帝王切開の傷跡、すぐに直視できた?痛みはいつまであるの?

帝王切開の傷跡、すぐに直視できた?痛みはいつまであるの?

Bu facebook
Bu twitter
帝王切開は、赤ちゃんか自分のどちらかがこの世に居ないかもしれない不安と背中合わせの命がけの出産。覚悟を持って帝王切開に臨んだ姿は、まさに女性の鑑です。そんな帝王切開を経験した多くのママさん達が、無事に出産を終えてから「これは受け入れがたい」と感じたものがあります。

…それは、お腹の傷跡。

ママスタでは、帝王切開で出産したばかりのママさんの「傷跡に慣れますか?」の問いかけに、多くの先輩ママさん達がコメントを寄せていました。
■傷跡と痛みのダブルショック。
術後に体が回復してきても、痛みはしばらく残ります。気になりながらも見るのが怖い…傷跡とのご対面は、勇気が要ります。
『ショックだよね。私は、ホチキス状態でシャワー。お腹のホラーっぷりに泣いたよ。』
『私は、腰に痛み止めの注射を、数日間さしたままだったよ。』
『1年前に帝王切開しましたが、まだ、マジマジとは見ていません。お風呂の水越しや鏡越しか。赤紫色の線ががっつり。二人目のときが怖いな。』
『私は産後一年になるところ。緊急帝王切開で縦切りだったから、傷口が広がって、太く跡になっていて目立つ。「無事に産まれてくれて本当に良かった!」って思うけど、今でもズボンのチャックがあたるとチクっと痛むし、見るたびショック。』
『わかるわぁ。一人目の時は傷口を見るのも怖くて、退院して自宅の風呂場で「せーの!」って言ってから見た。軽くショックだよね。』
■消える事はないけれど、大丈夫。
はじめは見るのも怖かった傷跡も、年月を経るうちに徐々に薄く変化していきます。そして、ママの心も変化していきます。
『出産おめでとう!私は緊急帝王切開、横切りで入院は10日間。その間、入浴禁止で、抜糸して退院。でも、傷口を見るのが怖くて、退院しても二日は風呂に入れなかったよ。でも、意を決して入ったら、少し血が付いていて、それ流したらピーッて15センチくらいの線がある程度で、全然目立たなかったよ。こればっかりは個人差があるかもしれないけど、産後12年、もうほとんど痕は無いよ。』
『大変でしたね。キズですが、だんだんと薄くなっていきますから大丈夫。消える事はないけれど、元気な赤ちゃんを産んだ勲章だからね!私は今も気になるし痛いけど、でも大丈夫だよ。』
『私は三度帝王切開で産んでいますが、直後は見るのも怖いし痛かったです。今は末っ子の出産から4年が経つし、傷も目立たなくなってるし痛くないです。子ども達を産んだ印だと思っています。』
『もう三回切ったから見慣れました。縦切りで傷は一つ。ビキニとか着ることないから、特に支障はないよ。子ども達は「ここから出て来たの〜?」って、お風呂で触ってくるよ。』
『私も術後見るのが怖かった。初めてシャワーを浴びたとき、傷と剃毛跡と産後の不思議な形のお腹を見て、自分じゃないみたいに思った。それから2ヶ月くらいは傷口が痛々しい感じだったけど、徐々に薄くなってきて、2年くらいで肌色の傷になって目立たなくなってきた。きっと赤ちゃんが2歳くらいになったら、お腹の傷をナデナデしてくれる日が来るよ!』
先輩ママさん達からの、温かい励ましの言葉をご紹介しました。傷跡が目立たなくなり痛みが引くのには、それなりに年月がかかります(個人差はあります)。でも傷跡が見えるからこそ、赤ちゃんの命も自分の命も守り抜いた出産の話を、子どもに伝えてあげて欲しいと思います。
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP