トータルで258万円!? 出産と育児でもらえるお金事情

トータルで258万円!? 出産と育児でもらえるお金事情

Bu facebook
Bu twitter
妊娠出産について知りたいことを読者にアンケートで聞くと、必ず挙がってくるのが、カラダの話とともに「出産や子育てにかかるお金」の話題。【前回】女性のライフスタイルに詳しいライター・三浦天紗子さんから「妊娠出産にかかるお金って、意外とどうにかなりますよ」と教えてもらいましたが、それってリアルなところはどうなのでしょうか。

そこで、妊娠出産後も働くとどんなメリットがあるのか、“もらえるお金事情”について社会保険労務士の佐佐木由美子先生に教えてもらいました。

出産と育休でもらえる、驚くべき金額!

「子どもが生まれてもお祝い金くらいしかもらえないでしょ? と皆さん言いますが、そんなことはなくて、産休前に20万円台前半の給与をもらっていた人では、トータルで200万円近くもらえます」

へー、お金をもらえるんですね♪ え、200万円って!? そ、そんなにもらえるんですか?

「はい。2010年6月に育児介護休業法が大きく改正されて、働く女性に有利になりました。それ以前とも状況が大きく異なりますので、最新の制度に基づく正しい知識を身に着けておいてください。中には自分で申請しないと取り返せないお金もありますから、今から知っておくと、いざというときに困りませんよ」

わかりました! ところで200万円近くもらえるというのは……。

「働く女性の場合、3つの給付金がもらえます。しかもすべてが非課税です。だから翌年の住民税がかからないことも。これで働く女性に対する制度がものすごく手厚いのがわかっていただけたと思います。だから、仕事をやめるかどうか悩んでいる女性には、悩むのだったら続けてみてとアドバイスしています。

出産を機にやめてしまえば、出産の年は天引きされる給与がないので、前年の住民税を自分で払うことにもなります。すると「こんなにお金がかかるんだ」と住民税を実感することになるでしょう。やめなければ出産と育児でもらえるお金がある訳ですから、それで何とか払っていけるのですよ」

>2.【気になる給付額の内訳は?】

関連リンク
【産むためのカラダづくり】2.給付金の受給資格を失わないためには
【美レシピ】食事の改善が必要!? つらい生理痛で見直しポイント
【美ボディ研究所】見た目で損する「オバ姿勢」の直し方
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP