「パパから変える、日本の子育て vol.4」 「イクボス」が増えれば、働き方が変わり人生が変わる

「パパから変える、日本の子育て vol.4」 「イクボス」が増えれば、働き方が変わり人生が変わる

Bu facebook
Bu twitter
こんにちは。ファザーリング・ジャパン代表の安藤哲也です。ファザーリング・ジャパンは、「育児」も「仕事」も「人生」も笑って楽しむ父親を増やすことをモットーに2006年に設立しました。SAISION CHIENOWAでは4回にわたる連載で、男性の育児と働き方について考えていきます。

職場が変われば、日本が変わる! キーパーソンは「イクボス」です
ファザーリング・ジャパン(FJ)の活動として、自治体や企業での講演・セミナー、そして職場でのワークライフバランス研修をこれまで1000回以上行ってきた結果、若い世代の男性の「意識」はだいぶ変わってきたなと実感します。しかし個人の意識は改革できても、変わらないのが企業の風土。男性が主体的に育児と関われる職場環境は未だ整っていないと感じます。講演後のアンケートでも、「育休どころか子どものことで有休すら取りづらい」「管理職世代の意識を変えてほしい」「うちの頭の固いボスをなんとかしてくれ!」という声がいかに多いことか。子育てに協力的なパパは確かに増えましたが、「定時退社」や「育休取得」などを取りにくい「やりづらさ」はあまり変わっていないのです。

一方、政府が成長戦略として掲げる「女性活躍」も企業ではなかなか進みにくく、女性の管理職比率はまだまだ少ない状況です。その原因はさまざまですが、一つには多くの企業で見られる「男性の長時間労働・休みづらい環境」があります。しかし、過度な残業などができないワーキングマザーにとって男性(パパ)の家庭滞在時間が長くなれば、どれだけ楽になるでしょうか。かつて育児をしてこなかった管理職世代にはそのメリットをなかなか理解してもらえません。それは昭和の男女の役割分担意識や、残業を当たり前とする従来の働き方が邪魔をしているのです。男女ともに育児や介護で「時間制約社員」が増える現代社会を経営者が理解し、多様性を活かしたマネジメントができる管理職を増やさねばなりません。そう、「女性の活躍推進」と「男性の育児参画」、そして「イクボス」は3点セットなのです。

ファザーリング・ジャパンが取り組んでいるイクボスプロジェクト(http://fathering.jp/ikuboss/
は、もうすぐ3年目を迎える。
職場のパフォーマンスを上げるために管理職がするべき行動がある
「イクボス」の対象は男性に限らず、今後増えるであろう女性管理職も含みます。職場で共に働く部下・スタッフのワークライフバランスを考え、その人のキャリアと人生を応援しながら、組織の業績に結果を出し、さらに自らも仕事と私生活を楽しむことができる上司(経営者・管理職)が理想の「イクボス」です。子育てや介護をしながら働く部下の状況を正しく把握し、状況に応じてフォローができる上司であってほしいと考えています。例えば職場で女性のスタッフから妊娠を告げられた時、祝福の言葉もかけずに「困ったなあ」などと言ってしまうのは論外です。部下の子どもが保育園で熱を出したと聞いた場合も「こっちは大丈夫だから、安心して迎えに行ってあげて」と言ってほしい。「もう帰るのか。これでは戦力にならないじゃないか」などの発言はボス失格です。

また、部下に育児や介護がある場合はそのことに配慮して、業務の時間的効率を高めるスキルも「イクボス」には求められます。夕方や夜からの会議はもちろんあり得ませんし、打ち合わせや管理業務で部下の時間を余計に奪わない配慮も必要です。「男は遅くまで働いて当然」「休日出勤も文句を言うべからず」「単身赴任は断る余地のない命令だ」。そんな価値観で仕事だけに没頭してきた50代以上の管理職たちの意識では、今や育児や介護で仕事との両立が困難な社員をさらに苦しめ、意欲をなくさせるばかりです。これでは職場のパフォーマンスは伸びません。

ではどうすればイクボスになれるのか? FJでは行動指針として、「イクボス十か条」を掲げています。
1)【理解】現代の子育て事情を理解し、部下がライフ(育児)に時間を割くことに、理解を示していること。
2)【ダイバーシティ】ライフに時間を割いている部下を、差別(冷遇)せず、ダイバーシティな経営をしていること。
3)【知識】ライフのための社内制度(育休制度など)や法律(労基法など)を、知っていること。
4)【組織浸透】管轄している組織(例えば部長なら部)全体に、ライフを軽視せず積極的に時間を割くことを推奨し広めていること。
5【配慮】家族を伴う転勤や単身赴任など、部下のライフに「大きく」影響を及ぼす人事については、最大限の配慮をしていること。
6)【業務管理】育休取得者などが出ても、組織内の業務が滞りなく進むために、組織内の情報共有作り、チームワークの醸成、モバイルやクラウド化など、可能な手段を講じていること。
7)【時間捻出】部下がライフの時間を取りやすいよう、会議の削減、書類の削減、意思決定の迅速化、裁量型体制などを進めていること。
8)【提言】ボスからみた上司や人事部などに対し、部下のライフを重視した経営をするよう、提言していること。
9)【有言実行】イクボスのいる組織や企業は、業績も向上するということを実証し、社会に広める努力をしていること。
10)【隗より始めよ】ボス自ら、ワークライフバランスを重視し、人生を楽しんでいること。

イラスト:東京新聞
上記「十か条」の過半を満たしている管理職のことを私たちは「イクボス」と呼び、企業内研修で育成を進めています。
社員のライフ事情を支援する時短勤務のメリットは家庭だけじゃない
繰り返しますが「イクボス」とは、多様な働き方を応援し、リーダーとして組織の生産性を高めようと力を尽くせる上司のこと。核家族化によって夫婦二人で協力しなければ子育てが成り立たない今の育児事情や、これから団塊世代が老後を迎えて「大量介護社会」に突入しようとしている構造の中で、会社が「社員の長時間労働に頼る」という稼ぎ方がもはや通用しなくなることは明らかなのです。

また10年後を考えると、イクメン世代の30代前半が管理職として活躍する時代になるので、企業風土はよりワークライフバランスを重視したものに変わっていくはずです。これからの企業は、「イクボス」育成を軸に、新たな企業風土作りが急がれます。

早く出社してあまり残業をしない働き方を奨励するほか、短時間勤務でも正規職員と同等の評価をする企業も増えてきました。夜遅くまで働くことが会社評価につながる時代は終わりつつあります。現場レベルでは過去の価値観を引きずっている上司がまだたくさんいますが、少なくとも有能な経営者は長時間労働の弊害に気づいています。成果をあげないのに残業代ばかりかかる社員に見切りをつけて、短時間で成果を出す労働生産性の高い社員を評価する時代に向かうでしょう。その社員のライフ事情を支援することで、会社へのロイヤルティ・貢献度を上げた方が長い目で見ても経営効率が良いのだという方向にシフトし始めています。

また残業で帰ってこない夫に対する家庭での評価も変わってきました。働く女性が増えて、男性も家事や育児をすることが求められています。状況は変わってきたのに、相変わらず「仕事が忙しいから」と理由をつけて家に帰ってこない夫のことを、素直に応援する妻は減ってきています。そのすれ違いは家庭内別居や熟年離婚のリスクを高めることにもなります。FJでは、家庭をあまり省みなかった父親たちを「笑顔のパパ」にしてきたように、仕事一筋だった男性管理職たちを「笑顔のイクボス」に変える(変わってもらう)ことを今後も目指します。

イクボスが増えれば、社会が変わる。あなたの職場に笑顔の「イクボス」はいますか?
プロフィール

安藤哲也(あんどう てつや)
1962年生まれ。二男一女の父親。出版社、書店、IT企業など9回の転職を経て、2006年にファザーリング・ジャパンを設立。「育児も、仕事も、人生も、笑って楽しめる父親を増やしたい」と、年間200回の講演や企業セミナー、父親による絵本の読み聞かせチーム「パパ’s絵本プロジェクト」などで全国を飛び回る。子どもが通う小学校でPTA会長、学童クラブや保育園の父母会長も務め、“父親であることを楽しもう”をモットーに地域でも活動中。 2012年には社会的養護の拡充と児童虐待・DVの根絶を目的とするNPO法人タイガーマスク基金を立ち上げ、代表理事に。現在、寄付集めや全国で勉強会の開催を手掛ける。
http://fathering.jp/

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP