つわりだけじゃない!?妊娠中に起こる体調トラブルの乗り切り方

つわりだけじゃない!?妊娠中に起こる体調トラブルの乗り切り方

Bu facebook
Bu twitter

ハッピーなイメージと裏腹に、リアルな妊娠生活には体調のトラブルがつきもの。つわりはもちろんですが、ときには肌がかゆくなったり、恥骨が痛くなったり、抜け毛がひどくなることも。

「私だけ?」とついつい感じてしまう妊娠中の不調ですが、意外とみんな悩んでいるものです。今回は、この悩ましい不調の原因を対策とともにご紹介します。

乾燥して体全体がムズムズかゆすぎる!

「妊娠して何だか乾燥しやすくなった…」、そう感じている人も多いはず。実は妊娠すると子宮は水分を溜め込もうと必死。体のあらゆる部分から、水分を奪ってしまうのです。さらに妊娠中は、生理前に分泌される女性ホルモン『プロゲステロン』が大量に分泌されます。つまり、妊娠期間は生理前のような肌トラブルの危険にさらされる状況がずっと続いていくことに…。

その上お腹の皮膚の伸びも加わって、体のあちこちが必然的にかゆくなってしまいます。そんな体全体のかゆみ対策は、まず保湿! お風呂あがりには妊娠クリームをしっかりと塗って、体をいたわってあげましょう。何より妊娠クリームは、赤ちゃんのことを第一に考えて作られた安全なクリーム。丁寧にマッサージすることで保湿はもちろん、嫌な妊娠線の予防にも効果が期待できます。

誰にも言えない…『恥骨の痛み』

お腹にいる赤ちゃんが大きくなるにつれ、痛くなるのが恥骨。しかしこれは赤ちゃんにもうすぐ会えるサイン。赤ちゃんの頭が骨盤近くに下がり、恥骨に負担をかけていることが原因なのです。

もしも恥骨の痛みでお悩みなら、次のようなストレッチで痛みを和らげることが可能です。

簡単!おすすめストレッチ

  1. 仰向けか、椅子に座ります。
  2. 膝を曲げて、両足の間にタオルやクッションのようなものを挟みます。
  3. 足を引き寄せ合いながら、クッションをゆっくり潰します。

また、寝るときにも両足の間にクッションを挟むと、痛みはかなり軽減されます。ぜひ試してみてくださいね!

なぜ!?妊娠中に大量の抜け毛

出産後に多い女性の抜け毛。これは、妊娠中に増えていた女性ホルモンが一気に減ることで起こる現象です。逆に妊娠中は、女性ホルモンが抜け毛の原因になることはありません。ではなぜ抜け毛で悩む人が多いのでしょう?

妊娠中の抜け毛の原因の多くは、ストレスと栄養失調だといわれています。ストレスの影響を受けやすい髪の毛は、妊娠中のイライラやストレスにも敏感に反応。さらにつわりの影響で栄養失調になることも、抜け毛の原因のひとつなのです。

そんな抜け毛への対策は、栄養をしっかり摂ることと、リラックスできる時間を見つけること。「つわり中に栄養補給なんて…」と思うかもしれませんが、栄養ドリンクや酵素ドリンクなどの栄養補助食品を積極的に摂り入れることで栄養状態は改善されます。

また、妊娠期のイライラは女性ホルモンの影響によるものがほとんどです。完全にイライラやストレスをなくすことはできませんが、お気に入りの音楽を聴きながらおいしいスイーツを食べたり、快適な睡眠をとることはストレスなどの軽減につながります。

ハッピーなはずの妊娠期。しかしマタニティーブルーと呼ばれるだけあって、ナーバスになりやすいこの時期は、少しの体調トラブルも深刻に受け止めがちです。ただ、この辛い時期は赤ちゃんに会うための準備期間。今回ご紹介した対策を参考に、前向きな気持ちで乗り切りましょう!

参照/
こそだてハック「妊婦の恥骨痛とは?原因と痛いときの対策は?激痛は改善できる?」

関連コラム

7割以上のママが産後の抜け毛に悩んでいた!その原因と対策とは?
とにかくツライ『つわり』!体験者に聞いた対処法20選
妊娠中のタバコ、やめられたきっかけとやめるべき理由
卵巣疲れが原因!?ホルモンバランスの乱れで体調不良も!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP