子どもと一緒に行くのにおすすめのスキー場10選

子どもと一緒に行くのにおすすめのスキー場10選

Bu facebook
Bu twitter

冬だ!雪だ!スキーだ~!!
待ちに待ったこの季節、スキーやスノボに行きたくてうずうずしているパパママも多いのでは?

今回は子どもも大人も楽しいスキー場をご紹介します。家族みんながハッピーになれるお得なサービスがあったり、大きなスノーパークがあったり。早速チェックして、今シーズンも滑りまくりましょう♪

1.ルスツリゾート北海道

子どもが大好きな「クレヨンしんちゃん」とコラボしたキッズスクールとスノーパークがある「ルスツリゾート北海道」。

初心者対象の「クレヨンしんちゃんキッズレッスン」では、独自の教材を使い、遊び感覚でスキーを楽しみます。もちろん「クレヨンしんちゃん」と一緒に。前半は室内、後半は屋外の専用ゲレンデでレッスン。滑れるようになったら「クレヨンしんちゃんジュニアレッスン」。

レッスンに参加しなくても、スノーパーク「クレヨンしんちゃんひろば」では、スノーエスカレーター、チュービング、そり、スキー用ランニングバイクが遊び放題!もしかしたらここでも、クレヨンしんちゃんに会えるかも!

【住所】北海道虻田郡留寿都村字泉川133番地
【アクセス】札幌からR230経由で90分
【問い合わせ】0136-46-3111(総合予約センター)

2.黒伏高原スノーパーク ジャングル・ジャングル

第2・4土日は「ウサちゃんパーク」を開催。雪の上でうさぎと触れ合えます。抱っこしたりご飯をあげたり…雪の上っていうのが新鮮ですね。

授乳やオムツ替えができるキッズルームも完備。駐車場からは専用エスカレーターで一気にゲレンデまで行けるので、重い荷物が苦にならないのもポイントです。未就園児のレッスンもありますよ~。小学6年生以下リフト全日無料。

【住所】山形県東根市大字観音寺水無山3170-164
【アクセス】仙台宮城ICから車で約60分
【問い合わせ】0237-41-5555

3.ハンターマウンテン塩原

ソリ専用ゲレンデを備えた「キッズパーク」では本格的なハンドルとブレーキ付きソリを楽しめます。すぐそばには屋内で遊べるワンパクルームやファミリーハウスがあって便利。

滑れるようになったら、「ファミリーパーク」へ。トンネル、ウェーブ、ソフトポールなどのアトラクションが設置されていて、小学生ぐらいまでのお子様+お父さん、お母さんと親子で楽しめます。
「キッズパーク」を卒業した後、ゲレンデデビューの前に訪れたいのが「ハンタマ広場」。プラスティックスキーなどでの練習や、リフトに乗るためのバランスの練習ができます。他のエリアとしっかり分けているので安心。

まだ一緒に雪遊びをするのは難しい…そんな時はベビーシッターに依頼を。チルドレンズハウス専任のベビーシッターに託児をお願いできます(6か月~4歳まで、要予約、有料)。

【住所】栃木県 那須塩原市湯本塩原字前黒
【アクセス】東北自動車道、139Kポイントで西那須野塩原I.Cから29キロ
【問い合わせ】0287-32-4580

4.水上高原スキーリゾート

2つのキッズパークにポケモンが登場!
「ピカチュウキンダーガーデン」は1~5歳専用のスノーパーク。暖房付休憩室にはトイレもあるから、安心ですね。

4歳から家族で遊べる「ポケモンスノーパレット」でも、そりやチュービングなどで遊べます。全長50mのスノーエスカレーターを上手に使って、たくさん遊び倒そう!
年齢やレベルに応じてスクールも充実しています。

【住所】群馬県利根郡みなかみ町藤原6152-1
【アクセス】上毛高原駅からシャトルバスで約60分
【問い合わせ】0278-75-2222

5.かぐらスキー場

少し滑れるようになったらリフトにたくさん乗って滑りまくりたい!そんなファミリーに「かぐらスキー場」をおすすめするのは、小学生以下のリフト券が全日無料だから。

そのほかにも「キッズフリープログラム」と称して「キッズワンポイントレッスン」「ポールレッスン」「スノーモービル乗車体験」などを無料で実施。職業体験プログラム「ロープウェー運転室見学」までありますよ。前日までの事前予約が必要なので要チェック!

【住所】新潟県南魚沼郡湯沢町三俣742(みつまたステーション)
【アクセス】関越自動車道湯沢I.C.から国道17号線で8km(みつまたステーション)
【問い合わせ】025-788-9221(みつまたステーション)

6.狭山スキー場

ちょっと趣向を変えて…屋内スキー場はいかがでしょう。
屋外のスキー場は遠くにある場合が多く、気軽にふらりと…というわけにはいきませんが、屋内スキー場「狭山スキー場」は都心から40分というアクセスの良さ。

小学生以下は滑走料が無料(保護者の方の同伴滑走(有料)が必要)。親子ふれあいスキーレッスン(要予約)なども開催されているので、参加してみてはいかがでしょう?

【住所】埼玉県所沢市上山口2167
【アクセス】西武池袋線・西武新宿線「西武球場前」駅下車 徒歩4分
【問い合わせ】04-2922-1384

7.黒姫高原スノーパーク

なんといっても広さ東京ドーム6個分という日本一のファミリーパークが自慢!どれほどの規模なのか、体験してみたいですね。

雪だるま&かまくらエリアのほか、雪上ボルダリングが初登場。パーク内のリフトには長靴のまま乗れるので、小さな子どもも利用しやすい!ストライダーのスノーアタッチメントを付けて乗る「ストライダーエンジョイパークウィンターコース」も今シーズンからオープンしています。

オープン50周年を記念して「50周年特別料金」も設定。5歳、50歳、昭和5年生まれ、昭和55年生まれ、平成5年生まれの人は1日券の料金が50円になるんですよ~。絶対見逃せないですね。

【住所】長野県上水内郡信濃町大字野尻3807
【アクセス】上信越自動車道信濃町I.C.から5キロ(約6分)
【問い合わせ】026-255-3176

8.チャオ御嶽スノーリゾート

こちらは、大人リフト券1枚購入に対して小学6年生までリフト券がいつでも無料。雪遊びを卒業したファミリーには、とってもお得です。

キッズパークは土休日のみ営業。センターハウス前にあり、そりやチューブで滑ったり雪遊びを楽しむことができます。こちらの入場も小学生以下は無料(その他は500円)。
ゴムボートに乗り込んでスノーモービルに引っ張られて疾走する「スノーラフティング」も楽しそうです♪

【住所】岐阜県高山市高根町日和田1739-1
【アクセス】中央自動車道中津川I.C.からチャオまで約105km
【問い合わせ】0577-59-3620

9.芸北高原大佐スキー場

penguin-963700_1920

ゲレンデにペンギンがやってくる!
特に1月は週に1度のペースでペンギンのお散歩デーが設けられています。子どもたちが喜ぶ顔が目に浮かびそうですね~。

「雪ん子パークぷぷら」には動く歩道「スノーウォーク」も設置。レストハウスにあるキッズルームと授乳施設も無料で利用できるし、お弁当の持ち込みもここではOKなので、この場所を拠点に遊びまくりたいですね♪

【住所】広島県山県郡北広島町荒神原38-31
【アクセス】「戸河内IC」から約30キロ、「千代田IC」から約40キロ
【問い合わせ】0826-35-0038

10.五ヶ瀬ハイランドスキー場

日本最南端にあるスキー場と言えば、宮崎県の五ヶ瀬ハイランドスキー場。キッズパークもありファミリーでの利用も楽しめそうです。

そして、なんといってもここでは託児所が何と無料(2歳から4歳まで)!雪遊びを早めに切り上げて、室内の託児所でゆっくりすごすのもいいですね。そして、せっかく来たんだから、滑りつくしたいというパパ&ママの強い味方です。午前中はファミリーで、午後からはパパとママで…そんな遊び方もできそうです。

【住所】宮崎県西臼杵郡五ヶ瀬町鞍岡4647-171
【アクセス】九州道→R445→R218→R265
【問い合わせ】0982-83-2141

ファミリーに嬉しい工夫がいろいろ

スキー場には子ども向けのイベントもたくさん。初めての雪遊びも、少し滑ることができるようになった後も、どんどん出かけて楽しみたいですね。

スクールや託児は予約が必要な場合が多いので、問い合わせてみてくださいね。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP