【妊娠35週目の過ごし方】9ヶ月も終盤!ママの変化と赤ちゃんの成長

【妊娠35週目の過ごし方】9ヶ月も終盤!ママの変化と赤ちゃんの成長

Bu facebook
Bu twitter

妊娠35週を迎えた皆さま!おめでとうございます。とうとう9ヶ月も終盤、愛しの赤ちゃんともうすぐご対面ですね。残りわずかなマタニティライフを楽しみましょう!

ママの変化

子宮が大きくなり、みぞおちのあたりまで上がってくることで、再びつわりのような症状に悩まされるお母さんもいます。また、赤ちゃんが大きくなっているため、動きの中で赤ちゃんに足で蹴られたりすると、痛みを感じることがあります。
膀胱や腸、下半身の静脈への圧迫も一層強くなり、頻尿や尿漏れ、足のむくみなどが多くの人に起こるようになります。
妊娠初期のつわりの時期と同様に、自分の栄養不足による赤ちゃんへの影響を心配しているお母さんはたくさんいると思います。私も第1子を妊娠中は次の検診までの期間、毎回不安で仕方ありませんでした。でも、本当に注意が必要な時は医師から指示が出ます。そうでないのなら心配し過ぎてストレスを感じる方が不安かも。栄養不足による影響を一番に受けるのは母体なのです。食べたいものを食べたい時に食べて、残り少ない妊婦生活を満喫するくらいの余裕があると赤ちゃんも安心できるのではないでしょうか?
例えが正しいかは分りませんが、ちょっとした「便秘」でも圧迫感があり辛いものです。この頃はおよそ2キロもの胎児をお腹に抱えている状態です。当然、母体への影響も大きくなる頃。
私の妊娠35週もまさに上記の通り!後期づわりに悩まされ、お腹は空いているのに少し食べると胃がムカムカして、あまり食べられませんでした。他にこんなトラブルも。
私も足の付根と恥骨あたりがミシミシと痛くて歩きづらかったのと、むくみで足が鉛のように重くなっていました。そんな時は床に座った状態で足を広げ、前屈をしながら足の付根を掴むような感じでマッサージすると少し痛みが和らぎました。さらに、寝る時は頭でなく「足」に枕を敷き高さを出すと、足のむくみがやわらぎますよ。
でも妊娠中のママの体はとってもデリケート、勝手な判断は禁物です。トラブルに悩んだ時は遠慮せず医師に相談しましょう。

●引用サイト:ヘルスケア大学「妊娠9ヶ月のママと赤ちゃんの様子」
http://www.skincare-univ.com/article/015085/

ルイボスティーでリラックスタイム♪

特別栽培のしょうが★生姜ルイボスティー5個【身体に優しい】(Gass)|通販のベルメゾンネット

2,500(税込¥2,700)
今、話題のルイボスティーはカフェインレスなので妊婦さんにも人気です!こちらは有機JAS認証の良質な茶葉だけを使用しており、ティーバックの原料も植物由来なので体に優しいのが嬉しいですね☆後期づわりで体調や気分がすぐれない時はとにかくリラックスして休む事が大切。こちらのルイボスティーには生姜も入っているので妊婦の大敵、冷え対策にもオススメです♪リラックスタイムのお供にいかがでしょうか?

赤ちゃんの成長

身長:約47cm ママの肩から腰のあたりまでとおなじくらい
体重:約2500g 大きな白菜1個分ぐらい
足のサイズ:約66.5mm キウイフルーツを立てに輪切りにした感じ
“身長47㎝”はピンと来なくても自分の肩から腰くらいまでの長さと言われたら
驚きませんか?ちなみに私は長男を48㎝で出産しています。ほとんど変わらないですよね。小さい小さい豆粒くらいだった赤ちゃんが、たった数カ月でいつ産まれてもおかしくないくらいにまで成長するのです。やはり妊娠・出産は神秘的です。
もうまさに「赤ちゃん」です!表情といい、完全に”人”の顔ですね!!
こんなにくっきり写っていると本当に出産が待ち遠しくなります♪

この頃の赤ちゃんは、自律神経が成熟し、外見は生まれてくる姿とほぼ同じように成長しているようです。
私は赤ちゃんがちゃんと成長しているのかとても気になって、毎日検索ばかりしていましたが、「体重や身長は産まれてくるまで正確に分からないし、個人差があるのが当たり前。十人赤ちゃんがいたら十人の成長があるんだよ」と先生に言われ安心したのを覚えています。


●参考文献:「初めてのたまごクラブ」

35週どう過ごす?

・疲れない程度の運動をする
大きなお腹でお散歩やストレッチはとても大変ですよね。でも安産のためには少しの運動も必要なようです。本当に出産は体力勝負なのです。
後期になってから急に激しい運動をしだすと体への負担が大きく危険です。妊娠をする前から日常的に運動をしておく事に越した事はありませんが、妊娠してから運動を始めるのであれば安定期に入ってから軽い運動を少しずつでも継続的に行うのが良いでしょう。体に負担も少なく、立派な体力作りになりますよ。
「安静に!」とお医者さんに言われているママは先生の指示を仰ぎましょうね。
決して無理はせず可能な範囲で体をほぐし、出産に向けて体力をつけましょう!

・体調の変化に注意する
頻繁にお腹が張ったり、オリモノの量が増えたりと、出産に向けてママの体は目まぐるしく変化しているようです。いつもと違う痛みや出血などの症状があった時は迷わず病院へ相談しましょう。また、どんなに近所であったとしても、出かける際は必ず母子手帳を携帯しておくことを心がけましょう。先ほど述べた様に、妊娠35週は正産期ではないですが、赤ちゃんはいつ産まれてもおかしくないほど成長しているのです。出産は最後まで何があるか分りません。いつ出産になっても大丈夫なように心の準備も必要です。

・里帰り出産の準備
里帰り出産をする方は妊娠9カ月の頃に里帰りを済ませておくことが多いです。9か月の最終週である35週までには里帰りをして、荷物の準備や出産後の手続きについて再度確認しましょう。産後しばらく実家で過ごす方は、近くの小児科や夜間救急の病院などを調べておくと安心です。
また、里帰りから帰ってから、スムーズに自宅で育児ができるように無理の無い範囲で出産後の準備もしておきましょう。難しい様なら旦那様にしっかり頼んでおきましょうね!

●参考サイト:赤すぐ「妊娠9ヶ月の妊婦さんの状態」
http://akasugu.fcart.jp/ninshin/kouki/9month/mjoutai/

実家でも自宅でも使える!持ち運びできるベビーバス♪

お出かけにも便利なふかふかベビーバス|通販のベルメゾンネット

2,500(税込¥2,700)
里帰り出産の場合、ベビー用品を自宅と実家とに準備しないといけない場合も。私も里帰り出産でしたが「ベビーバス」は自宅用・実家用と2つ購入しました。しかし、こちらの商品のように小さく折りたためて持ち運びができるベビーバスなら一つで済みます!正直、もう少し早く知りたかったです・・。また、赤ちゃんが成長し使わなくなっても、収納場所を取りません。次の出産までスタンバイさせておくこともできますし、経済的です。
底部にはストッパーもあり機能的にも言う事無し!のベビーバスです♪

出産に向けて

出産準備は進めていますか?妊娠35週は臨月前の最終週です。臨月になってからの出産準備はなんとなく気持ちも焦ってしまうもの。そうなる前に、余裕を持って準備しておきましょう。出来ることを出来るうちにしておくと、いざという時に焦らずすみますね。でも無理は禁物!体調の良い時に少しずつ、疲れたらすぐに休みましょう。
私が35週あたりで準備した物は、前開きの部屋着兼パジャマでした。それまでは妊娠前に着ていたワンピースなどを着用していたのですが、ぐんとお腹が大きくなったことと、出産時の持ち物に前開きのパジャマが必要だったこともあり買い足しました。

急な来客でも安心♪パジャマに見えないリラックスウエア☆

マタニティワンピース&レギンス(授乳対応)|通販のベルメゾンネット

3,324(税込¥3,589)
前開きのパジャマは沢山あって迷ってしまいましたが、一番のポイントは「パジャマに見えないこと」。これ、かなり大事なポイントです。お腹が大きくなるとちょっとしたことでも大きな負担になるのです。
立ったり屈んだりの動作が大変で着替えも一苦労だったので、急な来客にも慌てずにすむデザインの物を探しました。そんな願いを叶えてくれたのが上記の「授乳対応のマタニティパジャマ」です。お写真の通り、一見パジャマには見えないですよね?

産前はもちろんですが、産後の入院中も大活躍でした!大きめのシャツでも代用できそうですが、授乳ができるようにスナップボタンがついている、マタニティならではの仕様が嬉しいです。

あったら便利!

7月出産の私がとっても重宝したのは「レッグウォーマー」でした。
様々なトラブルの原因になる”冷え”は妊婦さんだけでなく女性にとって大敵!でも暑い夏…靴下やタイツを履くのは嫌ですよね。そこでオススメなのがレッグウォーマーです。足首を温めておけば充分な冷え対策になると助産師さんからアドバイスをいただき購入!

締め付けない肌側シルク二重編みレッグウォーマー|通販のベルメゾンネット

750(税込¥810)
締めつけ感がなくシルクのサラサラとした肌触りは、暑い夏にもぴったりですよね。産後も使用できるところも高ポイントです。

次週はとうとう臨月!

ぐんぐん成長していく赤ちゃんと共に大きくなっていくママのお腹。食べたいのに食べられない、起きていても寝ていても苦しい!私はため息や涙がでてしまったことも…。でもそれでいいのだと思います。泣きたい時は泣いてスッキリ!妊娠35週は出産への実感もどんどん湧いてくる時期です。辛さを感じる事があっても、「我が子に会える日」を想像して楽しく乗り切りましょう♪もう少しで感動のご対面です。楽しみですね!

元のページを表示 ≫

関連する記事

妊娠35週を迎えた皆さま!おめでとうございます。とうとう9ヶ月も終盤、愛しの赤ちゃんともうすぐご対面ですね。残りわずかなマタニティライフを楽しみましょう! ママの変化 子宮が大きくなり、…
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP