沐浴失敗で母としての自信喪失!そんな私に生まれたばかりの娘が教えてくれたこと

沐浴失敗で母としての自信喪失!そんな私に生まれたばかりの娘が教えてくれたこと

Bu facebook
Bu twitter

退院後、感じていた気持ち

Bd3f2a5c00b39bcc33a9a91a31c6f155a72cd050

出典 : Upload By くま母さん

退院後、小さな赤ちゃんを前に「可愛い!」と思うより、真っ先に感じていたのは「不安」でした。

産後一週間の入院生活で赤ちゃんのお世話を学んだのですが、一週間で全てが分かるわけもなく、本当に私にできるのだろうか…という不安を常に感じていました。

産後は1ヶ月間、実家に帰って、母の助けを借りながらの、育児スタートとなりました。

産後、初めての失敗

F14a12cd1d7fa45c28704cfbf37d7ce025e8019e

出典 : Upload By くま母さん

F80eb60c1ba31c6ed805c1ed72a69bda1fca7a0b

出典 : Upload By くま母さん

91554b32b4546afecb14bfe0a9eedd7d8f532bd4

出典 : Upload By くま母さん

モロー反射‼︎

小さな体がビーンと伸びきった時、

私の片手がゆるんでしまいました。

そしてその直後…

5a4c90a7fd03c3c5e72b817f587cc037858aa5bd

出典 : Upload By くま母さん

43a89e319e59dca149d7fa375199c2bfc0ed554d

出典 : Upload By くま母さん

母が慌てて私のサポートをしようとしたのですが、ビビりまくっていた私が邪魔だったのでしょう…
孫を守るため、私の体を跳ね除け、孫を救助。

そして半ショック状態の私をよそに、安堵する母と旦那。

「おっちょこちょいなお前じゃダメだ!」
(※誰も言ってません)

「やっぱり新米ママより、経験を積んだお義母さんの方が断然頼りになりますね〜!」
(※言ってもないし、恐らく思ってもないです)

そんな風に感じてしまい、勝手に悔しい思いをして、娘を奪い返してしまいました。

失敗、その後…

984782e67690b96aa859107b0c320832661601bf

出典 : Upload By くま母さん

助けてくれた母や旦那に対して、申し訳ない…
こんなちっぽけな人間で情けない…。
色んな気持ちが入り混じり自己嫌悪に陥りました。

そして、ひたすら凹む事、数時間…。

モヤモヤとした気持ちが抑えられなくなり、旦那に気持ちをぶつけてしまいました。

Ade66df42ff90a0c706bbfdec6090df1d88e0360

出典 : Upload By くま母さん

6588e7f9c812dd2d1ac35e869ae2ff78570c6eeb

出典 : Upload By くま母さん

旦那からしてみればなになに?という感じだったと思いますが…
吐き出さずにはいられませんでした。

ただひたすら、胸の内を旦那に吐き出しました。

が、

解決には至らず。

私、何言ってるんだろう…と、また自分を責めました(苦笑)

モヤモヤから解き放たれる。

そして数日経ったある日…。

育児の忙しさもあり、モヤモヤした気持ちも時間とともに薄れてきていたある日。

8ff005a2f28bf05e4886ec3299f36c9582a6036c

出典 : Upload By くま母さん

830e290edfcabcb46c7a98f4c6c52bb271655b3b

出典 : Upload By くま母さん

ふと

D1b656cf58b24a747fdced4d7d567048cace6f91

出典 : Upload By くま母さん

なみだが。

58deafb121696ef5d0e865c6abadb9d3d5105c1c

出典 : Upload By くま母さん

そして、思ったんです。

Ef66a784e68aab0b32ae0bbc118338a9ff9f7083

出典 : Upload By くま母さん

初めてなんだから失敗は当たり前。
初めてなんだから分からなくて当然。

そう思っていても、私は、自分の不甲斐なさに落ち込み、自信をなくしていました。

だけどそう思わなくても良いんだと気付いたんです。

娘は私のおっぱいや、ミルクを飲んで生きようとしてる。
オムツが気持ち悪いと泣いて伝える。
私の抱っこで眠りにつく。

娘には私という存在が必要なんだ。

そう考えると、自分が焦って「お母さん」になろうとしなくていいんだと思えました。

娘が話すことの出来ない赤ちゃんの時期は、たくさん考えて落ち込む事も多々ありましたが、日々、自分の事を必要としてくれる娘を見ては喜びを感じ、少しずつ「お母さん」になれた気がします。

今、そんな赤ちゃんだった娘も4歳。
それはそれでいろんな悩みもありますが、この記事を書くことで4年前を思い出すことができました。
子ども達に感謝の気持ちを持ちつつ、明日からもまた子育てに励みたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP