背中スイッチ発動解消!スマートトラベルシステムでママのおでかけが最大限楽しくなる

背中スイッチ発動解消!スマートトラベルシステムでママのおでかけが最大限楽しくなる

Bu facebook
Bu twitter

「背中スイッチ」って知っていますか?

赤ちゃんはとても眠りが浅く、ぐっすり眠っているようでも少し体勢が変わるだけで途端に目を覚ましてしまいます。

まるで背中にスイッチがあるように、抱っこなどで寝かしつけた赤ちゃんが、背中をつけた途端に泣き出す現象を、「背中スイッチ」を押しちゃった。。。などと表現します。

ママは眠っている赤ちゃんを移動するたびに、ひやひや。

でも、ベビーカーとベビーシートをセットで使用できる「スマートトラベルシステム」なら、赤ちゃんは眠ったまま外出先からお部屋まで、車からベビーカーへと、様々な場所に移動ができるので、移動のたびに「背中スイッチ」を押してしまう心配はありません。

乳幼児ママでも、赤ちゃんが生まれる前みたいに、おでかけを楽しみたい!

「スマートトラベルシステム」を使った、ママがおでかけを楽しむシーンを見てみましょう。

【1】「スマートトラベルシステム」で、ママのおでかけシーンがこんなに変わる!

【1-1】「スマートトラベルシステム」とは

日本育児 スマートトラベルシステム説明画像,背中スイッチ,おでかけ,トラベルシステム 出典:www.nihonikuji.co.jp

「トラベルシステム」とは、欧米で定番の用途、月齢に合わせて使い分けられる、ベビーカーとベビーシートのセットで使用する提案です。

セットしたベビーシートはベビーカーとしてはもちろん、外せば車では新生児・乳児専用のチャイルドシートにもなるので、眠った赤ちゃんを起こさず移動することが可能です。

お部屋に移動した後も、おひるねベッドになるので、ママと一緒に移動し、寝ている間も見守ることができるのもうれしいですね。

このスポットの基本情報、口コミはこちら

【1-2】ママのお楽しみ;友達とのガールズトーク

ママ ガールズトーク,背中スイッチ,おでかけ,トラベルシステム

独身時代からの気の合う友人や、ママになってからできたママ友。

お互いの近況報告や、情報交換など、ママになってもガールズトークは最大の楽しみですよね。

久しぶりに都心のカフェや、ママ友のおうちなど、ベビーカーや抱っこひもでの移動中に、ウトウトしてきた赤ちゃんを、目的地で抱き起すと目を覚ます。。。
ちょうど話がのってきたときに、眠くてグズグズ。。。
そしておしゃべりの間、ずっと片手に赤ちゃんを抱っこ。。。

そんな時、赤ちゃんが安心しておひるねしてくれていれば、ママもゆっくりとおしゃべりに夢中になれるのに。

そんなシーン、「スマートトラベルシステム」なら、おうちからの移動はハイシートA型ベビーカーとして、カフェやお友達のおうちに到着したら、ベビーシート部分を取りはずして眠った赤ちゃんをそのまま移動できます。

外出先での赤ちゃんのスペースを心配することなく、安心しておでかけできますね。

この記事に関連するリンクはこちら

【1-3】ママのお楽しみ;ショッピング

女性 ショッピング,背中スイッチ,おでかけ,トラベルシステム

シーズンの変わり目だけではなく、新生児期の赤ちゃんのお世話がひと段落したら、ママ自身のファッションやインテリアグッズなど、買い足したいものがたくさん出てきますよね。

帰りの荷物を気にしないでショッピングを楽しむためには、ベビーカーでのおでかけが一番。

「スマートトラベルシステム」なら、荷物を入れるバスケット部分も大きくて頼りになります。

帰り道で眠ってしまった赤ちゃんも、ベビーシート部分を取りはずして、おうちの中に移動するだけ。
買った物を開けながら、ゆっくりとひと休みできますね。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

【1-4】ママのお楽しみ;おうちでゆったりひとり時間

ひとり時間コーヒータイム,背中スイッチ,おでかけ,トラベルシステム

洗濯や掃除。

家事の最中、移動のたびに寝ている赤ちゃんを起こして抱っこ。。。
ママも赤ちゃんもとっても大変ですね。

そんなシーン、「スマートトラベルシステム」なら、ベビーシート「スマートキャリー」がバウンサーとしても大活躍。

ママから見える場所にいられるから、お互いに安心。

ロッキング機能を使って遊んであげれば、赤ちゃんも思わずウトウト。。。

そのままおひるねベッドとして使用でき、寝室への移動の必要がないので便利です。

思わず訪れたゆったりひとり時間は、思う存分家事をするのもよし、読みたかった本を読んだり、コーヒーを飲んだり、スマホをチェックしたりするのもよし。

赤ちゃんをそばで見ながら、つかの間のひとり時間を楽しみましょう。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

【2】「スマートトラベルシステム」を支えるベビーカーとチャイルドシート

【2-1】チャイルドシートとしても人気の「スマートキャリー」

スマートトラベルシステム チャイルドシート画像,背中スイッチ,おでかけ,トラベルシステム 出典:travelsystem.jp

チャイルドシート先進国、ドイツをはじめとするヨーロッパ諸国では、子どもの成長に合わせてチャイルドシートを買い替える人が多く、新生児・乳幼児のチャイルドシートは専用モデルが主流となっています。

なぜ新生児・乳児(後ろ向き)専用モデルがいいのでしょう。

日本でよくあるような乳幼児兼用タイプやより長く使えるタイプのチャイルドシートの中には、ぶ厚いクッションで隙間を補正する仕様になっているものが多くあります。

しかし極端に厚すぎるクッションは衝突時の沈み込みが多く、からだとベルトの間に出来る隙間も大きいことから、欧州諸外国では新生児・乳児専用モデルがより安全だと考えられているのです。
そのため同モデルが日本と比べて多く普及しています。

「スマートキャリー」の使用期間は、体重13kgまでですが、成長に合わせて買い替えしても、兄弟で使うことができます。

「スマートキャリー」は3色展開。
レッド・ブラック・ネイビーはどの色も、男の子でも女の子でも使えます。

車のシートへの設置を簡単にするベースも、新機構〈ISOFIXベース〉・3点式シートベルト〈イージーベース〉
2種類のベースから選べます。

実家への帰省時や、お友達の車に乗せてもらう時にも便利ですね。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

【2-2】人間工学設計のベビーカー「スマートスティック」

日本育児 ベビーカースマートスティックの画像,背中スイッチ,おでかけ,トラベルシステム 出典:www.nihonikuji.co.jp

人気のハイシート構造で地面からの熱やほこりから赤ちゃんをガードしながらも、低重心でシートのグラつきを防止してくれるベビーカー「スマートスティック」。

シートはほぼフラットまで3段階にリクライニングでき、対面・背面変更可能です。
単体でもAB型ベビーカーとして、生後1ヶ月頃から活躍し、3歳頃まで長く使えます。

「スマートトラベルシステム」が1台あれば首の座らない新生児期からベビーカー卒業の頃まで、買い換える必要はありません。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか?

赤ちゃんの「背中スイッチ」を気にしなければ、おでかけももっと楽しくなりますね。

赤ちゃんと一緒に楽しめることってまだまだたくさんありそうですね。

「スマートトラベルシステム」を生活に取り入れて、ママと赤ちゃんが便利で快適な毎日が過ごせるといいですね。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP