【出産体験談】お腹の痛みが陣痛だとすぐわかったが…【経産婦】

【出産体験談】お腹の痛みが陣痛だとすぐわかったが…【経産婦】

Bu facebook
Bu twitter

経産婦の方は兆候や陣痛に気づきやすいのでしょうか。また、陣痛が来てからの行動はいかがでしょうか。陣痛にすぐ気づいたという「うさぎとかえる」さんの場合はどうでしょう。

今回は、経産婦である「うさぎとかえる」さんから頂いた出産体験談をまとめました。

妊娠から出産までの気になるあれこれ

妊娠の経緯・方法は?

自然妊娠

出産時の年齢は?

29歳

出産したときの妊娠週数は?

1人目は39週目
2人目は40週目

妊娠時、上の子の年齢は?

1歳

2人の子どもの出産場所は?

1人目、2人目、ともに岩崎医院というクリニックでした。場所は群馬県太田市です。

1人目の出産を経験し、安心した入院生活を送る事ができたので、2人目の妊娠がわかった時、迷いもなく同じクリニックにしようと決めました。

出産方法は?

1人目は、吸引分娩でした。へその緒が手に巻きついてしまってなかなか上手く出てくる事ができなくて、急遽吸引となりました。分娩時間的には30分と短かったです。

2人目は普通分娩でした。分娩時間はやはり2人目という事もあり、1人目より短かったです。

里帰り出産をした?

同じ市内に実家があるので、分娩までの間は里帰りしませんでした。ですが、出産後、里帰りして過ごしました。1人目も2人目も、すべて同じようにしました。

1人目より2人目の方が、里帰り期間は長くなってしまいました。里帰り期間中は、たくさん甘えさせてもらいました。

分娩はどうだった?

陣痛がきてから入院までの経緯は?

自宅で夕食後、なんとなく陣痛がきているのが分かったので、1人目の子どもと一緒にお風呂に入りました。温まると陣痛も強くなる、と聞いたことがあったためです。

ちょうど子どもが風邪気味で、お風呂上がりに実家の両親に電話をし、今日中に生まれそうな気がするから、迎えに来て欲しいと伝え、夜21時前に子どもを迎えに来てもらいました。

子どもとバイバイし、主人にも、いつ病院に行ってもいいように準備してもらっていました。

そこからが早かったです。痛みの感覚が10分をきり、病院に電話し、すぐに来て下さいと。夜だった事もあり、普段15分程かかる所が10分で到着。だから良かったのかもしれないです。これが昼間だったら、大変な事になっていたかもしれません。

看護師さんに「経産婦なんだからもう少し余裕を持って来なさい、我慢しすぎ」と軽く注意されてしまいました。

入院から分娩までの時間は?

1人目は約8時間
2人目は約40分

入院から出産までの経緯は?

病院に着き、赤ちゃんの心音など聞こうと思っていたら、子宮口がすで全開になっていたので、すぐに分娩台へ移動。病院に着いてから分娩台に乗るまで10分ほどでした。

そこからが大変で、1人目の時より痛く、いきんだ回数もより多かったです。分娩台に乗ってからの陣痛は、動けなかったから本当に痛くて辛かったけど、時間的には30分かからず、短く感じました。

妊婦健診の際の、子どもの推定体重は最後の健診の時点で、2800gを越えていたけど、実際は2650gと、小さめでした。先生からは、小さいから余計にお産が早かったのかもね、と言われました。1人目は、さらに小さく2600gだったから、少しでも体重が多くて、少し安心したのを覚えています。

まだへその緒がついたままの赤ちゃんを見た時、とにかく無事に生まれてきてくれてありがとうという気持ちになったのも束の間、市で開催するマタニティ参観に参加した際、助産師さんに「まず指の本数を数えなさい」と言われた事を思い出し冷静に指の数を数えてしまいました。

異常はなく、さらに安心しました。

旦那様の出産立会いは?

立会いませんでした。

1人目の時に仕事で間に合わなかったので、2人目の出産も1人目の時と同じ気持ちで挑みたいと思い、廊下で待っていてもらいました。

上のお子様の出産立会いは?

1人目の子どもは、数日前から風邪気味だったので、立会いどころか、病院にもいませんでした。実家にみててもらうよう、お願いしました。

もし風邪気味ではなかったとしても、病院に着いたのが夜10時過ぎだったので、その時間は子どもは夢の中。病院に一緒に来れたとしても、立ち合うことはできなかったと思います。

本音は、母親の苦しむ姿、痛みもがく姿を子どもには見せたくなかったからです。

当時まだ2歳だった1人目が、もう少し大きく、5歳~6歳にもなっていたら、生命の誕生の瞬間、一緒に経験させてあげたかったかもしれませんが、まだ年齢的に、可哀想だと思ってしまったからです。

ママのお腹から産まれると思っている考えを、まだ壊したくなかったからです。

出産後はどうだった?

出産後の入院生活は?

完全個室で、シャワーやトイレも完備でした。しかもまだ入院病棟が新しく改装されたばかりで、最高の入院生活でした。

出産したのが夜だったので、母子同室は翌日の午後からになりました。いくら2人目だし経験があるとはいえ、あんなに小さかったなんて、とても新鮮だったし、でも小さくて少し怖かったです。

母乳指導もありましたが、母乳も翌日からしっかり出ていたし、飲み方も上手だったようで、悪戦苦闘したのは3日目までで、それ以降は癒しの時間でした。

食事もとても美味しく、さらにお祝い膳も豪華で、幸せな時間でした。

入院生活は5日間で、あっという間でした。

費用は、出産一時給付金のおかげで、実費は3万円ほどでした。出産一時給付金は、本当にありがたいと思います。

出産後の上の子の様子は?

赤ちゃん返りというか、産まれる前まではトイレトレーニングが上手くいっていて、ほぼ失敗もなかったのですが、産まれてから急に失敗する日々が続き、また1からのスタートとなってしまいました。

私の実家に預けていました。保育園に通っていて、実家からも近かったので、そのまま両親にお願いし、保育園へは変わらず通っていました。

保育園が終わった夕方、祖母と2人で面会に毎日来てくれました。もう赤ちゃんのことが、かわいくてかわいくてたまらない様子でした。触りたい、抱っこしたい、ばかりで大変でした。面会時間が終わり、帰る時も一切泣いたりワガママを言ったりする事なく、本当におりこうにしていてくれました。

名前が決まった時も、ずっと呼んでいました。

経産婦ならではのエピソードは?

陣痛だとすぐにわかりましたが、どちらかというと痛みに強かったので、まだまだこれから、という気持ちで、自宅でやれる事(家事)をしていました。やはり経験をしているので、落ち着いて、先生の指示など聞きながら出産できました。

母乳は、出産した翌日から出ました。1人目は母乳とミルクで混合でしたが、2人目は完母でした。

体力的には、1人目もいるので正直ゆっくりなどしていられませんでした。あっという間に1日が終わっていました。

1人目の時は、産後、生理が1ヵ月もしないできたのですが、2人目は半年後でした。

床上げは3週間前だったので、1人目より早かったです。ですが、1人目と2人目のお産方法が違ったので、2人目の方が産後は身体が楽に感じました。1人目の時はお股が2週間近く痛かった気がします。

出産後の上の子への接し方の変化は?

1人目に対して、怒ってはがり、そして反省し時に涙する日々ばかりになってしまいました。2人目が産まれる前は、お姉ちゃんだからなどは言わないようにしようと思っていたのに、ついつい出てしまう。

それに、ちょっと待ってて、と待たせてしまう事が増えてしまいました。我慢させてばかりです。

1人目の子どもは、我慢の限界の時など、私ではなく、私の両親に八つ当たりをしたりしてしまいます。その度に、我慢させちゃってる、と反省しますが、後から反省しても遅いですよね。

2人目の事は、毎日かわいいと言ってくれるし、生まれてきてくれてとってもうれしいよと言ってくれます。

1人目の子どもがいたから、私は今2人目の子育てができているし、1人目の子どもには感謝の気持ちしかありません。

まとめ

以上、「うさぎとかえる」さんの出産体験談でした。出産を経験されている方のお話を参考にして、出産への不安を解消できるといいですね。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP