読書ノートって何?作り方や子供への効果が知りたい!

読書ノートって何?作り方や子供への効果が知りたい!

Bu facebook
Bu twitter

小さい頃からの本の読み聞かせが重要だと言われていますが、本を読んでいますか?絵本はもちろん本にもいろいろなジャンルがあります。図書館を利用すればわざわざ買わなくても、多くの本を読むことが出来ますよ。

しかし何の本を読んだか忘れてしまった、本を読むだけでいいの?と不安になることも。そこで今回ご紹介するのが「読書ノート」。読んだ本の記録はもちろん、お子さんの成長記録にもなります。

読書ノートの書き方は自由。4歳から使えるお子さん用の読書ノートも出版されています。早速今日からお子さんと読書ノートを作ってみましょう!

読書ノートとは?

読書ノートとは読んだ本について記録するノートのこと。大人の場合はスマートフォンのアプリやパソコンに記録している人もいますが、お子さんの場合は普通のノートに1冊につき1ページとしてまとめることが多いようです。

子ども用の読書ノートは購入も可能。大人気キャラクターが印刷され、長く続くよう工夫されています。

内容は本のタイトルや読んだ日、要点や感想などを記入します。最初は項目を少なくしましょう。ママやパパが項目を指定して、慣れてきたらお子さんと相談しながら項目を変えていきましょう。

同じ本でも読むタイミングによって本の印象が変わるので、お子さんの成長ノートとしても使えますよ。夏休みの読書感想文などにも使えますね。

読書ノートの効果

reading-1156865_1920

読書ノートを付けることで、お子さんにプラスになることがいっぱい!どのような効果があるのか見ていきましょう。

1.読んだ本の記録

まずは読んだ本の記録です。いつ、何を読んだのかを確認出来ます。「この本は読んだっけ?」と思ったらノートを確認すればOK。同じ本でも何年か経って読み返すと違う感想になることも。そうした違いを楽しむのも良いですね。

また「これだけの本を読んだ」という体験は、お子さんの自信にもつながります。親子で同じ本についてまとめて意見交換するのも楽しいですね。ただの記録ではなく、そこから発展させたいアイテムです。

2.感想を自分の言葉で表す

本を読んだときの漠然とした感想を、自分の言葉で文章にするのは表現力を高めます。自分の気持ちを表すのはとても大切なこと。練習しないとなかなか身に付きません。

感想は少しでもOK。まずは文章として残すことが大切です。コツコツと書くことで、国語の力がグンッと伸びていきますよ。文章では表現するのは難しいというお子さんは、イラストなど絵で表現するのもおすすめです。

3.本を読む習慣が身に付く

読書ノートを書いて行くと、まるでコレクションを集めるかのように楽しくなっていきます。ページ数が増える分、自分でこれだけ読んだからもっと読みたい!と目標を作っていきます。

大人が目標を決めても、子どもはなかなか達成しません。しかし子どもが自分で目標を決めると、なんとかそれを成し遂げようと努力します。そうすることで達成感を味わうことが出来ます。それを続けていけばいつの間にか読書が習慣になりますよ。

本を読むことに慣れる為にも、まずは読書ノートを付けるのがおすすめ!

読書ノートは大人にもおすすめ!

bible-896222_1920

読書ノートは子どもだけでなく大人にもおすすめお子さんと同じ本を読みながら記録すれば、立派な親子のコミュニケーションツールに。感想や感じ方の違いをお互いに読むのも楽しいですね。

またビジネス書や絵本など、本ならどのジャンルでも大活躍します。読書ノートを通してお子さんに本をすすめるきっかけにも。本は年齢に関係なく大切な教科書。まずはママが始めてみましょう。

ただの記録から成長日記に

最初はきっとなんとなく付けた読書ノート。でも数年経って読み返すと、お子さんの成長が良く分かる日記となります。コツコツと続けることでお子さんの自信にもつながります。最初は面倒かもしれませんが、数冊から頑張ってみましょう。

またお子さんだけに薦めても上手くいきません。子どもは大人を見て育ちます。お子さんにやってほしければ、まずはママが挑戦してみましょう。目標や記録する内容は少なくして始めやすいよう工夫しましょう。最初は短時間で簡単に記録出来るようにしたいですね。

これさえ続ければ夏休みの宿題、読書感想文の強い味方にも。早速ノートを用意して始めましょう!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP