初めての保育所。ママがそばにいない”母子分離不安”の対処法とは?

初めての保育所。ママがそばにいない”母子分離不安”の対処法とは?

Bu facebook
Bu twitter

入園などの新環境になって、ずっと一緒だった子どもと離れることは、ママにとっても寂しいですよね。でも、子どもにとってはさらに大事件なんです。
幼稚園に「行きたくない」と大泣きする子どもと離れるのはツラい…。こんなとき、ママはどう対処してあげればよいのでしょうか?

“母子分離不安”はすべての子どもに見られる

ママがそばにいないことに強い不安を感じ、ママから離れられなくなる状態のことを“母子分離不安”と言います。

程度はありますが、母子分離不安は1歳から3歳くらいまでの子どもに見られる症状で、避けては通れないハードルのひとつだそうです。
子どもが急にママにべったり甘えるようになると、「何か問題があるのかも…!?」と不安に感じてしまうかもしれませんが、誰にでも起こることなので、過剰に心配しなくても大丈夫。

母子分離不安を上手に乗り越えて、子どもが幼稚園などの新しい環境を楽しめるように、ママがしっかりサポートしてあげましょう。
不安を取り除いてあげるための対処法は、日常生活の中で簡単にできることばかりです!

スキンシップで“安心感”を与えてあげよう

母子分離不安は普通、子どもの成長とともに消えていくものです。
でも、不安を強く感じる時期にママからの愛情を十分に受けられないと、いつまでも不安感が続き、自分に自信が持てなくなってしまいます。

そうならないためには、幼児期にたっぷりスキンシップを取り、愛情を伝えてあげることが大切です。
自分が愛されていると実感できた子どもは、自信がつき、安心感を得ることができます。

スキンシップは、抱っこやギュッと抱きしめることだけでなく、一緒に遊んであげることや、眠るときそばで手を握ってあげることなど、ちょっとしたコミュニケーションの中でも簡単にできることです。
最近ではベビーマッサージなども、子どもに安心感を与える効果的な方法として注目されています。

母子分離不安が続かないように、“声掛け”でさらにサポート

不安が特に強い時期は、しっかりスキンシップを取っていても、そばを離れるときには大泣きして寂しがることがあります。

そんな時は、「すぐに戻ってくるからね」「ちょっと台所に行ってくるだけだよ」など、不安を和らげる声掛けをしてあげましょう。
また、姿が見えない所にいても「ここにいるよ」「もう少し待ってね」と声を聞かせてあげることで、子どもを安心させてあげられますよ。

強すぎる不安が続くと、母子分離不安が長く続いてしまうことがあります。
できるだけ不安感を少なくしてあげて、スムーズに母子分離不安を乗り越えられるよう、二人三脚で頑張っていきたいですね。

安心感を得られるスキンシップは、子どもの健やかな成長に欠かせないもの。
長く一緒にいられる幼児期の貴重な時間を使って、たくさんスキンシップをとってあげてくださいね。

参照/
Yahoo!ニュース「いつもママにくっついている我が子…新しい環境は大丈夫?」

関連コラム

一人きりの孤独な育児いざ頼れるのはこの人!
赤ちゃんに『スキンシップ』 が必要不可欠な5つの理由!
いつから子どもを一人で寝かせるの?一人寝開始時期と練習方法とは
夫婦のスキンシップをはかるなら子どもを有効活用しよう!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP