵本のおすすめポイント

何といっても、大きなカステラ!この本を読んで、カステラが食べたくなって子どもと作ったママも多いと聞きます。

ホットケーキミックスでもカステラはできるとか。挑戦してみましょう!

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 972
*ブランド:子どもの文化普及協会
*メーカー:福音館書店
*著作者:なかがわ りえこ
*ページ数:28

口コミ

・「ぐり、ぐら」という反復が心地よく、テンポが良いので読み手もリズムよく読めます。
・本が好きになるきっかけの絵本だと思います。
・何度読み聞かせても苦ではなく、親子で楽しめる絵本です。
・食のこと・冒険心・思いやりなど、この絵本からたくさんの刺激を与えてくれそうです。
・色々な動物が出てくるので、動物の名前を覚え始める頃に読むと良いかもしれません。

【2】ぐりとぐらのえんそく|なかがわりえこ やまわきゆりこ

えんそくに出かけた先には……

ぐりとぐらのえんそく (こどものとも傑作集),ぐりとぐら,絵本,グッズ 出典:www.amazon.co.jp

大きなリュックをしょって、水筒を持って。ぐりとぐらは、歌をうたいながら野原に向かいます。野原でつまづいた毛糸をたぐってみたら、くまさんの家で……。

この絵本を読むと、遠足に出かけたくなります。

この絵本のおすすめポイント

くまさんと外でピクニックのようにしてごはんを食べるシーンが素敵です。温かくなったら、お外でごはんを食べてリフレッシュしたいですね!

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 972
*メーカー:福音館書店
*著作者:なかがわ りえこ
*ページ数:32

口コミ

・内容の所々に思いやりが感じられるのが良いところだと思います。
・ストーリーの構造がしっかりしているのでシリーズの中で一番のお気に入りです。
・遠足に行く前に子どもに読み聞かせてあげると大喜びすると思います。
・絵がやわらかく登場する「くまさん」も威圧感がなく優しい絵本です。

【3】ぐりとぐらのかいすいよく|なかがわりえこ やまわきゆりこ

泳ぎは得意?苦手?その秘密が明らかに!

ぐりとぐらのかいすいよく (こどものとも傑作集),ぐりとぐら,絵本,グッズ 出典:www.amazon.co.jp

浜辺でみつけたあきびんの中に入っていたのは、地図、浮き袋、海ぼうずからの手紙。海にはたして行けるでしょうか。

この絵本のおすすめポイント

海ぼうずとぐりとぐらの大きさの対比が面白い!泳ぎは、クロールやバタフライじゃありません。くらげ・およぎ、くじら・およぎ、ひらめ・およぎ……。

どんな泳ぎかたなんだろう?とプールで挑戦してみたくなりますよ。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 972
*メーカー:福音館書店
*著作者:なかがわ りえこ
*ページ数:32

口コミ

・雨の日はこの絵本のに出てくる泳ぎ方を真似て運動しています。
・子どもの想像力を養える絵本だと思います。
・水に顔をつけるのが不得意な子どもでしたが、この本を読んでからは多少抵抗がなくなったようで良かったです。
・ぐりとぐらが泳ぐシーンが強く子どもの印象に残るようです。

【4】ぐりとぐらのおおそうじ|なかがわりえこ やまわきゆりこ

ほのぼのできるおおそうじシーン

ぐりとぐらのおおそうじ (日本傑作絵本シリーズ),ぐりとぐら,絵本,グッズ 出典:www.amazon.co.jp

ぐりとぐらにとっての「おおそうじ」は年越しではありません。窓をあけて「はるのにおい」を感じられたら、おおそうじのタイミング。

掃除道具を自分たちで作るのが、ぐりとぐら流です。

この絵本のおすすめポイント

掃除をした後、すっきりした部屋は圧巻。身体に布を巻きつけてオリジナルの”はたき”にしたぐりとぐらを、おばけと間違うシーンもあったりして。

掃除を自主的にしてくれる子になることを期待して読ませてみるのもアリですね!

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 972
*メーカー:福音館書店
*著作者:中川 李枝子
*ページ数:32

口コミ

・ぐりとぐらが古い服を身にまとって雑巾になって掃除するところは、リサイクルや楽しく掃除することの良さを自然に学んでくれるのではないかと思います。
・出てくる植物のひとつひとつが、とても忠実に描かれているところがすごいと思いました。
・必ず食に関することが出てくるところに心が和みます。

【5】ぐりとぐら 絵はがきの本|なかがわりえこ やまわきゆりこ

手紙を書きたくなるグッズ

ぐりとぐら 絵はがきの本,ぐりとぐら,絵本,グッズ 出典:www.amazon.co.jp

20の場面が絵はがきになった商品は、特製シールつき。旅行先から知り合いに出したり、額に入れて机に飾っておいたり、ちょっとした感謝の気持ちをしたためたり。

筆まめな人じゃなくても、つい手紙を出したくなりますよ。見ると、子どもも喜んで、手紙を出したいと思うかもしれません。

このグッズのおすすめポイント

20枚セットで800円+税なので、1枚あたりは40円程度。この価格でぐりとぐらの絵はがきが買えると思ったら安いもの。

よく手紙を書く人の誕生日プレゼントにもおすすめです。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 864
*メーカー:福音館書店
*著作者:なかがわ りえこ
*ページ数:20

口コミ

・季節に合わせて使いたくなります。
・ひらがなを勉強している孫へひらがなを書いて送りました。ぐりとぐらのことが好きなこともあり、喜んで読んでいるようです。
・シンプルでかわいくてシールもついていて魅力的です。

【6】ぐりとぐらとすみれちゃん|なかがわりえこ やまわきゆりこ

女の子のお友だち、すみれちゃんが登場!

ぐりとぐらとすみれちゃん (子どものとも傑作集),ぐりとぐら,絵本,グッズ 出典:www.amazon.co.jp

女の子のお友だち、すみれちゃんがこの絵本には登場。大きくて固いかぼちゃを、すみれちゃんのお母さんの方法で割って調理して……。

この絵本のおすすめポイント

ぐりとぐらシリーズには珍しい、幼児の女の子が登場します。病気で亡くなった女の子がモチーフなのだそう。

作ったかぼちゃ料理も、プリンにかりんとう、コロッケやドーナツ、むしパンなど、本当にたくさん。

うさぎさん、あひるさん、りすさん、きつねさんにくまさんと、みんなで食べます。ハロウィンじゃなくても、かぼちゃ料理を作りたくなりますね。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 972
*メーカー:福音館書店
*著作者:なかがわ りえこ
*ページ数:32

口コミ

・子どもと同じくらいの女の子が出てくるので、子ども自身も親近感がわくようです。
・かぼちゃ料理がたくさん出てくるので、料理が好きな子どもにおすすめです。
・切ないエピソードですが、だからこそ親子で読んでほしい一冊です。

【7】ぐりとぐらの1ねんかん|なかがわりえこ やまわきゆりこ

1ヶ月2ページで季節を感じられる絵本

ぐりとぐらの1ねんかん (日本傑作絵本シリーズ),ぐりとぐら,絵本,グッズ 出典:www.amazon.co.jp

1ヶ月で2ページ。片側に絵があり、片側には散文詩のような言葉が。メロディのように音階をつけて読んだりもできます。

どうやって1年間を過ごしているのかな?と楽しくなる1冊。

この絵本のおすすめポイント

ストーリーのある絵本とは違い、1ヶ月2ページ。最初は通して全部読んでみた後は、4月には4月のページを見返してみる方法も。

「ぐりとぐらは、今月、何をしているかな?」と親子で楽しみたいですね。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,404
*メーカー:福音館書店
*著作者:中川 李枝子
*ページ数:28

口コミ

・季節を感じられる絵本で、毎月読むのが楽しみになる一冊です。
・詩のようなリズミカルな文章なので、読み手も歌うように読むことができて楽しいです。
・野菜が出てくるページのおかげで、野菜が嫌いだった子どもが食べられるようになりました。
・ストーリー性がない分、1歳児でも飛びつきます。

【8】おひさまはらっぱ |なかがわりえこ やまわきゆりこ

実はぐりとぐらも登場!

おひさまはらっぱ (福音館創作童話シリーズ),ぐりとぐら,絵本,グッズ 出典:www.amazon.co.jp

なかがわりえこさん、やまわきゆりこさん著作の「活字が多い」本。幼稚園、保育園の年中~年長さんくらいから挑戦できます。

本のタイトルには『ぐりとぐら』は出てきませんが、実はぐりとぐらのスピンオフ版でもあるこの本。

『ぐりとぐらのおおそうじ』と重なる内容ではありますが、1冊あると、絵本から本へのステップアップにも使えそうです。

この絵本のおすすめポイント

ぐりとぐらのスピンオフ。絵本→本の移行期にぴったりです。文字の多い本を読ませたい時に役立ちます。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,404
*メーカー:福音館書店
*著作者:中川 李枝子
*ページ数:192

口コミ

・保育園などに慣れ始めた頃に読むと分かりやすく最適だと思います。
・『いやいやえん』とセットで読めば、より楽しむことができると思います。

【9】ぐりとぐらといっしょにおでかけ絵本|なかがわりえこ やまわきゆりこ

ぐりとぐらと一緒におでかけ!

ミニトートバッグ付 ぐりとぐらといっしょにおでかけ絵本 ,ぐりとぐら,絵本,グッズ 出典:www.amazon.co.jp

トートバッグつきの絵本です。7冊の小型本が入った、ミニトートバッグがセットです。7冊は、ぐりとぐらのあいうえお、ぐりとぐらの1・2・3など。

正方形のミニサイズ絵本は、軽く薄いので、おでかけ先でも持っていける絵本。トートバッグだけでも持ち歩きたくなりますね。

この絵本のおすすめポイント

持ち運びができる絵本とトートバッグは、持っていると自慢できること間違いなし!売り切れ続出なので、売っている本屋さんを見つけたら即買い必須です!

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 3,240
*メーカー:福音館書店
*著作者:中川 李枝子

口コミ

・難しいなぞなぞもありますが、楽しく勉強できる充実した内容です。
・コンパクトサイズで持ち運びにも便利です。

【10】ぼくらのなまえはぐりとぐら|福音館書店母の友編集部

大人のためのぐりとぐら本

ぼくらのなまえはぐりとぐら―絵本「ぐりとぐら」のすべて。,ぐりとぐら,絵本,グッズ 出典:www.amazon.co.jp

子ども向けというよりか、ママ向けの『ぐりとぐら』です。なかがわりえこさん、やまわきゆりこさんがシリーズ誕生の秘密、制作エピソードなどを発表しています。

中には、ぐりとぐらのカステラレシピも。大人が読んで、より知識を深められる1冊です。

この絵本のおすすめポイント

ぐりとぐらの舞台裏を知ることができるので、ぐりとぐら博士になれる!子どもに自慢することもできますよ。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,836
*メーカー:福音館書店
*ページ数:240

口コミ

・子どもの頃に読んでいた『ぐりとぐら』が、違った解釈で読めて納得させられます。
・子どもの読み聞かせの時も、話を広げられるので良いと思います。
・ぐりとぐらの折り紙の折り方など、子どもと違う面から楽しめるヒントがたくさん詰まった本です。

【番外編】じぶんでつくる6さいまでのアルバム|やまわきゆりこ

育児記録としても活躍できるアルバム

じぶんでつくる6さいまでのアルバム,ぐりとぐら,絵本,グッズ 出典:www.amazon.co.jp

ぐりとぐらの雰囲気が好きなら、作者のやまわきゆりこさんの、『じぶんでつくる6さいまでのアルバム』も。これは、自分で書きこむアルバムです。

育児日記として6歳の小学校入学まで書き込んで、オリジナルの1冊にすることができますよ。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,080
*メーカー:福音館書店
*著作者:やまわき ゆりこ
*ページ数:32

口コミ

・子ども自身で作ることはもちろん、親が作ってプレゼントするにも良い思い出となりそうです。
・絵本のように本棚に飾って、時折子どもと一緒に読んでは笑っています。
・お気に入りの洋服や好きなおもちゃを書くところなどがあり、書いていくのが楽しみになりました。

まとめ

ぐりとぐらシリーズの絵本やグッズ、たくさんの種類がありますね。絵本は、読んだつもりになっていたとしても、読み忘れがあるかもしれません。

特に、タイトルに「ぐりとぐら」とついていない絵本は要チェック!

また、ぐりとぐらを読んで、「おもしろい!」と感じたら、著者のなかがわりえこさん、やまわきゆりこさんの作品を調べてみるのもおすすめです。

親子で知識を深めて、ぐりとぐら博士になってみましょう!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP