いよいよ離乳食デビュー!離乳食初期(5〜6ヶ月)の進め方とポイント

いよいよ離乳食デビュー!離乳食初期(5〜6ヶ月)の進め方とポイント

Bu facebook
Bu twitter
dd0ffa7b2509203df6ebcfaa44f1229b

生後5〜6ヶ月頃からは、いよいよ離乳食デビュー!初めてのママはどう始めれば良いのか迷ってしまう事も多いですよね。

今回は離乳食初期(ゴックン期)の進め方のポイントとレシピのご紹介です♪

いつごろ離乳食を開始したらいい?

首がすわって、ママの抱っこやベビーチェアの背もたれに支えられながらでも自分でおすわりができるようになっている時期が開始の1つの目安です。

更に、大人の食事の様子を見てよだれを出したり口を動かしている様子であれば「食事」に興味を持ち出したサイン!
ベビーをよく観察して、開始時期を見きわめてあげてくださいね。

何を、一日に何回、どれくらいの量を食べさせたら良い?

まずはアレルギー反応が少なく、消化に良い「ごはん」から始めます。大人が食べているごはんだと一粒が大きいのでベビーには飲み込めません。

はじめは10倍粥をすりつぶした「つぶし粥」を1日1さじから始めます。
また、初めて離乳食を与える場合は、万が一アレルギー反応が出た場合を考えて、平日の午前中でかかりつけ医が休診日でない日をオススメします。
ベビーの様子が急変してもすぐに病院へ行ける体制を整えておくと安心ですよ。

2日間ほど1さじを食べさせたら、次は2さじ…と少しずつ量を増やしていきます。1〜2週間ほど様子を見て問題がなければ、次のステップへ進みます。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP