自由研究は実験がおすすめ!家にある素材で簡単に科学実験をしよう

自由研究は実験がおすすめ!家にある素材で簡単に科学実験をしよう

Bu facebook
Bu twitter

理科離れと言われていますが、実験は本来子供たちの知的好奇心を刺激することのはず。夏休みの自由研究実験を行うことは、科学の面白さに気付くチャンスになるかもしれませんよね。

家庭にある素材で、簡単にできる科学実験テーマと方法をご紹介します。今度の夏休みの自由研究に実験結果をまとめてみるのはいかがでしょう?

どうして理科離れが進んだんだろう?対策は?

science-fair-648905_640

一概に「これが原因」とは言い切れませんが、現代の子供たちは生まれた時から科学技術が発達した世の中で育ち、それを利用するのが当たり前の環境にあります。それゆえに、新たに技術を考えだす、生み出すといった発想に至らないのではないか?という指摘があります。

小学校高学年での理科専科教員の導入・配置や、理科の実験・観察に使用する設備・調整を行う助手の配置など、国としても様々な施策を提案し、理科離れを食い止めようとしているようです。

それでは、家にある素材でできる簡単実験10選のご紹介です。

1.ろうそく作り

candlelight-1077638_640

火や熱いお湯を使うので、必ず軍手を着用して親が見守ってあげましょう。

【準備するもの】

廃油、油を固める粉末状油脂、型にする牛乳パック、芯になるタコ糸、香料(バニラエッセンスやレモン汁)、温度計、割りばし

【手順】

1.廃油400mlを鍋に入れて火にかけます

2.溶けたらにおいを消すために香料を入れます

3.油が冷めないうちに容器へ入れ、上からたらした芯(しん)が真ん中にくるように固定します。

4.廃油の温度が80~85度になったら油を固める油脂を入れ混ぜます

5.割りばしにタコ糸をはさみ、容器の上にのせて30分以上放置し完成

2.ドライアイスでシュワシュワすいか作り

watermelon-815072_640

なんとすいかが炭酸入りになってしまうという不思議実験。

【準備するもの】

発泡スチロール製クーラーボックス、ドライアイス、台座用発泡スチロール片、すいか

【手順】

1.発泡スチロール製クーラーボックスにドライアイスを敷き詰めます

2.すいかがドライアイスに密着しないように発泡スチロールを台座にして乗せます

3.炭酸ガスによる爆発を防ぐために、密閉しないで隙間を少し開けて蓋をします

4.5時間ほど放置

5.割って食べると炭酸がはじけます

3.ペットボトルロケット

water-919360_640

水と圧力で飛ばす原理なので、必ず炭酸飲料のペットボトルを用意しましょう。

【準備するもの】

炭酸飲料のペットボトル、牛乳パック、ビニールテープ、新聞紙

【手順】

1.ペットボトルの先端部分をカッターで切り取ります

2.牛乳パックを切り円錐型にしてペットボトルの先端にビニールテープで留めます

3.先端部分に新聞紙を詰めて重みを加えます

4.ペットボトルのお尻の方をビニールテープで留めて牛乳パックで羽を取り付けロケットの形に成型します

5.実際に飛ばすには噴射口や発射台が必要になります。「日本ペットボトルクラフト協会」 では、発射台の購入が可能です。

【参考価格】

噴射口 \396

発射台単体キット \2,211

4.ゆで卵で空気圧力実験

egg-696517_640

牛乳瓶に温泉卵が吸い込まれる!?圧力の実験です。

【準備するもの】

ゆで卵、牛乳瓶、ペットボトル(2l、500ml)、氷水、熱湯

【手順】

1.2lサイズのペットボトルを切り、お湯と氷水をそれぞれに入れます

2.温めた牛乳瓶にゆで卵をのせ、氷水の方に漬けて冷やすと、ゆで卵が牛乳瓶の中に吸い込まれていきます

5.魚の解剖と観察

fish-1387829_640

大人にとってはなんていうことない、魚をさばく行為。子供にとっては未知の世界

【準備するもの】

はさみ、ピンセット、手頃な大きさの魚、ビニールや新聞用紙、まな板

【手順】

1.切る前の状態をよく観察します。図鑑で解剖図を事前に見ておくのもおすすめ

2.肛門から頭の方にハサミを入れて腹部を開きます

3.浮袋や、肝臓、精巣、卵巣、胃袋、腸などの内蔵をひとつひとつピンセットで取り出します

4.目の部分、頭、骨なども観察しましょう

6.液体で文字をあぶりだし

oil-in-water-1346804_640

とってもお手軽な実験。紙を加熱するという手順があるので、必ず大人がついていてあげましょう。

【準備するもの】

酢、果実の汁、筆、白紙

【手順】

1.筆に酢をつけて、白紙の文字を書きます

2.文字を書いた紙をオーブンに入れて、少々加熱します

3.文字が浮かび上がるのを確認!

脱水反応という反応を確かめる実験になります。酢の中の酢酸という酸が紙を焦げやすくしています。果実の汁など、他の液体でも試して比較してみるのも良いでしょう。

7.牛乳瞬間凍結マジック

frosted-glass-1164200_640

一瞬で牛乳が固まる!?手品のような実験です。

【準備するもの】

プラスチックコップ、割りばし、片栗粉、水

【手順】

1.プラスチックコップに半分ほど水を入れます

2.片栗粉を1の水に入れます

3.割りばしで軽くかき混ぜて、牛乳のように見える液体が完成

4.素早くかき混ぜると、粘り気が強くなって割りばしで持ち上げられるほどに固まります

片栗粉の細かい粒子が急な力が加わることによって、ぬれた砂のように固くなるという現象です。

8.オレンジパワーの実験

orange-15047_640

いつも美味しく食べている柑橘類には、知られざるパワーが!

【準備するもの】

オレンジやレモン・グレープフルーツなどの柑橘類、薄い発泡スチロール、油性マジック、皿

【手順】

1.オレンジやレモンなど、柑橘類の皮を剥いておきます

2.柑橘類の皮には「リモネン」という油が含まれていて、発泡スチロールを溶かす力があります。皮を搾り、発泡スチロールの上に垂らして溶ける様子を観察しましょう

3.油性インクで文字を書いた皿を皮でこすると汚れが落ちるという実験も行ってみましょう

4.どの果実の皮がパワーが強かったかを比較してまとめてみましょう

9.色々な素材で糸電話を作ろう

paper-cup-1071675_640

パパ・ママが子供の頃に一度は作ったことがある糸電話。色々な素材で試してみましょう。

【準備するもの】

紙コップ、タコ糸、柔らかめの針金、毛糸、セロテープ、つまようじ

【手順】

1.紙コップの底につまようじで穴を開けて、糸を通し糸電話を作ります

2.柔らかい針金を棒状のものに巻き付けてスプリングにした糸電話では、声にエコーがかかります

3.毛糸を使った糸電話では、ほとんど声が聞こえません

4.素材別の声の伝わり方を写真やイラストを使って、表にまとめてみましょう

10.バナナで紫外線の正体をあばく

bananas-1354785_640

日焼けの原因は、太陽光の紫外線が関係していることを知る実験です。

【準備するもの】

バナナ2本、アルミニウム、白と黒の紙、青・赤・緑のセロハン、紫外線カットフィルム、セロハンテープ

【手順】

1.それぞれのバナナに、紙、セロハン、アルミなどの素材を張り付けます

2.1本は直射日光が当たる場所に、もう1本は蛍光灯の下に置きます。どちらも3時間以上が目安です

3.1~2日後、バナナの皮にどのような変化が起こったかを観察します

素材別、場所別の皮の変化を比較して、太陽の光(紫外線)の伝わり方を考える実験になります。

こんなに身近なもので簡単に実験ができちゃう!

大人にとっては拍子抜けしちゃうぐらい簡単な実験かもしれません。でも、子供にとっては日ごろ見慣れているはずの物起きる変化に興味津々なはず!

大人には当たり前の知識も、子供には自然や化学に目を向けるきっかけになるかもしれません。夏休みの自由研究が、理科好きっ子に変身するための手助けになるといいですよね!

簡単な実験ばかりですが、思わぬ危険が発生する可能性もあります。実験を行う時は、必ず大人が見守る中でさせてあげてくださいね。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP