もうすぐ入園!入園前にやっておくべきこと5つ

もうすぐ入園!入園前にやっておくべきこと5つ

Bu facebook
Bu twitter
入園前

まもなくやってくる入園シーズン。春から幼稚園や保育園に入園を予定しているお子さんがいる家庭では入園準備を少しずつ始めていることでしょう。お子さんも初めての集団生活にワクワクドキドキですね。

ですが、親と離れて他の子供と一緒に過ごすので、パパやママとしては「うちの子は本当に大丈夫かな?」と不安もあることでしょう。まだまだひとりではできないこともたくさんあるのも、心配の種ですよね。

そこで今日は、入園前に身につけておきたい5つのことをご紹介します。今のうちに練習して、入園準備をばっちりにしましょう!

1.生活リズムを整える

入園すると、毎朝決まった時間に家を出ますよね。うっかり寝坊してしまうと、朝食を食べる時間がない、幼稚園バスに乗り遅れる……なんてことにもなりかねませんよね。

好きな時間に起きて食べて寝て、という生活をしていた子供にとって、園で決められたスケジュールに合わせ集団生活をするのは大変なことです。早寝早起きを心がけて、食事やおやつの時間を決め、時間帯に合わせて一日を過ごす練習をしておきましょう。

入園の数か月前から生活リズムを整えておけば、新生活がスタートしてもお子さんが規則正しい生活に息苦しさを感じなくて済みますね。

2.着替えができるようになろう

幼稚園では、制服から体操服、体操服から制服と着替える機会が毎日のようにあります。体操服で登園する保育園でも、プールのときや行事があるときなどは着替えをします。

自分で着替えができなくても、入園すればお友達の真似をしていつの間にかできるようになるものですが、できれば入園前に身につけておきたいもの。家庭でも着替えの練習ができるチャンスはいっぱいです。

最初はパパやママがサポートして、最終的には自分で着替えができるようにしておくといいですね。

3.トイレトレーニング

入園にあたって最も悩むのが、トイレトレーニング。既にできているのが望ましいのですが、そうでなければ入園前にトイトレをしておきたいところですね。オムツが外れていないと通園不可、オムツで通園してもOKなど、園によって方針は異なります。

あらかじめ入園する園の方針を確認して、それに合ったトレーニングをしておくと安心です。どうしてもトイレトレーニングがうまくいかなければ、園に相談してみてもいいかもしれません。

焦りは禁物!トイレトレーニングの極意

4.挨拶をしよう

「おはようございます」「ありがとう」「さようなら」など基本的な挨拶は園でも必須です。集団生活では、挨拶がとても大切。そして、お子さんに挨拶を教えるには親がお手本を見せるのが一番です。

近所の人に会ったら「こんにちは」、おうちに帰るときは「さようなら」など、親が誰に対しても挨拶することで子供は親を見て学びます。子供にとって親は一番身近な存在であり、学びの対象です。明るく元気よく挨拶できるよう、率先して教えてあげてくださいね。

5.スキンシップをとろう

お子さんは入園すると集団生活の中で多くのことを学び、身につけていきます。ですが、ずっとパパ・ママと一緒だった子供にとって、突然、集団生活を送るのは決して楽なことではありません。パパ・ママと離れたくなくて大泣きしてしまうことだってあるでしょう。

これから長時間パパ・ママと離れて過ごす子供が安心してお友達と遊べるようになるためにも、しっかりとスキンシップをとって安心感を与えてあげましょう。

入園前にやっておきたいこと、身につけておきたいことは少なくありません。しかし、何もかも完璧に準備しなくても大丈夫。まずは、入園を控えた子供としっかりと向き合うってあげてくださいね!

Photo/Rachel Hofton 参照/ みどり幼稚園「にゅうえんまえのみなさまへ」 幼稚園の入園準備は今のうちに! 楽しい園生活にむけて、やっておきたいポイント4つ いざ!安心家族「入園式前に教えたい、子供の幼稚園ライフが充実する28のしつけ【永久保存版】」

関連コラム

話しかけも早期教育?親の声で子供の脳は発達する!?
どうやる?ひらがなを子供に教える効果的な方法
日常が大事!『頭が良い子供に育つ』ちょっとしたコツとは!?
時計が読める子になる!アナログ時計で学ぶ時間の勉強

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP