もう悩まなくてOK! 超基本・ベビー服の選び方ガイド

もう悩まなくてOK! 超基本・ベビー服の選び方ガイド

Bu facebook
Bu twitter

身体的な成長速度が早い赤ちゃんは当然、衣服を買い替えるタイミングも大人以上にハイペースでやってきます。ひとつひとつの服を着る期間が短いからこそ、無駄なく賢い選び方を押さえておきましょう。

ベビー服の基本は「肌着」と「ウェア」

大人が下着の上に服を着るように、赤ちゃんが身につけるベビー服も基本的には「肌着」と「ウェア」の2種類です。これを季節や月齢に応じて組み合わせていくのですが、この肌着とウェアの種類が初ママには聞き慣れない言葉が多く、ベビー服の選び方が分からないという方もいるかもしれません。
ですが!実物を見れば意外と分かりやすく、特徴やそれぞれの利点も一目瞭然。ベビー服の種類をしっかり知ることが、正しい選び方への第一歩です。ひとつずつご紹介していきたいと思います。

肌着は主に4種類

赤ちゃんの肌に直接に触れるベビー服が、いわゆる「肌着」。これには「短肌着」「長肌着」「コンビ肌着」「ボディスーツ」の4種類があります。

●短肌着

【新生児・ベビー肌着】日本製スムース短肌着2枚セット|通販のベルメゾンネット

1,600(税込¥1,728)
赤ちゃんのお腹が隠れるくらいの、丈の短い肌着が「短肌着」です。暑い時期にはこの短肌着とオムツだけ着せておいても、赤ちゃんには十分でしょう。丈が短いのでオムツ替えもしやすく便利です。前開きで紐を結んで留めるタイプのため、赤ちゃんが多少成長して大きくなっても対応できるのもうれしいポイント。新生児期から長く使えるタイプの肌着で、「ベビー服」基本の1枚と言えるでしょう。

●長肌着

長肌着2枚セット(ジータ/GITA basic)|通販のベルメゾンネット

1,300(税込¥1,404)
文字通り、短肌着の丈が長いバージョンです。赤ちゃんの足元まで覆ってくれますが、裾が開いているのでオムツ替えも意外と楽ですよ。真夏などには必要ないかもしれませんが、寒い季節や、朝晩冷え込む時期には用意しておくと安心できるアイテムでしょう。余談ですが、私の娘は生まれた時に手足の温度が冷たいと言われたので、短肌着よりも長肌着をよく着せていました。体温調節が難しい赤ちゃんの様子をよく見て、着せるベビー服を変えてあげたいですね。

●コンビ肌着

【新生児・ベビー肌着】コンビ肌着|通販のベルメゾンネット

1,700(税込¥1,836)
肌着の内股の部分のスナップボタンを留めることで、裾がズボンのように二つに分かれるタイプの肌着です。一般的に月齢3ヶ月前後からは足の動きも活発になってきます。気がついたら肌着がめくれてお腹全開…なんてことにならないよう、こちらのコンビ肌着を上手に活用しましょう。季節に応じて、コンビ肌着の下に短肌着を重ねるのもOK。だいたい60cmサイズから作られているメーカーが多いようなので、60cmサイズを着る頃には足の動きが活発になっているということかもしれませんね。選び方の目安にしてみてください。

●ボディスーツ

【新生児・ベビー肌着】フライス前開き半袖ボディスーツ|通販のベルメゾンネット

848(税込¥915)
この写真のような、足の付け根までのタイプの肌着が「ボディスーツ」です。かぶせて着せるタイプや、前開きになっておりボタンで留めるタイプなどがあります。他の肌着は紐を結んで前を閉じるタイプでしたが、動きが活発になったり、手で物を掴めるようになってくると、肌着の紐がほどけてしまうこともあると思います。ですが、ボディスーツ肌着ならそういった心配も解消されますね。半袖タイプだけでなく、キャミソールやランニング型になっているものもあるので、季節に応じて選んであげてください。

デザインやカラーも豊富な「ウェア」

肌に直接触れる肌着の選び方も重要ですが、やはりベビー服選びの楽しみは「ウェア」という方も多いのではないでしょうか。ベビー服ならではの可愛いデザインやカラーが豊富で、赤ちゃんが可愛いウェアを着ると、それだけで愛くるしさも倍増しますよね。こちらも主なベビーウェアの種類をご紹介しますので、選び方の参考にしてください。

●ロンパース/カバーオール

【ベビー服】パイナップル柄カエルロンパース(プチ エディテ)|通販のベルメゾンネット

1,800(税込¥1,944)
上下がツナギのような状態になっており、内股にスナップボタンがあるタイプのウェアが「ロンパース」や「カバーオール」と呼ばれています。形としてはボディスーツ肌着に似ています。選び方のポイントとしては、お尻部分のマチを広くとってあるものを選ぶと、赤ちゃんの動きを妨げなくて良いですよ。ハイハイをはじめたり、たっちが出来るようになってくると、写真のようにお尻に可愛いデザインがされているウェアもいいですね。

●ツーウェイオール

【ベビー服】バックプリントデザインツーウェイオール(プチ エディテ)|通販のベルメゾンネット

2,000(税込¥2,160)
新生児から使えるタイプのウェアが「ツーウェイオール」です。「ツーウェイドレス」とも呼ばれます。内股部分のスナップボタンを留めたり外したりすることで、ズボンタイプ・スカートタイプと使い分けることができます。先に紹介したカバーオールとの選び方の違いとしては、スカートの状態にしておけばオムツ替えもスムーズに出来ることがポイント。ねんねの時間が長く、オムツ替えが頻回の低月齢の赤ちゃんには最適なウェアと言えるでしょう。

●セレモニードレス/ドレスオール

帽子付きセレモニードレス(プチ エディテ)|通販のベルメゾンネット

3,800(税込¥4,104)
産院からの退院時や、お宮参り用に購入する人が多いのが「セレモニードレス」。純白やアイボリーといったカラーで、レースやフリルがついたデザインのものが多いです。まさにスペシャルなベビー服で普段使い出来るタイプのウェアではないですが、一生に一度のハレの日には赤ちゃんもおめかしさせてあげたいですよね。最近はワンピースタイプだけじゃなく、カバーオールのように足が分かれているデザインのものもあるので、好みに応じて選びましょう。

ベビー服ならではの可愛さを楽しもう!

肌着もウェアも、ベビー服ならではの工夫を凝らした形状やデザインになっていますよね。当たり前のことかもしれませんが、ベビー服を着れるのは赤ちゃんの間だけなんです! お気に入りのベビー服を選んで、あっという間に過ぎてしまう「赤ちゃん」時代をたっぷり楽しんで下さい。

元のページを表示 ≫

関連する記事

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP