蚊に刺されたら、大きく腫れちゃった!!そんな時の我が家の対処療法

蚊に刺されたら、大きく腫れちゃった!!そんな時の我が家の対処療法

Bu facebook
Bu twitter

双子2歳ごろ。

初めて蚊に刺された跡が
ピンポン玉のように腫れ上がるのを見た日には、本当に驚きました。

そのあと、息子は掻き壊してとびひも経験。

そうなる前になんとかできないだろうか、と編み出した対処療法がこれでした。

刺された後の対処方法!我が家編

蚊に刺されたら、大きく腫れちゃった!!そんな時の我が家の対処療法の画像

出典 : Upload By かよポン

蚊に刺されたら、大きく腫れちゃった!!そんな時の我が家の対処療法の画像

出典 : Upload By かよポン

対策は「とにかく冷やす!!」

なるべく化膿したり、とびひになったりする前に
かゆみを抑えようと冷やすのですが、そこは2歳児。

「自分で冷やしててー」と言うわけにもいかず。

かといって、傍らにずっとついて冷やすわけにもいかず…。

ということで、編み出したのが
『寝ている間に冷やしちゃおう』作戦!

お風呂できれいに洗ってから薬を塗り、
それを絆創膏やガーゼで保護して、その上に冷えピタを貼る!

それ以来掻き壊すこともなくなり、腫れも早めに引くようになりました。

ただし、これは対処療法なので、
最初にガッツリ腫れてしまった時には病院を受診することをおすすめします。
(我が家ではその時に処方された薬をしばらくの間使っていました)

ちなみに、6歳現在、息子は蚊に刺されてもガッツリ腫れることはほとんどありません~。
だんだん、免疫(?)みたいなものができてくるのでしょうか?

幼児期のガッツリ腫れ時期、早めの対処で乗り切りましょう~!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP