愛知県こどもの国おすすめスポット!SLも、アスレチックも!

愛知県こどもの国おすすめスポット!SLも、アスレチックも!

Bu facebook
Bu twitter

愛知県西尾市にある「愛知こどもの国」は広大な敷地を誇る”子どものための遊び場”。1日中遊ぶことができるおすすめスポットです。

入園無料で、敷地内にはアスレチックがあるほか、SLが走り、ゴーカートに乗ることができ、工作体験ができるわくわく広場まであります。

1日がかりで行きたい「愛知こどもの国」のみどころにせまります。

「愛知こどもの国」ってこんなところ

愛知県西尾市にある巨大施設

こどもの国景観,愛知こどもの国,アスレチック,SL 出典:www.kodomo-aichi.jp

西尾市にある「愛知こどもの国」は、「あさひが丘」と呼ばれるエリア、「ゆうひが丘」と呼ばれるエリアの2つに分かれる巨大施設です。

あさひが丘には、芝生広場、運動広場をはじめとして、アスレチックや展望台、キャンプ場まであります。また、ゆうひが丘にはこども汽車、ゴーカート、SL、わくわく工房が楽しめる自由広場があります。

1日がかりでも全てを回るのには足りないと思える施設で、どうやって巡ろうか迷ってしまうもの。そんな人に「ここは見ておくべき」スポットを紹介します。

開園時間は9時~17時、休園日は年末年始。月曜日運休の乗り物、平日運休の乗り物があるので、土日祝日か、平日でも月曜日以外に行くのがいいかもしれません。

住所や電話番号など詳細はこちら

愛知こどもの国のおすすめポイント:遊具広場

まずはアスレチックへ

遊具広場,愛知こどもの国,アスレチック,SL 出典:www.kodomo-aichi.jp

愛知こどもの国に行ったら、まずはスポーツゾーンにある「遊具広場」へ。ここにはアスレチック遊具がたくさんあります。写真のドラゴンと呼ばれる丸いアスレチックは、空中を浮いている感覚が味わえるアスレチック。

他でもこういったアスレチック施設はありますが、愛知こどもの国のドラゴンは、大人の目から見てもすごく長いです。

ほかに、長さを誇るロングローラーすべり台、アリ地獄と呼ばれる砂場になっている真ん中に滑っていける遊具もあったりして、一般的な公園とは比にならないほど。

芝生広場と呼ばれる広大な広場もあるので、遊具に飽きたらフリスビーをしたり、ボール遊びをしたりしてもいいですね。

この記事に関連するリンクはこちら

愛知こどもの国のおすすめポイント:運動広場

無料で自転車で遊べる

おもしろ自転車,愛知こどもの国,アスレチック,SL

同じくスポーツゾーンにある「運動広場」には自由に遊べるおもしろ自転車が大集合。

トラックのような形ののりもの、原始的な自転車のムーンカート、子ども用自転車、ハンドルが長い大人用自転車があり、設定されたコースを自由自在に走ることができます。好きな乗り物に乗って動かしてみましょう。

しかも、一般的な遊園地では、こういった乗り物にも料金がかかるものですが、ここでは無料。自転車好きだけじゃなく、「ちょっと乗ってみたい」と思う人にも気軽に乗ってもらうことができます。

この記事に関連するリンクはこちら

愛知こどもの国のおすすめポイント:ゴーカート

ゴーカートコースが長い!

愛知こどもの国ゴーカート,愛知こどもの国,アスレチック,SL

コミュニティゾーンにある全長510メートルの園内コースを走る2人乗りのゴーカートは、1台200円。親子で乗っても200円なので、ぜひ2人で乗ってみてください。

遊園地にゴーカートがあるところも多いですが、全長510メートルなので、なかなかの長さ。

コース途中には森のような緑の中を駆け抜けるところもあって、リフレッシュしながら走ることができます。そのため、1回乗るだけでも満喫することができるはず。

小学校3年生以上、身長130センチ以上の子どもは1人で乗ることができますよ。

愛知こどもの国のおすすめポイント:わくわく工房

楽しい工作ができる

わくわく工房,愛知こどもの国,アスレチック,SL 出典:www.kodomo-aichi.jp

子どもが3歳以上であれば、コミュニティゾーンのわくわく工房で工作体験をするのも楽しいです。

牛乳パックを使って作るしおりや、クリスマス時期にはクリスマスリースづくり、松ぼっくりツリー、お正月にはミニ門松とその季節ならではのものも作ることができて、手ぶらでいって工作体験ができます。

無料体験ができるものと、参加費がかかるものがあります。ただ、参加費も500円程度で、材料費程度なのが嬉しいですね。

愛知こどもの国のおすすめポイント:こども汽車

本物のSLに子どもも大興奮

こども汽車,愛知こどもの国,アスレチック,SL 出典:www.kodomo-aichi.jp

コミュニティゾーンにある開園当初から動く「こども汽車」はみんな大好きな蒸気機関車。

園内には本物の”動く"蒸気機関車が走っています。石炭を燃料に、白い煙をもくもくと出しながら園内を走るので、「実際に動いているきかんしゃだ!」と感動する子どもたちも多いとか。

線路の全長は1,135メートルで、約7分間沿線の景色を楽しみながら乗ることができで子どもも大人も大満足。

利用料金は3歳児未満は無料。3歳から小学生は200円、中学生以上は300円。

土日祝日に運転し、季節によって運行時間が変わります。乗りたいのなら、蒸気機関車の運行時間に合わせて来園するのがいいかもしれません。ぜひチェックしてみてください。

この記事に関連するリンクはこちら

まとめ

このほかにも、「カルチャーゾーン」ではキッズプレイルームがあり、つみき、えほんを楽しめます。晴れている日はアスレチックで、雨の日はつみき、えほんで遊ぶなど、天気によって違う遊びができるのも魅力的!

入園は無料なので、近くに住んでいる子育てママは、公園に遊びに行く感覚で訪れてみてもいいような気がします!また、わざわざおでかけに来ても1日中楽しめるスポットですよ!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP