どうするのが効果的?親が子供に勉強を教えるときのポイント

どうするのが効果的?親が子供に勉強を教えるときのポイント

Bu facebook
Bu twitter
勉強

親であれば誰でも、子供に勉強を好きになってもらいたいと願うものですよね。そのためには、親の手助けはとても大切なことです。しかし現実は、小学1年生の子供を持つ母親が勉強をつきっきりで見てあげられる時間は1日平均約30分しかないのだそうです。ワーキングママのご家庭では、これよりも少ないかもしれません。

この短い時間の中で、子供が勉強を好きになるように、そして勉強を楽しめるように導いてあげるには、親はどうしたら良いのでしょうか。

今回は、子供の勉強を親が見てあげるときの注意点をご紹介します。

怒ったり、否定したりせず、褒めて伸ばす

親が子供に勉強を教えるときに、絶対に気をつけてほしいことは『怒らない』『否定しない』ことです。

大人である親なら当たり前に分かることでも、子供にとっては初めて解く問題かもしれません。できなくて当たり前だということを常に頭において、根気強くつきあってあげましょう。

一生懸命挑戦しているのに、途中で親から「ほら!ここ違っているわよ!」「頭が悪いね!」「さっきも教えたでしょう!」と感情的な言葉や、人格を否定されるような言葉を投げつけられたら、子供たちはたちまち自信ややる気を失ってしまいます。

そして、「勉強ができなかったら、親から叱られる。否定される」という固定概念が身につき、勉強自体が嫌いになってしまうかもしれません。また「なぜ分からないの??」という台詞にもご注意。なぜ分からないのか。まさに今、子供たちはそれを勉強しているのですから。

たとえ答えが間違っていても、決して「ダメな子だね」「こんなこともできないなんて信じられない」と子供を笑ったり、馬鹿にしたりしてはいけません。このように侮辱されると、子供は「問題を解いて、間違えることは恥ずかしいことなのだ」と感じるようになります。そして、難しい問題に立ち向かう気力を失くしてしまう可能性があるのです。

なるべく、子供のよくできた部分や得意な部分を見つけて、どんどん褒めてあげましょう。こうすることで子供は自信を持てるようになり、勉強に対するやる気も上昇していきますよ。

長時間だらだら続ける勉強方法はNG!

子供の集中力は、決して長くは続きません。小学校の低学年だと15分から30分しか持たないとも言われています。集中力がとぎれたまま勉強を続けさせても、あまり意味はありませんし、効果も出ないでしょう。親は子供が集中できるように、テレビを消す、机の上を片付けるなど勉強する環境を整え、30分集中して子供と向き合ってあげましょう。

短い時間にあれもこれもと詰め込みすぎても、子供には覚えきれないので、どの教科のどのテキストを使って勉強するのかを決めておくことも大切。「1日30分だけなんて、全然足りない!」と思う教育熱心な親御さんも少なくないと思いますが、その場合は30分おきに休憩時間を取るなどして、子供をリフレッシュさせてあげる工夫も必要です。

親子で楽しみながら問題を解く過程を楽しみましょう

子供に勉強を好きになってもらいたいのであれば、「勉強は楽しい」と思ってもらう必要がありますよね。そのために大切なのは、答えを教えるのではなく、答えにたどりつくためのヒントを与え導いてあげるという親の姿勢です。

子供にとって最も大切なのは、解答ではなく、答えを出すまでのプロセスです。自らじっくり考えて答えを導き出すことこそ本当の意味での「勉強」なのです。難しい問題は、親が身近なものに例えてヒントを出してあげたり、漢字クイズ、計算クイズなどゲーム方式で一緒に楽しみながら教えてあげたりしても良いでしょう。こうすることで、子供の理解も早まり、記憶にも強く残ることになり、結果学力向上につながることもあります。

また、子供が集中して問題を解いている途中に、「あ!ここ間違っているよね?」などと口を挟むこともやめておきましょう。子供の集中力が途切れてしまいますよ。間違えることも、立派な勉強。どうして間違ったかを後で教えてあげることで、子供は「そうだったのか!」と理解でき、できなかった問題が解けるようになる喜びを知るのです。この喜びを親子で分かちあいながら、楽しんで勉強をしてみましょう。

共働き世帯や、小さな弟さんや妹さんがいるご家庭は、なかなか子供の勉強をゆっくり見てあげられないと悩むことも多いと思います。しかし、1日30分でも充分学習効果は得られますし、その間、親も集中して子供と向き合い一緒に勉強することで、親子のコミュニケーションが取れます。

学力向上や、お受験合格など、結果を出すことも大切なことかもしれませんが、親が子供に「勉強って楽しい!」と教えてあげることもとても重要です。ぜひ明日から、お子さんと楽しく共に学んでみてください。お子さんの自信も親子の絆もきっと強くなるでしょう。

参考/ ベネッセ 教育情報サイト「子どもの勉強、どれくらい見ていますか?」 ままなび「子供に勉強を教える14のコツ!小学校の先生から学ぶ正しい家庭学習法」 PRESIDENT ONLINE「「帰宅後5分間」の使い方が勝負!【3】集中力を高める」

関連コラム

母親以外の大人がカギ!?子供の学習時間はこうして伸ばす!
あなたのしつけ『押しつけ』になってない?チェックしたい5つのポイント
習い事をはじめる前に!体験教室ではどこをチェックする?
子供の勉強にもっとも良い場所は!?

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP