繰り上げ返済を前提に住宅ローンは35年で!でも、保証料を考えると……

繰り上げ返済を前提に住宅ローンは35年で!でも、保証料を考えると……

Bu facebook
Bu twitter

いよいよ夢のマイホームを購入!しっかり貯金してきたから、ある程度頭金は準備できそう。残りは住宅ローンを組むことになるけど、諸費用が馬鹿にならないな。特に保証料が高いんだけど…。
今回は、住宅ローンの保証料について解説します。

■住宅ローン諸費用の大きな出費「保証料」とは?

住宅ローンを組む際にかかる諸費用。その中でも馬鹿にならない費用が「保証料」です。そもそも住宅ローンに関する「保証料」とはどのような費用なのでしょうか?

住宅ローンを貸し出す際に、金融機関にとって一番心配なのはお金がきちんと返済されるのか?ということです。ですが、皆さんが何らかの理由で住宅ローンが払えなくなってしまった際に、第三者に住宅ローンの返済を肩代わりをしてもらえれば、金融機関はとても安心ですよね。

この第三者の役を担ってくれるのが保証会社であり、保証会社を利用するための費用を保証料といいます。つまり、皆さんが住宅ローンを払えなくなった場合、保証会社が皆さんの代わりに金融機関に返済をしてくれるという訳ですね。

そして住宅ローンを組む際に、保証料を借り手の皆さんが負担することになります。借入額の○○%という形になっているので、住宅ローンの金額によって皆さんの負担する金額も異なります。

■住宅ローンの返済先が保証会社に移るとどうなる?

先ほど、皆さんが住宅ローンを払えなくなった場合は保証会社が皆さんの代わりに返済をしてくれると説明しましたが、その際に皆さんの返済義務は無くなるのでしょうか?

残念ながら、答えはNoです。
返済先が金融機関から保証会社に移っただけで、引き続き皆さんの返済義務は残ります。

では、返済先が保証会社に移った後に、皆さんが返済できないとどうなるのでしょうか?最悪の場合、皆さんのマイホームは競売にかけられてしまうことになります。一般的に競売物件は、買い叩かれてしまうことが多いので、売却額よりも住宅ローンの残債の方が高い…なんてことも珍しくないようです。

上記のことから、保証料とは金融機関のための仕組みであって、借り手にとっては何の保証にもならないということがお分かりになるでしょう。
個人的には、「なぜ金融機関の“保証料”を借り手が負担するの?」と疑問に思っています。

■保証人がいれば保証料は不要になるの?

ところで、家族が保証人になってくれた場合、保証料は不要になるのでしょうか?

こちらも基本的にはNoです。
保証人の有無にかかわらず、「所定の保証会社の保証を得られること」が住宅ローンの借り入れ要件になっているためです。何千万円という金額なので、金融機関としては万が一に備えて保証会社を利用したいということですね。

■保証料を少しでも安くするには?

では、住宅ローンを組む際に必ず発生する「保証料」を少しでも安くするにはどうすれば良いでしょうか?

[保証料の支払い方法]

まずは、支払い方法に注目してみましょう。保証料の支払い方法は、住宅ローンの借入時に一括で支払うタイプと毎月のローン返済に上乗せされる分割タイプとが存在します。基本的には、最初に一括で支払うタイプのほうがお得です。

[ローンの借入期間]

次に、ローンを組む際の期間に注目してみましょう。基本的には、借入期間が長くなるほど保証料は高くなります。そのため、少しでも安くしたい場合には、借入期間を短くすることも検討しましょう。借入期間を短くすると保証料だけでなく、支払い利息も削減できるので一石二鳥です。

なお、住宅ローンの返済期間ですが、1年単位で設定できることはご存じでしょうか?なかには、5年単位と認識されている方もいらっしゃいますので、参考までに知っておくと良いかもしれませんね!

[ローンの返済方法]

最後に繰り上げ返済です。借入時に一括で支払った保証料は、繰り上げ返済をすると戻ってくることが一般的です。当然繰り上げ返済をすると、その分支払い利息も減らすことが可能です。保証料も利息も削減できるので、こちらも一石二鳥ですね。

また、金融機関によっては保証料がかからないことも有ります。

ここまで読んで頂いてご理解頂けたかと思いますが、基本的に保証料は借り手には何のメリットもありません。借入金額にもよりますが、保証料の有無によってかかる費用が数十万円単位で変わってきますので、少しでも安く済むならそのほうが有難いですよね。
とはいえ、保証料が無い分、事務手数料などその他の費用が高いなんてことも珍しくありません。住宅ローンを組む際は、金利の高低で金融機関を選びがちですが、保証料などの諸費用も含めた合計額で検討するようにしましょうね。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP