東京から日帰りで芋掘りができる!おすすめ農園10選

東京から日帰りで芋掘りができる!おすすめ農園10選

Bu facebook
Bu twitter

暑い夏が終われば食べ物がおいしい秋が到来!秋の食べ物と言えば栗やキノコがありますが、その中でもさつまいもは子どもも大好き!スイーツにもおかずにも、そのまま焼き芋をパクリと食べてもホクホクで美味しい!

そんなお芋を自分で採ればお子さんの食育にもぴったり!今回は東京から日帰りで行ける芋掘りスポットをご紹介。自分で収穫体験をすれば食べ物の大切さや、収穫の大変さを学習できます。そんな季節限定の貴重な体験を、ぜひ家族で味わいましょう!

芋掘りの服装や持ち物は?

芋掘りは泥だらけを覚悟しましょう!そのため服装は汚れてもOKなものを選びましょう。靴は長靴がベター。ショート丈の長靴は隙間からすぐに泥が入ってしまうので、長めがおすすめですよ。ズボンの裾は長靴の中に入れましょう。

また日焼け対策も必須です。帽子はもちろん、タオルや日焼け止めも忘れずに。秋でも暑い日は熱中症になることも。水分補給用の飲み物が欲しいですね。

他には軍手やスコップまたはシャベル。お芋を入れるバケツと持ち帰り用のビニール袋があると便利です。特にビニール袋は汚れた洋服を入れることも出来るので多めに持って行きましょう。

芋掘り中は熊手やシャベルで手を怪我することもあります。年齢にもよりますが、ママが近くにいると安心です。

1.コヤタ農園/東京

東京都八王子市にある農園です。さつま芋だけではなく、ウコンやタケノコなど様々な食物を収穫出来ます。都内にあるということでアクセスも便利。気軽に行けると人気です。小さな分とてもアットホーム。お子さんへも目が届きやすく安心です。

芋掘りは10月から数日限定で行われます。予約制なので早めに電話か電子メールで行いますが、かなり人気なので予約が取れないなんて声も。思い立ったが吉日、すぐに予約しましょう。入園料がないのもうれしいですね。

【住所】
東京都八王子市東中野1171
【営業時間】
開催日時による
【料金】
1株¥170(5株単位)
【電話番号】
042-676-8704
【アクセス】
多摩都市モノレール「大塚・帝京大学駅」より徒歩で約18分

2.小山農園/千葉

里山を身近に感じることが出来る千葉県の農園です。園内では各種イベントは始め、初夏にはホタルやバーベキューなどが楽しめます。収穫体験はお米やクリ拾いなど幅広くご用意。自然の中で減農薬の食物を収穫出来ます。

その中でも芋掘りは人気の収穫体験。毎年9月ごろから収穫が始まり、紅高系という中がしっとりとしたさつまいもを収穫します。焼き芋が美味しく食べられる品種です。シンプルイズベスト。お芋の美味しさをそのまま感じることが出来ますね。

【住所】
千葉県成田市十余三151-6
【営業時間】
10:00~16:00
【休園日】
期間中無休(要確認)
【料金】
大人¥300(芋掘りは要確認)
【電話番号】
0476-32-0428
【アクセス】
東関東道「成田IC」より車で10分

3.小松沢レジャー農園/埼玉県

red-maple-leaf-507545_1280
(画像はイメージです)

都心から電車を乗り継いで約2時間程のところにある農園です。この周辺には芋掘りが出来る農園がいくつかあり、その中でも小松沢ファミリー農園は、一年を通していちごしいたけなどを収穫することが出来ます。

芋掘りは例年10月上旬から11月にかけて行われます。この時期にはぶどう狩りや竹とんぼ作り教室など、他にもイベントがいっぱい!自然を大満喫出来る紅葉もおすすめ。芋掘りだけじゃもったいない、まさにレジャーな農園です。

【住所】
埼玉県秩父郡横瀬町大字横瀬1408
【体験受付時間】
9:30~14:00
【休園日】
不定休
【入園料】
3株¥600
【電話番号】
0494-24-0412
【アクセス】
関越道「花園IC」より国道140号・299号経由、車で約50分

4.ふれあい農園/東京

italy-1437282_1920
(画像はイメージです)

ふれあい農園とは世田谷区の農家の人に協力してもらい、農地を身近に感じてもらう為の取り組みです。お芋掘りはもちろん、りんごなどの果樹園やとうもろこしなどの野菜の収穫などを行います。先着順なので早めに申し込みましょう。

期間は10月上旬から12月上旬で、農園によって若干異なります。料金も異なりますが、1株¥200~のスポットが多いようです。農園によって特色などが変わりますのでおもしろいですよね。親子で参加しやすいアットホームな芋掘りです。

【住所】
世田谷区公式HPにて確認
【開催時期】
10月上旬から12月上旬
【料金】
1株¥200~(農園による)
【電話番号】
03-5432-3333(世田谷区都市農業課)(各農園は公式HPにて確認)
【アクセス】
農園による

5.サニー農園/東京

sweet-potato-534874_1920
(画像はイメージです)

東京都の小平市にある農園です。ここは辺り一面さつまいも畑!広大な敷地を誇り、「ここは東京!?」と驚いてしまうようなところです。栽培しているのは紅あずま。関東でよく栽培しており、繊維が少ないので小さなお子さんでも食べやすい品種です。

この品種は焼くときれいな黄色になるので、見た目もとても美味しそうです。実際甘味がしっかりとあり、ねっとり&ホクホクの素敵なバランス。農園はトイレや手洗い場が完備されているので、お子さんと一緒でも安心して芋掘りが出来ます。

【住所】
東京都小平市花小金井3-11-10
【営業時間】
9:00~17:00
【休園日】
雨天時(芋掘りは予約)
【料金】
1株¥200(5株から)
【電話番号】
0424-61-8282
【アクセス】
関越道「所沢IC」より車で約40分

6.マザー牧場/千葉

千葉県にある人気の牧場。広大な敷地の中では動物たちとのふれあいや、一面の花畑などを楽しめます。もちろんお子さんが楽しめるアトラクションや、美味しいグルメも。園内をぐるりと回るだけでいい運動になるスポットです。

そんなマザー牧場では味覚狩りも楽しめます。芋掘りの品種は大きな紅あずま例年9月中旬~11月上旬に行われ、4株で¥500(入園料別)なので比較的安価ですね。芋掘り以外も楽しめるおすすめスポットです。

【住所】
千葉県富津市田倉940-3
【時間】
土日祝9:00~、平日13:00~14:00
【休園日】
不定休
【入園料】
大人(中学生以上)¥1,500円、小人(4歳~小学6年生)¥800
※芋掘りは4株で¥500
【電話番号】
0439-37-3211
【アクセス】
館山自動車道「君津PAスマートIC(ETC専用)」より車で約10分

7.中山農園/東京

autumn-194834_1920
(画像はイメージです)

東京の三鷹といえば静かな住宅地が多いですが、そこから少し入ったところには見事なさつま芋は竹が広がる中山農園があります。都内でも人気の芋掘りスポットで、例年多くの人で賑わいます

ここの農園では他にも柿やタケノコなど様々な食べ物を育てています。さつまいもはきれいな赤い皮が特徴の紅あずま。収穫体験はこのさつまいもと長ネギも一緒に採ることが出来ます。サツマイモと季節の野菜を使った料理の試食も出来るとてもお得なセットです。

【住所】
東京都三鷹市北野4-1-27
【開催期間】
公式HPにて確認(例年10月下旬)
【料金】
¥4,800(1グループ3名まで ※芋掘り+長ネギの収穫)
【電話番号】
03-5937-5311
【アクセス】
京王線「仙川駅」より調布市コミュニティバス「柳川公園」下車、徒歩3分

8.印野観光いも掘り園/静岡

fuji-835706_1920
(画像はイメージです)

関東ではありませんが、静岡県にも芋掘りを楽しめる農園があります。それがここ印野観光いも掘り園です。都心から車で2時間程なので日帰りでOK。合わせて御殿場や富士山周辺の観光も楽しみたいですね。県内でも大きな農園です。

紅あずまは約21000本鳴門金時が約4000本栽培されています。栄養価が高く、味が濃いということで県外からも多くの観光客が訪れます。富士山の麓でお子さんと一緒に芋掘りなんて素敵な思い出になりますね。入園無料で体験出来ますよ。

【住所】
静岡県御殿場市印野1710
【営業時間】
9:00~16:00
【休園日】
期間中は無休
【料金】
ベニアズマ1袋¥400(3kg程度)
ナルト金時1袋¥600(3kg程度)
【電話番号】
0550-89-0249
【アクセス】
東名高速道路「御殿場IC」より車で約30分

9.藤野園芸ランド/神奈川

神奈川県相模原市の17以上の農園で運営している観光農園です。栗拾いなどの秋の味覚を中心に、やまいもしいたけ狩りも出来ます。入園料は無料で、収穫したものは各農園で支払いをするというシステム。シンプルで分かりやすいですね。

各農園には最初に問い合わせをしてから訪れます。収穫時期や訪れる際の料金の確認を行いましょう。多くの農園があるので、一カ所が収穫を終えていても他の農園ではまだ収穫体験が出来ることも。芋掘り以外の収穫もしてみたいですね。

【住所】
神奈川県相模原市緑区名倉地区
【営業時間】
9:00~16:00(藤野園芸ランド)
【休園日】
農園による
【料金】
農園による
【電話番号】
090-1888-1206(藤野園芸ランド事務局) ※お問い合わせは各農園へ
【アクセス】
JR中央本線「藤野駅」より徒歩20分

10.若松みどりの栗園/千葉

ここは千葉市にある農園で都心からもアクセスが良いと人気があります。園内は竹林を始め、自然豊かな景色が広がります。タケノコ狩りやクリ拾いも人気ですが、秋の味覚と言えばやっぱりさつまいも!

芋掘りはズルズルっと複雑に絡んだツルを押しのけ収穫します。立派なさつまいもが多いのできっと満足するはず。スタッフも丁寧に教えてくれます。他に落花生や栗拾いなど、他の農園でも珍しい収穫体験が出来ますよ。

【住所】
千葉県千葉市若葉区若松町2257
【営業時間】
9:00~16:00
【休園日】
期間中無休
【料金】
サツマイモ(5株)¥700
【電話番号】
043-231-1478
【アクセス】
JR総武本線「都賀駅」よりちばフラワーバス八街行き「かご屋前」下車、徒歩1分

秋は芋掘りで食育も!

秋には美味しい食物がいっぱい!栗に梨、しいたけやぶどうなど様々な食物が旬を迎えます。その中でもさつまいもは植物繊維がいっぱいでほんのり甘いお子さんに大人気の食べ物です。

収穫体験を通して、食育をすることが出来ます。収穫の大変さ食べ物の大切さ、またどのように成長するのかなど勉強にもなります。外で思いっきり体力を使うので、こうした体験はお子さんの成長を促進します。

ぜひ一度芋掘りを体験してみて下さい。収穫したさつまいもをお子さんと一緒に料理するのも楽しいですね。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP