父親と母親の役割を超えた社会の在り方を提案していきたい 話題の子育て本を世に出した「ひとり出版社」…

父親と母親の役割を超えた社会の在り方を提案していきたい 話題の子育て本を世に出した「ひとり出版社」…

Bu facebook
Bu twitter
父親と母親の役割を超えた社会の在り方を提案していきたい 話題の子育て本を世に出した「ひとり出版社」の代表は二児のパパ
第1子が生まれるのに会社を辞めてひとりで出版社を創業 「今しかない、と考えた」その理由は? 三輪舎から出版されている3冊の本 ラシク編集長 宮﨑(以下、宮﨑)私は『赤ちゃんにきびしい国で、赤ちゃんが増えるはずがない。』と ... 続きを読む
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP