人にも環境にも優しい♡バイオプラスチックのおしゃれな子ども用食器たち

人にも環境にも優しい♡バイオプラスチックのおしゃれな子ども用食器たち

Bu facebook
Bu twitter
バイオプラスチックって何?
バイオプラスチックとは、生物資源(バイオマス)から製造されるプラスチックのこと。
一般のプラスチックは石油から作られますが、『バイオマスプラスチック』はバイオマスを原料として作られるプラスチックのことです。
出典:www.jora.jp
主にトウモロコシやジャガイモなどが多く含むデンプンや糖類を乳酸菌で発酵させ、科学的に結合させて作る植物性の樹脂「ポリ乳酸」を成形して作ります。

07114 01
バイオプラスチックは一般に、生分解性プラスチック、またはグリーンプラと呼ばれるプラスチックの中の一種類にあたります。
環境に優しい未来の資源
こんなにある、バイオプラスチックの利点!!

1 3
このほかにも焼却する場合、二酸化炭素を排出しないだけでなく、燃焼熱が低くダイオキシン類も発生しないことなどが分かっています。
世界的な利用増加
バイオプラスチックは、1950年代に開発が始まり、2000年代になって一般市場に製品として出回るようになった新しいプラスチックです。食品の包装用パッケージやパソコンなど家電製品の部品、さらには乗用車の部品などにも使われていますが、普及の可能性はまだまだ無限にあると考えられています。
2021年にはバイオプラスチックは、58億米ドルの市場になることが予測されており、これは2014年の実に3倍以上に達することになる。
出典:www.ceresana.com

Downloadfile
また、かつては製造コストが高いことが普及のネックになっていたバイオプラスチック。しかし近年では、技術の発展と一定原料の確保が可能になったこと、一方で石油価格が高騰し続けていることにより、石油由来のプラスチックと比べても、現在ではほぼ同等の価格で製造できるようになっています。
バイオプラスチック製のベビー&子ども用食器に注目!
そんなバイオプラスチックで作られている子ども用の食器は、植物由来のため身体にとっても安全で、感度の高いパパママたちに好まれているアイテム。数々のメーカーがありますが、デザインも可愛いブランドをいくつかご紹介します!
ekoala

Gamma scatola ok ed3fb1
イタリア生まれのブランド、エコアラ。100%バイオプラスチック製の幼児用食器をプロデュースしていて、イタリアのママ向け雑誌などでも紹介されています。メイド・イン・イタリーらしくポップでカラフルなデザインが可愛らしいですね。

Img 1120
三角形のお皿やコップが印象的。ご飯タイムが楽しくなりそう♪
ekoalaのオンラインショップ(英語)日本未上陸ですが、ご希望の場合は英語サイトからオンライン購入にトライしてください。
jj rabbit

Dsc 0236 412x412
アメリカのブランド、jj ラビット。KaiとMichaelというデザイナーの夫婦が、自分たちの第1子誕生を機に作り出したラインナップです。アニマルモチーフのモダンな食器が揃います。

Tazza biodegradabile rana
飲み干すと中から動物たちがひょっこり顔を出すコップなど、楽しい仕掛けも嬉しいポイントです。
jj rabbitのオンラインショップ(英語)やはり日本未上陸のため、ご購入はオンラインショップから。
iiwan

Dsc0127 664x439
こちらは日本のブランド、iiwan(イイワン)。「大切な子どもにとって安心で安全な食器セット」として、さまざまな雑誌にも掲載されているので、見かけたことがあるかも。トウモロコシを原料とするバイオプラスチック製の幼児用食器のブランドです。

08051245 51ff1fe5906b6
カラーバリエーションが多々あるので、兄弟姉妹で色違いを揃えてもいいですね。
iiwanの取り扱い店舗情報
Mastro Geppettoのpappaシリーズ

C389c5 db8919f7768f495f9db751bdef3c3388
ぬくもりある木製おもちゃの専門メーカーとして知られる日本のマストロ・ジェペット社。2014年から企画開発をしている、笹竹配合のバイオマスプラスチック食器「PAPPA SERIES」(パッパシリーズ)が販売されています。

Mastrogeppetto pappa pera
シンプルかつデザイン性の高いお皿とコップなどは、百貨店やオンラインショップで限定販売されています。
マストロ・ジェペットのpappaシリーズの販売情報
ご家庭にぜひ!

Img 6737 31 f improf 700x467
カラフルでおしゃれなデザインのこうしたバイオプラスチック食器は、離乳食のベビーから小学生のピクニック用品にまで、幅広く使えます。子どもの年齢によっては、環境保護について話し合うきっかけにしてみても◎。子どもの未来の地球のために、身近なところから楽しく地球温暖化の防止に役立ってみませんか?
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP