思わぬ場所での事故も…夏の外出時は子どもの『やけど』に注意!

思わぬ場所での事故も…夏の外出時は子どもの『やけど』に注意!

Bu facebook
Bu twitter

夏の外出時に気をつけなければならないことといえば何でしょう。熱中症? 日焼け? もちろんこれらの対策もとても大事なのですが、意外と盲点なのが『やけど』なんです。

大人に比べて皮膚が薄くデリケートな子ども。思いがけない物でやけどする危険があるってご存知でしたか?

公園の遊具がやけどの原因に!?

真夏の炎天下、日焼けや熱中症にばかり気を取られがちですが、実は公園などの遊具で小さな子どもが『やけど』を負ってしまうという事例が近年多発しているそうです。

真夏日の日中に公園に行ったことがあるママならピンとくるでしょう。滑り台やブランコなど、金属製の遊具は直射日光にさらされてかなり高温になっています。実際にどれくらいの温度になっているか例をあげると、

  • 鉄棒…56℃
  • ベンチ…62℃
  • 砂場…75℃
  • ブランコまわりの地面…72℃

といった感じです。この温度は何を意味するのでしょう。

人の皮膚は、触った物によっては60℃で5秒、70℃ではわずか1秒でやけどを負うそうです。これが子どもになると、皮膚が薄いためにもっと低い温度でも、あっという間にひどいやけどを負ってしまいます。先ほどの高温の遊具が、子どもたちにとってどれほど危険かよく分かると思います。

また、小さな子どもの場合、熱せられたアスファルトの地面などに転んでしまってもすぐに立ち上がることができませんよね。地面と接している時間が長いほど、やけどはどんどん進行してしまいます。

車に乗るときにも注意!

車移動が多いママは、車のボンネットなどにも注意しましょう。 真夏はエンジンに加えて、日差しにも温められるので、かなり高温になります。

また、車内にも危険が。それは“チャイルドシートの金具”です。公園の遊具と同様、金属製の部分は日差しの熱をしっかり蓄えて高温になります。チャイルドシートは直接お肌に触れることもある部分なので、特に注意が必要です。実際に、赤ちゃんの機嫌がなぜか悪いと思っていたら、金具でやけどを負っていたという事故も発生しています。

もし直射日光が当たる場所に駐車する場合には、専用のカバーやバスタオルで覆うなどして、高温にならないように対策しておくと良いでしょう。

やけどをしてしまったら応急処置を!

気をつけていたつもりでも万が一やけどをしてしまったら、すぐに応急処置をしましょう。

まず流水で患部を冷やします。やけどが皮膚の奥に進まないように、20分以上冷やしましょう。 気をつけたいのが、“服を着たまま”やけどをした場合。無理に脱がそうとすると皮膚まではがれてしまう危険性があるので、“服の上から”流水をかけて冷やします。お風呂に水を張って浸かるのも良いです。

やけどが落ち着いてきたら患部を確認します。やけどの大きさが10円玉より小さく、痛みもひどくないようならそのまま様子をみてOKです。このとき、市販の軟膏や民間療法などは試さないようにしてくださいね。(水ぶくれも自分で潰したりしないように!)

広範囲な場合や、顔や頭、手足の関節・陰部や肛門付近のやけどは後遺症やひきつれの心配もあるので念のため病院に行きましょう。

あると便利な持ち物

万が一のやけどに供えて、持ち物に追加しておくと便利な物をご紹介します。

  • 着替え一式(流水処置で服が濡れることもあるため)
  • 清潔なガーゼ
  • 水を入れたペットボトル(水道がない公園の場合)
  • 保冷材1~2個
  • タオル

小さな子どもをやけどから守るために、真夏の公園には朝夕の涼しい時間帯に遊びに行くほうが良いかもしれませんね。そして、万が一やけどを負ってしまって痛みが引かない場合やただれなどがある場合には、すぐに病院で診察を受けるようにしてくださいね。

参照/
NHK生活情報ブログ「炎天下 子どものやけどに注意」
gooベビー「赤ちゃんに多い夏の事故【やけど】」
カラダノート「夏の公園に要注意!遊具や砂場でのやけどの危険性」

関連コラム

毎年30人は命を落とす!アウトドアでのヘビ&ハチ
おいしいけれど食中毒が心配。2日目のカレーって大丈夫?
ムカデ、毛虫、ハチ…虫に刺されてしまったときの対処法!
暑い夏こそ要注意!子どもは重症化しやすい『食中毒』の予防と対策
賢いママは持っている⁈100均の使えるおもちゃを厳選してご紹介!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP