脳を育てる!育脳食材4選〜ビタミン編〜

脳を育てる!育脳食材4選〜ビタミン編〜

Bu facebook
Bu twitter
regtff

体の中で起きるエネルギー生産や、炭水化物、たんぱく質、脂質が円滑に利用されるために必要な栄養素のビタミン。脳細胞の合成や生成にも関わる重要な栄養素のひとつです。今回はビタミンを多く含む、育脳食材4つのご紹介です。

脳にビタミンが必要なのはなぜ?

ほとんどのビタミンは体内では作り出せないため、食べ物で補う必要があります。その中でも特に脳と関係が深いのがビタミンB群。脳の神経伝達物質の合成や神経細胞の生成にも関わり、傷付いた細胞を修復するなどの機能を果たします。

ビタミンA・C・Eも、もちろん大切な栄養素です。これらの栄養素には「抗酸化作用」があります。

赤ちゃんも大人と同じく、老化や病気の原因と言われる「活性酸素」によって細胞が傷つけられてしまいます。これを防ぐのが「抗酸化作用」。脳を健康な状態に保つために重要な栄養素です。

オススメ育脳食材「かつお」

ダウンロード
かつおはビタミンB群であるビタミンB6とナイアシンが豊富で、更に鉄分も含んでいます。特にビタミンB6は精神伝達物質の合成を助ける働きがあります。

特に、学習力や記憶力のもとになる「ドーパミン」という神経物質の合成に関わっていると言われています。離乳食には7〜8ヶ月から使うことができます。

刺身用のかつおを買って下茹でし、トロミのあるあんかけにするとベビーも食べやすくなりますよ!

オススメ育脳食材「豚肉」

豚肉はビタミンB1が豊富に含まれます。ビタミンB1は、脳の唯一のエネルギー源であるブドウ糖を燃焼するのを助ける働きがあります。ブドウ糖を多く摂っても、ビタミンB1が不足すると効率的に働かないのでぜひ積極的に摂りたい栄養素です。豚肉は9〜11ヶ月を目安に与えましょう。

油が多いので、まずは鶏ささみなどの脂質の低いものから初めて慣れてきたら豚肉を与えるようにしましょう。
豚肉の中でもより脂肪の少ない赤身肉から始めるのがオススメです。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP