発達障害と診断されたら…入学は普通クラス支援クラス?

発達障害と診断されたら…入学は普通クラス支援クラス?

Bu facebook
Bu twitter


あっという間に10月になりましたね。年長さんは、これから卒園やイベントで色々忙しくなりますね。また小学校入学の際のクラスに悩むママたちもいるかもしれません。発達障害と診断をされた場合、小学校選びから考えないといけません。今回は支援クラスと普通クラスの選び方についてご紹介したいと思います。

■普通クラスか、支援クラスか

小学校入学の際、この判断にとても迷うママたちもいると思います。発達障害と診断され、普通クラスか支援クラスという選択にとても頭を悩ませているかもしれません。ではどのように決めていけばよいのでしょうか? 恐らく幼稚園から学校に入る前に「就学児検診」があると思います。その際に町や市から発達検査を受けるように相談がくるのではないでしょうか? まずはその検査の結果と、普段の園の生活が判断基準になります。

■幼稚園と小学校の違い

幼稚園の頃は、先生が特別についている(加配)子どももいるでしょう。逆に「落ち着いてきたから」という理由で先生がつかない、という場合もあると思います。だからと言って安易に小学校は普通のクラスで過ごしたい、という判断も難しいと思います。幼稚園の頃と違って、小学校は殆どが自立した活動をします。幼稚園の時の守られた環境とは異なり、自分自身で処理しなければならないことも多く、子ども自身孤立してしまう場合もあります。また、親としてのフォローも幼稚園時代と異なり、勉強の負担も多くなる事実があります。

■通級クラスという選択

現在普通クラスに籍を置きながらソーシャルスキルトレーニング(コミュニケーション力を培う)などの時間を行う「通級クラス」というものがあります。支援クラスに入れずに、通級クラスを希望する親御さんもとても多いのが現実です。またすべての小学校にあるとは限りません。通級クラスの為に他の小学校から来ることもあります。逆に別の小学校に、その時間帯だけ行かなければならないという場合もあるのです。

その場合は親が送迎しなければならず、ワーキングママなどは厳しいかもしれません。また他校の通級クラスに行く場合は、放課後とは限らず日中の場合もあり、授業に穴をあける可能性もあります。そうした場合、どんどん普通クラスの勉強が遅れていってしまう可能性もあります。また、現在通級クラス希望の子どもたちがとても多いのも現実です。学校によってはなかなか時間が取れないという実態もあります。

 

以上、普通クラスと支援クラスについてご紹介しました。これから親として心配事は多いかもしれませんが、子どもに寄り添える生活ができるといいですね。まず、子どもを中心とした判断を考えましょう。親のエゴで普通クラスという判断だけは、お勧めしません。子どもにとってどんな生活が合っているか、きちんと向き合って考えましょう。
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP