子どもと一緒につくりたい! こねてカットするだけでできる「簡単手づくりおやつ」

子どもと一緒につくりたい! こねてカットするだけでできる「簡単手づくりおやつ」

Bu facebook
Bu twitter
スーパーやコンビニに行けば、お菓子はすぐに買えます。でも、子どもとのスキンシップや健康を考えると、ときには一緒におやつを手づくりするのもいいものです。

クッキーをつくる母子

© vectorfusionart - Fotolia.com



子どもにとっては新鮮な経験になり、ママも気分転換になるかも。親子で簡単にできるおやつのレシピを3つ紹介します。

■おやつを手づくりするメリット
市販のお菓子には、塩分や糖分、脂肪分などが多く含まれているものもあります。手づくりなら砂糖を控えめにしたり、体にやさしい油で揚げ菓子をつくったり、自分で味を調整できます。お財布にやさしいのもうれしいところ。

子どもとスキンシップしながらお菓子をつくれば、すてきな思い出になるはず。

■簡単でおいしい手づくりおやつのレシピ
1.こねて成型するだけの超シンプルクッキー

<材料(約20枚分)>

  • 小麦粉150g

  • サラダ油100ml

  • 砂糖50g



材料をすべてボウルに入れて、手で混ぜてまとまってきたら生地は完成。かわいいクッキー型を使うなどして、楽しく成型してください。あとは180度に温めたオーブンで15~20分焼くだけです。

2.カットするだけ! 15分でできるフルーツポンチ
子どもが大好きなフルーツを使ったおやつもおすすめです。材料は好きな果物とサイダーの2つ。イチゴやスイカ、ブドウなど果物を食べやすい大きさに切りましょう。包丁を使う練習として子どもにやらせてみてもいいですね。

フルーツをグラスに入れてサイダーを注げばできあがり。子どもと相談しながら盛りつけると楽しいですよ。



3.包丁も火も使わない! デコレーションチョコレート
用意するのは、チョコレートと好きなデコレーション材料だけ。まず、板チョコを細かく砕き、平たいお皿に敷きつめます。レンジに入れて500Wで1分半加熱。まだ形が残っていても混ぜればトロッと溶けます。温め方が足りないようであれば、10秒ずつ加熱して様子を見るといいでしょう。

温めたチョコレートを型に流しこんだらデコレーションタイム! キラキラしたこんぺいとうやマーブルチョコレートでカラフルに。チョコレートを冷やし固めてからチョコペンでお絵かきするのもアリですよ。好きなようにデコレーションしてみて。

■赤ちゃんにやさしいたまごボーロ
離乳食がはじまったら、ぜひつくってあげてほしいのが、たまごボーロです。

<材料>

  • 卵黄1コ(豆乳大さじ3・ベーキングパウダー小さじ1/2でも代用可能)

  • 片栗粉65g

  • 砂糖15g



材料をすべてボウル入れて混ぜて、食べやすい大きさに丸めたり、持って食べられるよう細長くしたり、形を工夫してみてください。160度に予熱したオーブンで20分焼けば完成です。

メリットたくさんの手づくりおやつで子どもとの絆を深めてみませんか? おやつづくりを通して、すてきな親子の時間を共有してくださいね。

(marimari<フォークラス>)
 
 
 
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP